生徒、保護者のためのグローバル教育情報 by EDUBAL

グローバル教育情報では、海外子女向けの最新情報・お役立ち情報を発信しています。

2016.08.05

IBを勉強する上で、インターか一条校、どっちに通うべき?

日本でもIB(国際バカロレア)認定を受けた学校が増えつつあり、IB教育が徐々に普及しています。世界各国で認められた教育プログラムを受けられるということで、日本国内でもIBを受けたいと思われる方もたくさんいるでしょう。国内のIB認定校の中には、「インターナショナルスクール」と「一条校」の二つがありますが、どちらの方に通うべきなのか、迷う方もいるのではないでしょうか。今回はこの二種類の学校の特徴を紹介します!
150415121892

『インターナショナルスクール』と『一条校』って何?

①インターナショナルスクールとは
インターナショナルスクールは外国のカリキュラムに基づいた学校です。学校生活における言語も、その国のものを使用します。外国籍を所有した生徒や帰国子女が多く在籍し、日本で生まれ育った生徒は比較的少ないと言えるでしょう。日本のインターナショナルスクールは、英語圏のカリキュラムを導入した学校が大半を占めます。高校卒業時には、それぞれの学校が導入しているカリキュラムにより、その国の高校卒業資格を得ることができます。
このように国際的な学習環境ではありますが、すべてのインターナショナルスクールでIB教育を受けられるわけではありません。IB認定を受けた学校に入学することで、IBを取得することができます。

②一条校の特徴とは
一方、一条校は日本の一般的な学校を指します。使用言語は日本語で、日本の一般生徒が通っています。文部科学省によるカリキュラムに沿って学習し、高校卒業時には日本の高校卒業資格を得ることができます。IB認定を受けた一条校では、日本の学校に在籍しながらIBの取得が可能です。

インターナショナルスクールでIBを取得するメリット・デメリットとは?

インターのメリット①:海外大学進学に強い!
インターナショナルスクールが一条校と異なる最大の特徴は、カリキュラムです。外国の教育プログラムを基盤に学び、使用言語も100%英語のため、日常生活を通して自然に英語が身に付き、IBの学習も比較的楽に取り組むことができます。
さらにIBを学びながら、外国の卒業資格(アメリカのAPやイギリスのGCSEなど)を得られる学校もあります。これらの点から、インターナショナルスクールは将来海外に進学したい生徒様により適しているでしょう。もちろん、帰国子女入試やAO入試などにより、国内の大学に進学することも可能です。

インターのメリット②:国際的な学習環境
環境としての違いは、一条校に比べ生徒・教員ともに多国籍で、国際性がより豊かな点です。IBをはじめとする海外の教育が受けられることに加え、様々な海外経験を持つ生徒や教員がいるので、日本にいながら国際的な考え方を身につけることができます。グローバル化が進む現代社会では、大学や企業も国際色が豊かになり、外国語能力や多面的な視野が求められています。そのため、海外滞在経験がなくても、インターナショナルスクールにおける経験は、AO入試の際の自己アピールにも役立つでしょう。

 

インターのデメリット①:義務教育の放棄?日本の高校卒業資格を得られない!?
インターナショナルスクールは外国の教育プログラムを導入した学校であるため、日本の高校卒業資格を得られない学校も多くなっています。学校により得られる卒業資格は異なるので、受験の際は十分に注意しましょう。
特に、小・中学校に関しては注意が必要です。文部科学省はインターナショナルスクールについて、「学校教育法第1条に定める学校への就学とは異なり、就学義務を履行していることにはならない」としています。つまり、小・中学校の卒業資格がないと、一条校に転校できない場合があるのです。インターナショナルスクールは在日外国人の方のための学校であるため、日本で生まれ育った児童・生徒は一般的にはあまり入学しません。義務教育課程をインターナショナルスクールで過ごす場合は、これらのことを留意してください。将来的に日本の中学・高校・大学に進学予定のある生徒様は、進学の際に入学資格をご確認の上で進路計画を立てましょう。

インターのデメリット②:英語能力の制限
入学条件(国籍、海外在住歴、語学力など)を細かく定めたインターナショナルスクールもあるため、学校によっては入学できない場合もあるかもしれません。しかし、英語レベルに関する制限(「英語による教育を○年以上受けている」等)をクリアすれば入学可能な学校もあります。「語学に自信がないけど、将来はインターナショナルスクールに入学したい」という方は、語学としての英語よりも、あらかじめ英会話の勉強をお勧めします。EDUBALではインターナショナルスクールに在籍していた経験のある教師が指導にあたる「英会話コース」のご用意もあり、体験談を聞きながら、英会話のサポートを受けることが可能です。

インターのデメリット③:母国語は維持できる?
日常的に英語を使えるのはインターナショナルスクールの魅力です。ただ日本語や、日本人としての一般知識が欠如することを懸念される方も少なくないでしょう。生徒・教員ともに外国籍所有者の割合が高く、学校生活でも英語しか使わないため、母国語は学外で継続的に使う必要があります。家族との日常会話はもちろん、塾や家庭教師などをつけて学習したり、大学受験に向けて一条校で学ぶ内容を勉強する生徒もいます。このように、母国語の維持にはご家庭様のサポートが必要となります。
EDUBALには、インターナショナルスクールでの日常学習をはじめ、日本の学校に基づいた学習も提供できる「通常コース」や、大学の一般受験対策を行う「一般受験コース」のご用意もあります。日本語力を維持したい生徒様や、将来は国内大学を一般受験されたい生徒様のサポートを行うことができます。

一条校でIBを取得するメリット・デメリットとは?

