生徒、保護者のためのグローバル教育情報 by EDUBAL

グローバル教育情報では、海外子女向けの最新情報・お役立ち情報を発信しています。

人気の記事

週間ランキング

オススメ記事

  1. IB(国際バカロレア)で高得点を取りやすい科目は?

    2016.09.10

    IB(国際バカロレア)で高得点を取りやすい科目は?

  2. 【2017年度帰国受験対策】東京大学の受験まで残り3ヶ月!どんな対策をすれば良い?受験当日の様子も紹介!

    2016.11.28

    【2017年度帰国受験対策】東京大学の受験まで残り3ヶ月!どんな対策をすれば良い?受験当日の様子も紹介!

  3. IB(国際バカロレア) Oral Examとは?試験内容・高得点取得に向けた対策法紹介!

    2016.11.28

    IB(国際バカロレア) Oral Examとは?試験内容・高得点取得に向けた対策法紹介!

  4. IBを勉強する上で、インターか一条校、どっちに通うべき?

    2016.08.05

    IBを勉強する上で、インターか一条校、どっちに通うべき?

  5. SATを受験する前に知っておきたいこと3選!

    2016.07.15

    SATを受験する前に知っておきたいこと3選!

  6. 日本の大学に進学する上で、日本人学校とインター、どっちが有利なの?

    2016.08.21

    日本の大学に進学する上で、日本人学校とインター、どっちが有利なの?

  7. IB(国際バカロレア)生にSATは必要?

    2016.10.03

    IB(国際バカロレア)生にSATは必要?

  8. 帰国後の英語力維持、何してる?―帰国子女の大学生に聞いてみた。

    2016.08.17

    帰国後の英語力維持、何してる?―帰国子女の大学生に聞いてみた。

  9. IB(国際バカロレア)体験談:漆間さん

    2016.08.31

    IB(国際バカロレア)体験談:漆間さん

  10. 【2017年度帰国受験対策】京都大学の受験まで残り3ヶ月!どんな対策をすれば良い?受験当日の様子も紹介!

    2016.11.28

    【2017年度帰国受験対策】京都大学の受験まで残り3ヶ月!どんな対策をすれば良い?受験当日の様子も紹介!

2016.07.25

IBってなにを勉強するの?分かりやすくまとめました!

高校最後の2年のコースとして提供されるIBDP(国際バカロレアディプロマ)。世界中のインターで導入されており、近いうちには多くの日本の高校でも受けられるようになるそうです!各国の大学からの評価も高く、やりがいがある、と人気を集めているIBですが、実際よく分からない・・・と不安に思っている方も多いのではないでしょうか。 今回はIBDPを検討中のお子さんをお持ちの方に、IBDPの具体的な学習内容を簡単に紹介します!
book-845280_1280

<IBで勉強できる科目は?>

IBDPコースでは、基本的に6科目を2年間で履修します。科目のオプションは非常に多様で、ほぼ全生徒共通の言語A(学校の公用語;主に英語)と数学のほかに、
○第二言語(外国語):スペイン語、フランス語、中国語、ドイツ語など

○社会科学:経済、政治、歴史、心理学、哲学、環境システムと社会、世界の宗教など

○自然科学:生物、物理、化学、コンピューター科学、スポーツ・運動・健康科学など

○芸術:音楽、美術、演劇、ダンス、フィルムなど

を選ぶことができます。日本の一般的な高校では絶対に学べないような科目が豊富にあり、生徒の関心に合い、個性を伸ばせるような科目を選択することができるようになっています。ただし、学校によって提供できる科目が異なりますので、詳細は学校にお問い合わせください。  

<EE、TOK、CASってなに?>

また、6科目のほかにIBDPでは「コア」と呼ばれる3つの必修項目を履修する必要があります。

◇1つめは、Extended Essay。生徒が自分の履修科目に関連した研究分野を自由に選び、個人研究を英語4000words程度の論文にまとめます。この課題では生徒が自身の関心について好きな観点から論じることができる他、高校生のうちに論文を書く方法や研究を行う方法などを学ぶことができます。

◇2つめは、Theory of Knowledge、通称TOK。日本語に訳すと「知識の理論」となりますが、文字通り「知識の本質」について学びます。「知る」ということはどういうことなのか、私たちは何を知っているのか、などを考えることで生徒の批判的思考を培うことを目的とする科目です。最終的に、プレゼンとエッセイを提出し、ABC段階で評価されます。

◇3つめは、CAS。創造的思考を伴う芸術活動を指すCreativity、身体的運動を指すActivity、そしてボランティア活動など自発的な交流活動を指すServiceを略してCASと呼んでいます。具体的には体験学習などの課外活動を一定の時間以上行うことを目的とします。

以上がIBDPで行う主な学習内容です。IBに関する質問、お悩みなどございましたらお気軽にお問い合わせください。 IB経験者のEDUBALスタッフ一同がお答えします!

この記事のカテゴリー・タグ

>> グローバル教育情報トップに戻る