生徒、保護者のためのグローバル教育情報 by EDUBAL

グローバル教育情報では、海外子女向けの最新情報・お役立ち情報を発信しています。

2017.07.04

英検準1級!帰国子女が伝授する面接(二次試験)対策のポイント

筆記試験(一次試験)に合格したら、その喜びに浸りながらも、すぐに面接(二次試験)対策を始めましょう。
なにしろ、スピーキング能力は1日、2日でつくようなものではありません…。
以下、準1級の面接の基本構成、練習方法への具体的なアドバイスを紹介します。

※準1級の筆記試験(一次試験)対策についてはこちらのブログを参考にしてください!
>>英検 準1級に受かりたい人必見!オススメ勉強法4つ!

chairs-1838776_1920

英検準1級の面接の基本構成

英検準1級の面接では、2分間で4コマのイラストについてのナレーションをした後、4つの質問に応えることになります。
1つ目の質問はイラストに関連したものです。
2つ目以降の質問では、イラストカードを裏返すように指示された後、社会的、経済的問題などについてあなたの考えを聞かれます。

英検準1級の面接、具体的にどう対策する…?

イラストのナレーション対策
イラストのナレーションを練習する際には、2分間で終わらせられるように時間を計りながら行いましょう。
言葉に詰まったり、4つあるシーンのうちのどれかの説明をしすぎたりすると、案外簡単に3分近くまで間延びしてしまうからです。
2分間で十分にイラストのナレーションをするためには、スラスラと状況描写をする力が必要です。

1つ目の質問対策
1つ目の質問は、先ほどまでのイラストに関する質問です。
「If you were the woman, what would you be thinking?」
というような形式になるので、シチュエーションを理解した上で想像しましょう。

2つ目~4つ目の質問対策
2つ目以降の質問では、前述の通り、社会的、経済的問題についてのあなたの考えが聞かれます。
自分の意見を論理的な根拠と共に述べる練習をしましょう。
幸いにも、応答内容に対して面接官から突っ込まれることはないようですが、質問の内容に正面から答えるようにしましょう。

トピックの例としては、education、government policy、crime、povertyなどが挙げられます。
英語のニュースサイトなどを活用して、日常的なニュースからボキャブラリーを増やすことも有効でしょう。

準1級の面接に合格するために…

実際に自分の口を動かして練習を重ねることが大切です。
文法が完璧ではなかったとしても、ハキハキと熱意を持って発言できるといいですね。

ひとりで練習していると、緊張感が持てない…、
発音やイントネーション、発話内容にアドバイスがほしい…
といった方は練習相手を見つけると良いでしょう。

「オンライン家庭教師EDUBAL」では海外在住の方のためにオンラインで英検の面接の指導を行っています。
ばっちり対策して自信を持って試験に臨みましょう!
詳しくは以下の英検コースページをご覧ください。

この記事のカテゴリー・タグ

>> グローバル教育情報トップに戻る