合格・受講体験談

都立国際高等学校IBコース(日本人生徒枠)に合格!

一般受験の勉強と並行させながら、第一志望のIBコースに合格!!

silhouette
氏名:Y.Nさん
性別:男性
受講コース:都立国際高校IB入試対策コース
合格校:都立国際高等学校 国際バカロレアコース
海外滞在国:イギリス

都立国際高校IB(国際バカロレア)入試対策コースの概要

今回生徒様が受講されたコースは、都立国際高校国際IBコースのIB入試を受験する生徒を対象に、受験科目である個人面接・集団討論の練習および指導を行うものです。実際に都立国際高校IBコースに合格した方の意見をもとに、IB経験者および帰国子女の教師がIBに特化した面接、集団討論対策を企画し作られた全6回のコースです。2018年度から本コースはより長期的かつ小論文、英語、数学にも対応した『IB(国際バカロレア)高校入試対策コース』にパワーアップしましたので、都立国際高校のIB入試を検討している方は、この機会にぜひお問い合わせください!

 

ご家庭の声

“EDUBALの教師がIB経験者だったため、経験者の視点からIBの魅力を教えていただくことができ、とても助かりました。”

EDUBALの都立国際高校IB入試対策コースにお申し込み頂いたきっかけを教えてください。

保護者様:都立国際高校のIBコースを受けることは前から決めており、対策指導をしてもらえる塾や家庭教師はずっと探していたのですが、なかなか見つかりませんでした。あまりにも見つからないので、息子が中学3年生の頃、都立国際の一般推薦枠で必要とされる数学や小論文の対策指導を代わりに受けようかと思っていたほどです。そんな時、インターネット「国際バカロレア」と検索したところEDUBALを見つけました。都立国際高校のIB入試に特化している対策コースがあったので、即決して申し込みました。他にIB入試対策を指導してくれるところは見つけられなかったので、特に迷うこともありませんでした。

 

IBを経験している教師による指導はいかがでしたか?

生徒様:僕はこのIB入試の他に併願校の一般入試の勉強もしていたので、塾に通っていました。ですが、僕の本当の目的はIBだったので、実際にIB経験者が教えてくれるEDUBALのコースではIBの魅力を当事者視点から聞くことができ、進路を決定する上で有意義でした。

保護者様:とにかくこのEDUBALのコースを見つけたので申し込みをしましたが、途中で「本当にIBでいいのだろうか?」と原点に返ることもありました。通っていた塾には「もっと偏差値の高い都立高校を受けろ」と受験直前まで言われ続け、息子本人も自分はなぜIBに行きたいのか、と分からなくなってしまうほど悩んだこともありました。そんな時、EDUBALの教師がIB経験者だったため、経験者の視点からIBの魅力を教えていただくことができ、とても助かりました。もしEDUBALに通っていなかったら、日本的な偏差値で測る周りの人の圧力に負けて、都立国際のIB入試の受験をやめていたかもしれません。

“EDUBALの授業を通してIBの雰囲気をつかむことができていたからこそ、”IB的”な答えを面接で出すことができました。”

実際に入試を受けて、EDUBALの授業は役に立ったと思いましたか?

生徒様:役に立ったと思いました。塾の方でも一回だけ集団討論の対策をやったことがありましたが、EDUBALで行った集団討論の方が生徒のレベルが高かったように思います。EDUBALの集団討論で出会えた生徒は深い意見を言える生徒が多かったと思いました。そのため、より本番に近い状態で練習できました。

 

コースの中で、特に自分が成長できたと思う授業について教えてください。

生徒様:僕はEDUBALの授業だけでなく学校の集団討論の練習でもファシリテーターを頻繁にやっていたのですが、自分が成長できたと感じたのは、集団討論の授業でファシリテーターをやらなかった時です。本番の試験ではファシリを置くのが禁止されていたので、ファシリテーターを担当しない練習をしていてよかったな、と思いました。

 

コースを受けて、自分の実力があがることは実感できましたか?

生徒様:一番成長したな、と感じた点は、IBに対する理解が深まったことです。本番の面接の試験では、「IBコースに入ってから困難に当たった時、あなたはどのように乗り越えますか?」と質問をされたのですが、IBコースはコミュニケーション力などを重視することからグループ意識が強いことを学んでいたため、「最終的にはみんなで困難を乗り越えられるようにする」といった内容で答えました。EDUBALの授業を通してIBの雰囲気をつかむことができていたからこそ、”IB的”な答えを面接で出すことができました。

 

小論文や数学、英語については、試験に向けてどのような対策を行いましたか?

生徒様:小論文は他塾の短期コースを受けていました。ただ、そこで出された問題は小論文というよりは作文のようなものでした。数学も塾で対策を行いました。日比谷など他の都立校の勉強を集中的に行い、都立国際のIB入試の過去問は本番一週間前に解きました。年度によって難易度が大きく変わっていましたが、今年度の試験は知ってさえいれば解けるような問題だったと思います。

“受験者の皆が皆英語がペラペラで小論文も完璧に書ける、といったような生徒ではない・・・受験者数や倍率などの数に気圧されないことが大切だと思います。”

これからIB入試を目指す後輩の受験生に向けて、メッセージをお願いします!

生徒様:試験会場に行ってみて気がついたのですが、「ダメ元」で来た生徒が多くいました。都立国際のIBは例年受験者数が多く、倍率が高いのですが、受験者の皆が皆英語がペラペラで小論文も完璧に書ける、といったような生徒ではないのだと思いました。ですので、受験者数や倍率などの数に気圧されないことが大切だと思います。
また、僕が受験対策をしていく上で感じた一番の壁は、周りの人や塾がIBに対して理解がなかったことです。IBを知らない人は、都立国際高校の偏差値だけを見て、「どうして都立国際のIBが第一希望なの?」と言って来ました。悩むこともありましたが、「IBは日本の教育ではないのだから、偏差値で測れるものではない」と考え方を変えることで壁を乗り越えました。IB卒業後の進路などを想像して、モチベーションを上げるようにしていました。

 

IB入試を検討している受験生の保護者様へメッセージをお願いいたします。

保護者様:帰国子女の母親ならば、「IB」は一度は耳にしたことはあると思います。ただ、実際に深く内容を理解している人はあまりいないでしょう。IBを卒業したらどこの大学に行けるのか、といったことまで考えてから、IBを受験するかしないかを決断すべきです。最近になって国内の国立大学にもIB枠はできてきていますが、IBコースはやはり海外の大学を視野に入れている人に向いていると思います。そういった情報を親として収集し、数年先のことまで見据えることが非常に大切だと思います。
私の息子の場合は、IB入試の勉強、都立受験の勉強、私立受験の勉強と、傾向が異なる3種類の勉強を行っていました。やることが多く大変でしたが、IB受験一本に絞ると、つぶしがきかないので必要な勉強だったと思います。落ちる可能性を常に頭に入れ、覚悟を決めて受験勉強を頑張ってください。

 

EDUBALでは、元IB経験者の教師が都立国際高校などのIB校へのIB入試対策を行っています。

都立国際高校IB入試対策コースの詳細を知りたい方はこちらをご覧ください。国内高校の帰国受験を考えている方は「帰国子女受験対策コース」をご覧ください。

 

EDUBALに関するお問い合わせ

EDUBALでは、海外在住の生徒様ならではのお悩みと真摯に向き合い、指導させていただきます。
まずは お問い合わせ からご依頼、ご相談ください。

電話でのお問い合わせ

電話受付 平日10:00~21:00 (日本時間)

メールでのお問い合わせ

> もっと見る

短期集中