海外子女の用語集 No.11

チャータースクール

概要

チャータースクールはマグネットスクールとは違い、学区内に住んでいれば誰でも申し込むことが出来ます。現在はアメリカ37の州で約2700校、約70万人の生徒が通っています。チャータースクールの運営費はすべて公費でまかなわれており、学費を払う必要はありません。
チャータースクールでは親や教員、その地域に住む人たちの要望を取り入れた、独自の教育方針を打ち出すことが出来ます。そのため、少人数制の教育と独自のカリキュラムを公立校でありながら実現することが出来ます。

 

目的

保護者や教師、地域団体などのグループが普通の公立学校とは違った独自の「学校」やカリキュラムを持つ学校で教育を行うこと。

 

特徴

親や教員、その地域に住む人たちが独自にプログラムを作る。

 

対象者

学区内の生徒

 

テスト有無

×

 

EDUBALには帰国枠入試を突破した、現役難関大生の帰国子女教師が多数在籍!
「教師紹介」ページでは、当会の教師の一部をご紹介しております。ぜひご覧下さい。
> EDUBALの教師紹介ページを見る

EDUBALに関するお問い合わせ

EDUBALでは、海外在住の生徒様ならではのお悩みと真摯に向き合い、指導させていただきます。
まずは お問い合わせ からご依頼、ご相談ください。

電話でのお問い合わせ

電話受付 平日10:00~21:00 (日本時間)
こちらの電話番号は、運営会社㈱トモノカイ直通です。

メールでのお問い合わせ