生徒、保護者のためのグローバル教育情報 by EDUBAL

グローバル教育情報では、海外子女向けの最新情報・お役立ち情報を発信しています。

2016.08.24

IB(国際バカロレア)体験談:大西さん

【加藤学園暁秀高校でIBを取得し、メルボルン大学に合格しました!】

ライオン

所属大学: メルボルン大学(オーストラリア)
IB取得校: 加藤学園暁秀高校(静岡県)
IB取得科目: 【HL】Japanese A/English B/History
【SL】Chemistry/Math/Chinese

私は加藤学園暁秀高校でIBの勉強をしました。

私は小5から中2まで中国の上海に住んでいました。その期間はインターに通っていたので、日本に帰国してからも英語力を維持するために静岡県の加藤学園に編入しました。中国に住んでいた頃、姉がIBの勉強をしていたので、私も姉と一緒にIBの勉強ができる加藤学園暁秀高校に編入することを決めました。私はIBの前の段階のMYPからのスタートになりましたが、MYPはかなり忙しかったです。加藤学園では、PYPから勉強する人もいればMYPから勉強する人もいて、最終的には皆IBを勉強するという仕組みになっていました。

IBで苦労したことは、勉強とCASなどの活動との両立です。

IBを勉強していて苦労したことは、IBの勉強やCASの活動、またクラブ活動などの両立です。当時はアメリカの大学に進学したかったので、IBと平行してSATの勉強をすることも大変でした。アメリカの大学に進学したいという思いが、IBとSATの勉強を両立させるモチベーションになっていたと思います。

IBの勉強は、塾や家庭教師など自分に合った方法で対策しましょう。

私は、普段から1日に4〜5時間くらいIBの勉強をしていました。朝型だったので、夜は早く寝て朝の3時くらいに起きて勉強していました。IBの試験本番前は、大体1日に5〜6時間勉強していました。勉強時間やタイミングなどは人によって様々だと思うので、自分に合ったやり方で無理のない程度に勉強することが大切だと思います。私の学校では先生のフォローが手厚く、また友達同士でわからない問題などを教え合ったりしていたので、塾には通っていませんでした。英語力がないために授業について行けない方や、授業外でもIBの勉強や課題のサポートをして欲しいと考えている方は、塾や家庭教師での対策も重要だと思います。

私はIB Mathが苦手だったので、過去問を使って対策しました。

私は、歴史が好きだったのでHistoryの授業はスムーズに理解することができました。しかし、Mathは苦手科目だったので、理解できるようになるまでに時間がかかりました。ちなみに、私の学校にはMathはSL(Standard Level)かStudiesしかありませんでした。日本人にとってはSLやStudiesは簡単なので、周りの皆はできていましたが、私は授業について行くことで精一杯でした。そのため、Mathはとにかく教科書の問題や過去問を繰り返し解いて問題の出題傾向などを把握したり、自分の苦手なポイントを見つけてそこを重点的に解くことで対策しました。

IB Historyは、自分なりの解答を用意して対策しましょう。

私はHistoryが好きだったのですが、Historyは最も点数が点取りにくい科目だと感じていました。対策としては、試験で解答が書けるように自分なりのテンプレを作ることが大切だと思います。Historyの解答においてもオリジナリティーは大切なので、自分が好きな話題や知識が豊富な分野について書くと良い評価がもらえます。

IBを勉強してよかったことは、受験に役立ったことです。

IBを勉強して良かったことは、オーストラリアではIBの点数が高いと1年学年をスキップすることができるという点です。私はメルボルン大学を受験し合格したのですが、入試も優遇してもらえました。オーストラリアだけでなく、他にもIBの点数によって様々な優遇制度を受けることができる国があるようです。また、IBで勉強したことが普段の生活に活かせたりと、実際に身になる内容だったと実感しています。

