海外子女の用語集 No.38

イマ―ジョン教育

イマ―ジョンとは英語で「浸す」という意味です。イマ―ジョン教育とはその言葉の通り、授業を英語で行い、用いることで生徒に自然と英語を身に着けさせる教育です。要するに外国語を教科として教えるのではなく、外国語を使って教えるということです。

 

イマ―ジョン教育においては、第二言語に使う意義と目的が生まれます。その結果、自然と学びの手段として外国語が習得されて行きます。現在、第二言語習得に有力な方法として、世界各地で様々な形で行われています。

 

イマ―ジョン教育の目標

①      英語に熟達すること。

②      第一言語の運用能力を保持し、それをさらに伸ばすこと。

③      英語イマージョン教育を受けている生徒の一般学習能力を着実に育て、全教科の教科内容を学齢にふさわしいレベルで習得すること。

④      杜会文化能力の育成。

 

EDUBALには帰国枠入試を突破した、現役難関大生の帰国子女教師が多数在籍!
「教師紹介」ページでは、当会の教師の一部をご紹介しております。ぜひご覧下さい。
> EDUBALの教師紹介ページを見る

EDUBALに関するお問い合わせ

EDUBALでは、海外在住の生徒様ならではのお悩みと真摯に向き合い、指導させていただきます。
まずは お問い合わせ からご依頼、ご相談ください。

電話でのお問い合わせ

電話受付 平日10:00~21:00 (日本時間)
こちらの電話番号は、運営会社㈱トモノカイ直通です。

メールでのお問い合わせ