生徒、保護者のためのグローバル教育情報 by EDUBAL

グローバル教育情報では、海外子女向けの最新情報・お役立ち情報を発信しています。

2016.07.25

IB(国際バカロレア)MOCK Examって何?詳しい説明が知りたい!

IB(国際バカロレア)MOCK Examって何?

MOCK Examとは、IBの「模擬試験」のことです。実際の最終試験を受ける時と同じような環境下で、IBの模擬試験を受けます。試験を受ける場所は通っている学校ですが、時間配分や試験官の配置など、限りなく本番の試験に近い状況で試験を受けることができるので、本番に向けた良い練習になります。このMOCK Examの結果が成績に反映されることはもちろん、最終試験でどのくらいの点数が取れるかというPredicted Grades(予測点数)にも影響を与えることになるので、模擬試験だからと気を緩めずに、本番さながらの気持ちで臨むようにしましょう。

b2a07ce9e24a798a7886e5d0e73ded79_s

いつMOCK Examが行われるの?

IBでは、MOCK Examを最終学年でFinal Assessment(最終試験)を行う約2〜3ヶ月前に行います。5月にFinal Assessment(最終試験)を受ける場合は2月11月にFinal Assessment(最終試験)を受ける場合は9月に行うというのが一般的です。(※玉川学園など、一部のIB認定校は夏季休暇の前の7月にMOCKを実施するようになってきています。IB認定校について知りたい方はこちらをご覧ください!)

いつからMOCK Examの対策をすれば良いの?

MOCK Examの対策を始める時期は、人それぞれ異なります。また科目の難易度や得手不得手などによっても変わってくるため、一概にこの時期から始めるべき、と言うことはできません。しかし、唯一IB生全員に共通して言えることは、「その科目の範囲を学習し終わった時点」がPast Paperを解き、MOCK Examの対策をし始める最も適したタイミングだということです。この理由は、授業で習っていない範囲がある場合にPast Paperを解いても、習っているのかいないのかの判断ができないため、効率的な対策ができないからです。そのため、MOCK Examの対策を始めるのは、学習範囲を全て授業で学び終わってからが良いと言えるでしょう。

一方で、MOCK Examで高得点を取るために対策は早めにしておきたい、苦手科目は少しずつ克服していきたい、といった方も多いのではないでしょうか。もちろん、早めに対策をしておくことは、学習量が多いIBにおいて非常に重要なことです。EDUBALでは、みなさんと同じIB経験者の教師学習範囲や難易度を考慮して、一人一人に合ったMOCK Exam対策を行うことができます。相談だけでもしてみたい、という方はお気軽にご相談ください!

IB(国際バカロレア)MOCK Exam対策をご希望の方へ

EDUBALでは、東京大学をはじめとした国内屈指の難関大学に通う50名以上のIB取得経験のある教師が、自身の経験を生かしてオンライン上で生徒様の指導にあたっています。授業はオンラインで行うので、世界中どこにいても指導を受けることができます。また、様々な国や地域でIBを取得した経験があるからこそ、生徒様のお悩みに寄り添った指導やご相談に応じることが可能です。IBを勉強している人特有の課題でもあるTOK(Theory of Knowledge)やEE(Extended Essay)などのご相談も可能です。IBの勉強の仕方や進め方に関して分からないこと、特定の科目で満点を取得した教師に聞きたいことなどございましたら、お気軽にご相談ください!(IB対策をご希望の方は、こちらのコース詳細をご覧ください。)

この記事のカテゴリー・タグ

>> グローバル教育情報トップに戻る