TOKとEE(Extended essay)のテーマ選択は重要です。

TOKのエッセイのテーマは、5つの質問の中から自分に書けそうなものを選びました。自分でも普段から考えていて、かつ実体験を活かせるようなテーマにしました。TOKは、なるべく自分ならではの視点や経験を盛り込むと好評価に繋がると思います。プレゼンは、友人とペアになって発表しました。パートナーも私と同じくメディア関係に興味あったので、テーマはすぐに決まりました。メディア関連のテーマだと例が多くあり、資料もかなり集まったので発表のスライドが作りやすいテーマだったと思います。プレゼンの練習をする際は、発表する側だけでなく、聞いている人がどのように私たちのメッセージを受け取るか、いかに考えてもらうかなどを意識していました。私の学校は発表の形式には指定がなく、人数も3人までならグループを作ることができました。

EEは、授業で扱った本について分析することは禁止されていたので、本を決めるところから苦戦しました。結局、私は海外の大学に進学するということを視野に入れ、海外でも評価が高い三島由紀夫の『金閣寺』について分析することを決めました。『金閣寺』は古い作品なので参考文献や書評が多く、比較的作者の分析もしやすかったです。
EEは、Japaneseで書くのが最も簡単であり、点数が取りやすいのではないかと思います。もちろん、Japaneseが好きであるということが前提条件です。好きな科目や分野についてでないと、文章量も分析にかける時間もかなり多いので、書き上がるまでモチベーションを維持することに苦労すると思います。しかし、英語が得意でない方は言語の壁に邪魔をされる心配がないという点で、Japaneseは最もEEを書きやすい科目になるでしょう。現に私の周りでも、日本語でEEを書く人が多かったように思います。

TOKは難しい科目なので、塾や家庭教師での対策が必要かもしれません。

TOKは、内容が特殊なのでなかなか理解できず、考える時間も多くてもどかしい思いをしました。また、先生の採点が常に低めだったので、メルボルン大学に提出するIBの点数のプレディクトが低く、書類審査で通るかどうか心配でした。TOKの採点方法や評価基準などは分かりづらく、先生の採点でさえあまり参考にならない時もある、難しい科目です。自分でCriteria(評価基準)を読みながらそれに沿って対策することが必要でしょう。また、TOKを教えてくれる塾や家庭教師などを知っていたら、ここまで苦労せず対策できたのではないかなと思います。

TOKは、専門用語を沢山使いましょう。

Criteriaを読むようになってから、TOKは専門用語をなるべく多く使うと、高評価がもらえるのだということを知りました。概念など、一つ一つを理解することは簡単なことではないし時間もかかりますが、丁寧に理解していき、専門用語を正確に盛り込んで高評価を狙いましょう。

IBを利用し、アメリカとオーストラリアの大学を受験しました。

私は高校卒業後、アメリカとオーストラリアの大学を受験しました。どちらも事前にIBの点数のプレディクトを提出する必要があります。アメリカの大学はUCLAを受験しました。UCLAはIBとSATのスコア、エッセイ、高校でのGPAが評価基準になります。面接では、自分をいかにクリエイティブに表現するかということが重視され、難しく準備も大変でした。

オーストラリアでは、メルボルン大学とオーストラリア国立大学を受験しました。最終的に、私はメルボルン大学に入学することを決めました。その理由として、オーストラリアはアジア圏に近く、また西海岸にはアジア人が多く住んでいるということから、私が当初から勉強したかったアジアンスタディーズが勉強できるということが挙げられます。また、アメリカのUCLAに比べ、学費が安く奨学金制度があったからということも理由の一つです。

また、オーストラリアにはIBフレンドリーな大学が多く、アメリカの大学と違ってエッセイの提出は必要がなく、IBの点数と自身のプロフィールのみ提出すれば良いというシステムがあり、アメリカの大学よりも比較的容易に受験ができます。奨学金制度もあるので、IBを取得された方には有利な受験制度だと思います。

大西先生に指導をご希望される方はこちらからお問い合わせください。

この記事のカテゴリー・タグ

>> グローバル教育情報トップに戻る