生徒、保護者のためのグローバル教育情報 by EDUBAL

グローバル教育情報では、海外子女向けの最新情報・お役立ち情報を発信しています。

人気の記事

週間ランキング

オススメ記事

  1. IB(国際バカロレア)で高得点を取りやすい科目は?

    2016.09.10

    IB(国際バカロレア)で高得点を取りやすい科目は?

  2. 【2017年度帰国受験対策】東京大学の受験まで残り3ヶ月!どんな対策をすれば良い?受験当日の様子も紹介!

    2016.11.28

    【2017年度帰国受験対策】東京大学の受験まで残り3ヶ月!どんな対策をすれば良い?受験当日の様子も紹介!

  3. IB(国際バカロレア) Oral Examとは?試験内容・高得点取得に向けた対策法紹介!

    2016.11.28

    IB(国際バカロレア) Oral Examとは?試験内容・高得点取得に向けた対策法紹介!

  4. IBを勉強する上で、インターか一条校、どっちに通うべき?

    2016.08.05

    IBを勉強する上で、インターか一条校、どっちに通うべき?

  5. SATを受験する前に知っておきたいこと3選!

    2016.07.15

    SATを受験する前に知っておきたいこと3選!

  6. 日本の大学に進学する上で、日本人学校とインター、どっちが有利なの?

    2016.08.21

    日本の大学に進学する上で、日本人学校とインター、どっちが有利なの?

  7. IB(国際バカロレア)生にSATは必要?

    2016.10.03

    IB(国際バカロレア)生にSATは必要?

  8. 帰国後の英語力維持、何してる?―帰国子女の大学生に聞いてみた。

    2016.08.17

    帰国後の英語力維持、何してる?―帰国子女の大学生に聞いてみた。

  9. IB(国際バカロレア)体験談:漆間さん

    2016.08.31

    IB(国際バカロレア)体験談:漆間さん

  10. 【2017年度帰国受験対策】京都大学の受験まで残り3ヶ月!どんな対策をすれば良い?受験当日の様子も紹介!

    2016.11.28

    【2017年度帰国受験対策】京都大学の受験まで残り3ヶ月!どんな対策をすれば良い?受験当日の様子も紹介!

2016.08.21

IB(国際バカロレア)体験談:丁さん

【日本でIBを取得し、早稲田大学に合格しました!】

ライオン

所属大学: 早稲田大学
IB取得校: K. International School(東京)
IB取得科目: 【HL】Japanese A/Economics/Psychology
【SL】English A/Physics/Math

KインターナショナルスクールでIBを勉強しました。

私は小学校の頃から東京にあるKインターナショナルスクールに通っていました。Kインターナショナルスクールでは、最後の2年は生徒は皆IBを勉強するという仕組みでした。そのため、私は他の生徒と同様に、IBを受講することを決めました。

IBの勉強で苦労したことは、スケジュール管理です。

IBの勉強で最も苦労した時期は、12年生の2月頃です。提出する課題(EEやTOKのエッセイなど)の期限が重なっており、スケジュール管理が非常に難しかったです。この経験を通して、IBの勉強においては事前に課題の量や締め切りなどを把握し、余裕を持って計画を立てておくことが必要だと思いました。

先生のサポートが受けられない場合は、塾や家庭教師で対策しましょう。

私は普段、学校の授業を3時に終え、4時頃に帰宅し、そこから夜の11時くらいまでIBの勉強をしていました。毎日7時間くらい勉強していたと思います。毎日少しずつ課題を消化していかないと間に合わないくらい量が多かったです。テスト前は課題の量は減りましたが、その分の時間をテスト勉強に費やしていました。私の学年には生徒が30人くらいしかいなかったので、一人一人に対する先生のサポートは手厚かったと思います。しかし、そうでない学校も多くあると思うので、先生のサポートが充分に受けられない場合は、IBを教えてくれる塾や家庭教師の先生に対策してもらうと良いでしょう。

