生徒、保護者のためのグローバル教育情報 by EDUBAL

グローバル教育情報では、海外子女向けの最新情報・お役立ち情報を発信しています。

2016.08.06

保護者様のお悩み解決:子供の日本語力維持のためにできること3選!

海外在住の保護者様の中には、幼い頃に海外の学校に編入させたことで、子供の日本語があまり身につかなかった・日本語力が落ちてしまったなどの経験を持つ方もいるのではないでしょうか。今回はそのような保護者様のために、日本語力の向上・維持のためにできることを紹介します!
classroom-488375_1280

日本の文化を好きになる

日本の文化・モノを好きになると、自然と日本語力も身についてきます。例えば、日本の漫画・本・テレビ・音楽などを趣味にすると、それらを楽しむことで積極的に日本語に触れるようになるでしょう。好きこそ物の上手なれ、です。

家族とは日本語オンリーで話す!

日本語の会話力を向上させる上で、身近な人の協力は欠かせません。学校がインター・現地校であれば、日本語を話す機会はほぼ家の中に留まるでしょう。保護者様も積極的に日本語で話しかけ、お子様には英語を混ぜずに、日本語だけで話すよう促しましょう。また、ニュースの話題や、勉強の話題などを日本語で話すことも効果的です。お子様の語彙力が高まるように、保護者様も時折難しい単語を入れながらお子様に話しかけるといいでしょう。また、同じくインター・現地校に通う兄弟がいる場合、英語のほうが得意なお子様は家でも兄弟と英語で話しがちですが、家の中では英語・外国語禁止など、制限をかけることも手段の一つと言えるでしょう。

日本語で文章を書く癖をつける

日本にいる家族への手紙や、日記、ブログ、年賀状など、自分の気持ちを文章で表すことを習慣にするといいでしょう。手書きの場合、漢字を書く勉強になり、より有効ですが、パソコン上で文章を書くだけでも文章構成の練習になります。友人とのメール交換などを行うと、お子様自身も楽しんで書いてくれるようになるでしょう。一方で、家族宛の手紙の場合、敬語で文章を書く練習をすることができます。保護者様もお子様の文章を確認し、必要なところは添削してあげると順調に文章力を上げることができるでしょう。

 

いかがでしたか?お子様に将来帰国する予定がある場合は、日本語力の維持・向上は必要不可欠です。もちろん、塾に行かせたり、家庭教師をつけたりして日本語を学ばせることも効果的です。今回の記事で紹介した方法をぜひお試しになって、お子様に合った方法を探してみてください。

この記事のカテゴリー・タグ

>> グローバル教育情報トップに戻る