帰国子女枠中学受験(帰国生中学入試)

がくしゅういんちゅうとうか

学習院中等科(学習院中学)

入試情報

学習院中等科帰国子女枠 (学力試験)(書類選考・学力試験・小論文・面接など)

 

【算数対策(100点)】 

6年生までの教科書の内容(立体図形を除く)をもとに、 計算や簡単な求積問題、基本的な文章問題、応用問題が出題されます。文章問題では最終的な答えの正否にかかわらず、途中式には部分点が与えられるため、普段から計算途中の段階も意識して書くようにしましょう。

 

【国語対策(100点)

筆記試験と作文があります。筆記試験は小学校5年生終了レベルの問題であり、漢字は1年から5年までの漢字配当表の中から出題されます。文章問題に関しては、文章自体は比較的容易なので、内容をしっかり読み取って問題を解いているかが重要となります。

作文の時間は25分程度であり、書く材料が比較的見つけやすいテーマが出題されます。普段から様々なテーマについて自分の考えを抱いておくと効果的です。作文では文章構成能力や表現力が問われるため、書く練習をしておくことをお勧めします。

 

【面接対策】

受験生面接と保護者面接があります。受験生面接は4~5人のグループ面接です。各グループはいくつかの面談室をまわるため、数回にわたってグループ面接を行うこととなります。したがって、気を緩ませないよう最後まで積極的に発言することを心がけましょう。グループ面接なので、他メンバーの発言を踏まえた自分の意見を述べられると効果的です。

保護者面接(1人)は15分程度です。

 

学習院中等科帰国子女枠の受験要件

  • 日本の小学校第6学年に相当する学齢児童であり、下のイ)、ロ)のいずれかの条件を満たしていること。

     

    イ)すでに帰国している児童の場合

    保護者の海外勤務にともない海外に在住し、かつ平成26(2014)年6月1日以降国内の小学校に転・編入学した児童であり、海外在留期間が

     

    • ①帰国した日からさかのぼって継続して2年以上
    • ②平成22(2010)年9月1日以降に通算して3年以上
    • のいずれかであること。
    • ロ)現在海外在住中の児童の場合

    保護者の海外勤務にともない海外に在住している期間が

     

    • ①平成28(2016)年12月4日【入試日】までに継続して2年以上
    • ②平成22(2010)年9月1日以降、平成28(2016)年12月4日【入試日】までに通算して3年以上
    • のいずれかであり、平成29(2017)年3月末日までに帰国予定の児童であること。

    〔注:出願資格の有無についてご不明な点があれば、中等科教務課までお問い合わせください。〕

学校情報

■学校名 学習院中等科
■住所 〒171-0031 東京都豊島区目白1-5-1
■区分 私立・男子校
■生徒数 590名 
■偏差値 69
■帰国子女枠募集人数 約15名
■校風・特徴:英語・数学は2分割した習熟度別教育を実施。帰国入試は30年近くの実績があり、一般生徒でも海外生活経験のある生徒が多く、受け入れ体制は万全。基礎学力の充実と基本的な生活習慣の重視。

 

偏差値の近い学校

EDUBALだからできること

EDUBALの教師は全員帰国子女の方です。現在は東京大学をはじめとする難関大学に所属しています。帰国子女枠受験の対応はもちろん、日常学習のサポートまで対応します。帰国子女として実際に海外での学習や帰国子女枠受験を経験している教師だからこそ、お子様に最適な指導を実現できます。

高校受験

EDUBALに関するお問い合わせ

EDUBALでは、海外在住の生徒様ならではのお悩みと真摯に向き合い、指導させていただきます。
まずは お問い合わせ からご依頼、ご相談ください。

電話でのお問い合わせ

電話受付 平日10:00~21:00 (日本時間)

メールでのお問い合わせ

> もっと見る

短期集中