苦手科目のPhysicsは、過去問を繰り返し解くことで克服しました。

IBの授業で最も難しかった科目は、Physicsです。私はSL(Standard Level)でPhysicsを取得していましたが、内容が専門的だったので、試験問題はもちろん、授業内容も最初の頃はあまり理解できませんでした。しかし、過去問を繰り返し解いて傾向を掴み、テストで間違えた箇所を徹底的に対策していたら、少しずつ授業内容が理解でき、テストでも点数が取れるようになりました。

IBで高得点を取るために必要なことは、過去問で対策することです。

IBで高得点を取るために必要なことは、過去問を繰り返し解いて対策することです。私の学校の場合、JapaneseやEnglishなどの言語系の科目は過去問がなかったので、先生に試験で出題されそうな問題などを考えてもらい、それを参考にしながら対策していました。苦手科目だったPhysicsは、手元にある過去問は全て解き、問題の傾向を掴み、解答の書き方を学びました。過去問を繰り返しとくと、その科目に対する理解が深まり、同時にテストにおけるコツも掴むことができるので重要です。

IBを勉強してよかったことは、大学受験で役立ったことです。

IBを勉強してよかったことは、日本で大学受験をする際にセンター試験を受けずに済んだことです。IBを取得していたので一般入試ではなくAO入試で大学受験をすることができ、比較的楽に志望校に合格することができました。また、IBの勉強を通して、時間の管理が得意になりました。大学の授業で課される課題を余裕を持って終わらせることができるようになりましたし、何事も後回しにしない癖がついたことは、良かったと思います。

TOKとEE(Extended essay)は自分に関連するテーマを選びましょう。

TOKのエッセイは、4〜5種類くらい書き、その中から最も先生の評価が高かったものを提出しました。トピックはいくつかありましたが、どれも内容が難しく、選ぶ基準も分からなかったのでかなり悩みました。しかし、いくつか書いた上で最も良いエッセイを送るという仕組みは、大変でしたが良かったと思います。プレゼンは、私の学校ではグループでの発表が禁止だったので、2人でペアになって発表しました。1人で発表をすることも可能だったのですが、1人だと自分だけの視点から考えることになってしまい、高評価がもらえるか心配だったので、2人で行いました。2人で意見を交換しながら、日々の生活の中で気になっていることを挙げ、それらを授業で学んだことに結びつける形で発表の内容を考えました。

EEは、Economicsで書きました。もともと興味がある科目だったということと、自分の経験に結びつけられるテーマであったこと、資料も豊富にあったことなどが理由として挙げられます。EEはIBを勉強する2年間を通して書き上げるものなので、自分が熱中できるテーマでないと、集中力もモチベーションも維持できないと思います。また、選択した科目によっては先生のサポートや添削があまり受けられない場合もあるので、その場合は塾や家庭教師の先生に添削してもらうことも重要だと思います。

TOKとEE(Extended essay)は、過去のエッセイを参考にしましょう。

TOKは、教科書を読み込むことが重要だと思います。そして、事前にエッセイで書きたい内容、プレゼンで発表したい内容を考えておくと良いでしょう。また、その際には固定観念を捨て、新しい視点から物事を見てみるということも必要です。TOKもEEも、過去に先輩たちが書いたエッセイを読み、そのレイアウトや流れなどを参考にしながら書き進めていくと良いでしょう。

IBを利用して、早稲田大学の政治経済学部を受験しました。

私は、11月にAO入試で早稲田大学の政治経済学部を受験しました。その際、IBのプレディクトの点数を高めに見積もってもらい、書類として出願時に提出しました。最終的な点数はイギリスの大学しか見ていないようなので、私のようにAO入試などで日本の大学にプレディクトの点数を提出する場合は、11年生の最後のテストで良い点数を取っておくと、高めの点数を書いてもらえるので良いと思います。私は塾には通わず、学校でのみ面接の対策をしていましたが、学校でそのような対策をしてもらえない方は、塾や家庭教師で対策をすると良いでしょう。

丁先生に指導をご希望される方はこちらからお問い合わせください。

この記事のカテゴリー・タグ

>> グローバル教育情報トップに戻る