生徒、保護者のためのグローバル教育情報 by EDUBAL

グローバル教育情報では、海外子女向けの最新情報・お役立ち情報を発信しています。

2016.08.10

TOEFL ibt Speakingセクションでスコアを伸ばす3つのコツ

アカデミックなテーマや、大学内で起こりうるシチュエーションを想定した題材で出題されるTOEFL ibt。今回は、Speakingセクションでスコアを伸ばすコツをまとめます!

Photo_16-08-17-16-21-12.822

①声に出して実践的な練習をする!

TOEFL ibtのSpeakingセクションは、15~30秒の準備時間の後に、45~60秒話すというスタイルです。自分なりに効率良く準備時間を使えるよう、実際に時間を図って練習しましょう。

②ハキハキ話す!

TOEFL ibtのSpeakingセクションは、録音されて採点されます。録音されても採点者にはっきりと聞き取ってもらうために、十分な声量で、はっきりハキハキ話すようにしましょう。

③問題形式に慣れる!

出題数は6問で、それぞれ異なる形式になっています。ある程度のReading力とListening力が前提とされた問題もあります。それぞれの形式に慣れるために、過去問を利用するなどして対策しましょう。


いかがでしたか?この3点を実践してSpeakingセクションに強くなり、TOEFL ibtのスコアアップに繋げましょう!

この記事のカテゴリー・タグ

>> グローバル教育情報トップに戻る