帰国子女枠中学受験(帰国生中学入試)

ふじみちゅうがっこう

富士見中学校

入試情報

富士見中学校帰国子女枠 (学力試験)(書類選考・学力試験・小論文・面接など)

 ※本校は一般入試と同じ試験ですが、海外滞在の月数に応じた優遇措置があります。

 

【算数対策(100点、50分)】

計算問題、応用問題から構成される大問4題です。問題のレベルは平易〜標準と言えるでしょう。計算問題は比較的易しい問題ですので、基礎的な計算能力を身につければ問題はありません。また、応用問題は図形問題が中心に出題され、その他にも割合と比・食塩水問題なども出題されています。いずれも基礎的な問題ですが、図形問題に苦手意識のある方は重点的に対策しましょう。標準レベルのテキストや過去問を活用すると良いです。

 

【国語対策100点、50分

国語は大問2題で、説明文・物語文・随筆文から2題出題される形式となります。さらに、ことわざや慣用句、漢字などの知識問題も出題されます。読解問題は、登場人物の心情変化を理解したり、筆者の主張を正確に理解する読解力が問われます。標準レベルのテキストや過去問を活用し、読解力を身につけましょう。また、知識問題は帰国子女が苦手としがちな分野ですので、抜かりなく覚えましょう。こちらも専用問題集を活用すると良いです。

 

【社会対策(60点、40分

地理・歴史・公民の3分野から幅広く出題されるのが特徴です。地理では自然、工業、産業といった領域から、歴史では全時代に渡ってバランスよく出題されます。また、公民では時事・環境問題が頻出です。全体的に抜け漏れなく幅広く学習する必要があります。教科書を読み、時系列で流れを掴むと良いでしょう。また、地図や写真の読み取り問題なども一部出題されるため、教科書の地図や写真もチェックしておくと効果的です。

 

【理科対策(60点、40分

「生物と環境」「物質と変化」「運動とエネルギー」「地球と宇宙」の4つの分野から幅広く出題されるのが特徴です。レベルは標準的といえますので、全分野にわたって幅広く基礎固めをすると良いでしょう。

 

 

富士見中学校帰国子女枠の受験要件

 ①海外の滞在期間が1年以上であり、帰国後3年以内であること。
 なお、海外の滞在期間が帰国後の期間より長いこと。
②海外滞在期間は小学校1年より起算する。
③海外滞在期間が複数回ある場合は、その期間を累計する。

学校情報

■学校名 富士見中学校
■住所 〒176-0023 東京都練馬区中村北4丁目8−26
■区分 私立・女子校
■生徒数 726名
■偏差値 64
■帰国子女枠募集人数 240名(一般入試と同じ枠)
■校風・特徴:個々にはきめ細かな指導が行われるものの、原則として、一般生徒といっしょの学校生活になるため、本人の努力や家族の協力が望まれる。

 

偏差値の近い学校

EDUBALだからできること

EDUBALの教師は全員帰国子女の方です。現在は東京大学をはじめとする難関大学に所属しています。帰国子女枠受験の対応はもちろん、日常学習のサポートまで対応します。帰国子女として実際に海外での学習や帰国子女枠受験を経験している教師だからこそ、お子様に最適な指導を実現できます。

高校受験

EDUBALに関するお問い合わせ

EDUBALでは、海外在住の生徒様ならではのお悩みと真摯に向き合い、指導させていただきます。
まずは お問い合わせ からご依頼、ご相談ください。

電話でのお問い合わせ

電話受付 平日10:00~21:00 (日本時間)

メールでのお問い合わせ

> もっと見る

短期集中