生徒、保護者のためのグローバル教育情報 by EDUBAL

グローバル教育情報では、海外子女向けの最新情報・お役立ち情報を発信しています。

2017.08.27

英検で帰国子女入試が有利になる中学9選!

帰国枠受験において、一定の級以上を取得していると有利になると言われている英検。
今回は帰国枠受験で、英検によって判定が優遇される中学校を具体的に紹介します。

PP_gekoucyuunojc_TP_V

英検2級:江戸川女子中学校

・江戸川女子中学校(東京都江戸川区)
帰国子女入試:2級以上で国・算2科合計のボーダーラインを、140点(通常160点)/200点満点とする

英検準2級:十文字中学校、開智日本橋学園中学校

・十文字中学校(東京都豊島区)
帰国子女入試:準2級以上で判定優遇

・開智日本橋学園中学校(東京都中央区)
帰国子女入試:準2級以上で判定優遇

英検3級:鎌倉学園中学校、浜松開誠館中学校、淑徳中学校、跡見中学校

・鎌倉学園中学校(神奈川県鎌倉市)
帰国子女入試:3級以上で判定優遇

・浜松開誠館中学校(静岡県浜松市)
帰国子女入試:3級以上で合否判定の際に考慮

・淑徳中学校(東京都板橋区)
帰国子女入試:3級以上で判定優遇

・跡見学園中学校(東京都文京区)
帰国子女入試:3級以上で判定優遇

英検4級:郁文館中学校

・郁文館中学校(東京都文京区)
帰国子女入試:4級で英語の試験結果に30点加点、3級以上で英語の試験結果満点換算

英検の級を問わず:聖隷クリストファー中学校

・聖隷クリストファー中学校(静岡県浜松市)
帰国子女入試:取得級は問わず、合否判定の際のプラス材料として考慮

※いずれも2016年の情報です。必要に応じて各学校の要項をご確認ください。

海外在住の方、帰国子女向け オンラインでの英検対策

「帰国子女に英検…必要?メリット、受験級の目安は?」のブログにも書いているのですが、小学生のうちからインターナショナルスクールや英語圏の現地校に通っている方であれば、2級に合格する力をつけることはできます。
「帰国枠の中学受験対策、何をしたら良いのかわからない」といった方も余裕のあるうちから英検の対策だけでも進めておくとよいかもしれませんね。

英検を受けるからには、しっかりと対策をして、自信を持って受験に臨みたいものです。
帰国子女かつ現役難関大学生の家庭教師の先生をつけることもひとつの手になるでしょう。
少しでも気になった方は、下のお問い合わせボタンからお気楽にご連絡ください!

>> グローバル教育情報トップに戻る