一条校のメリット①:日本の高校卒業資格が取得可能
一条校がインターナショナルスクールと異なる点は、一条校では日本の教育も受けられるという点です。一条校は国の認可を受けた学校であるため、学費もインターナショナルスクールより安めです。(「普通科+IB費」という扱いになります。)
英語によりIBを学ぶ場合でも、日本語による授業(国語・体育・音楽・技術家庭科など)も受けることができます。そのため、一条校は国内進学を希望する場合や、日本の教育も経験したいという方に向いています。IB DPを惜しくも取得できなかった場合も、日本の高校卒業資格を用いて、一般試験・AO入試などに臨むことが可能です。

一条校のメリット②:少人数制!
一条校のIB生徒は学校全体のわずか一部であるため、IB生一人あたりの教員の数も多く、密なコミュニケーションがとれます。学校にもよりますが、IB生のクラスは一学年に1, 2つと少なく、クラスの人数も20人前後の少人数制が多いです。

一条校のメリット③:英語と日本語の両立
インターナショナルスクールと特に異なる点は、前にも挙げたように日本語を用いての学習環境があることです。普通科に比べれば英語の使用量が上回りますが、クラスメートや普通科の生徒・教員との交流により、母国語としての自然な日本語も保つことができます。英語による学習を中心に、母国語も日常的に使えることは一条校の大きなメリットです。

一条校のメリット④:自分の英語力に合わせ学習できる!
英語に関しては、インターナショナルスクールに比べ生徒間に得意不得意のばらつきがあります。
インターナショナルスクールでは国籍の多様性が見られるのに対し、一条校では学習背景に多様性が見られます。国籍は日本人がほとんどを占めますが、これまで日本語でしか勉強してこなかった生徒も、海外滞在歴が長い生徒も在籍します。英語の使用経験がほとんどない場合も、自分と近いレベルのクラスメートがいることにより、安心してIBを勉強することができます。PYP/MYPでは、英語力によって一部の授業がクラス分けされることもあるので、自分の実力に合わせて英語を学ぶことが可能です。

 

一条校のデメリット①:授業数が多い
インターナショナルスクールに比べ、一条校では学習スケジュールが詰まりがちです。これには一条校ならではの背景が関わっています。
現時点では、英語によるIBを導入している一条校がほとんどです。IB生は「国際学級」や「IBコース」といった形で、一条校に在籍します。学校全体がIBのカリキュラムに沿っているわけではないので、IB本部が指定した授業数が十分に確保できないケースも稀ではありません。それを「0時間目」の設置や放課後に授業を入れる形で、カバーする学校もあります。普通科よりも1日あたり1-3時間ほど長く授業を受けるということは、委員会や部活動に参加できなかったり、勉強量が増えたりと大変な面もあります。また、普通科と合同で行う運動会・卒業式などの行事には、授業時間もそれらの練習に費やされます。大きな行事の前後は、IB生はさらに忙しいスケジュールをこなす場合もあるのです。
普通科と同じ授業や行事に参加できるのはメリットでもありますが、同時にデメリットとも捉えられるでしょう。

一条校のデメリット②:DPの最終スコアに悪影響!?
また、DPの開講科目が少ない学校もあります。IBを導入したばかりの一条校では、一定の教員数が確保できていないことが多く、やむを得ず希望していたものとは異なる科目を履修しなくてはならないケースもあります。これは、DPの最終スコアに影響を及ぼす可能性があります。時間が立つにつれ学習スケジュールや教員数が安定し、DP科目も増える学校もありますが、現時点ではまだ「不安定な」一条校も多いと思われます。

 

日本でIBを取得するにあたって、インターナショナルスクールと一条校の違い、各学校におけるメリット・デメリットをご紹介しましたが、いかがでしたか?
それぞれの学校にメリット・デメリットはあり、どちらを選択するか悩まれるかと思います。選ぶ基準としては、大学の進学先をどのように希望されるかが重要な要素のうちの一つとなります。それぞれのIB認定校でどのような高校卒業資格を取得できるか、自分に合う学習環境はどちらかなど、インターナショナルスクールと一条校のそれぞれの特徴を理解することが大切ですよ。

この記事のカテゴリー・タグ

>> グローバル教育情報トップに戻る