海外子女の用語集 No.26

自己推薦入試

自己推薦入試は学校長の推薦が不要で、誰でも応募できる方式の受験方法です。

必ず自分で推薦書を作成して自己PRをし、大学側はそれを中心に、本人の特性や高校生活での学業に限らない特技や実績を審査して選考を行います。

個性が重視されるので、自分の能力や適性に合った大学選びができます。

 

AO入試と似ていますが、AO入試と比べて一芸に秀でた人や高校時代に何らかの実績を残した活動、意欲などが評価されるケースが多いです。

また、併願を許可していない専願の大学が比較的多いです。

※推薦入試の形態と評価基準は大学によって異なるので事前の調査が必要不可欠です。

 

評価

自己PR書などの書類

面接

志願者の経歴

高校生活での実績や特技、意欲など

 

EDUBALには帰国枠入試を突破した、現役難関大生の帰国子女教師が多数在籍!
「教師紹介」ページでは、当会の教師の一部をご紹介しております。ぜひご覧下さい。
> EDUBALの教師紹介ページを見る

EDUBALに関するお問い合わせ

EDUBALでは、海外在住の生徒様ならではのお悩みと真摯に向き合い、指導させていただきます。
まずは お問い合わせ からご依頼、ご相談ください。

電話でのお問い合わせ

電話受付 平日10:00~21:00 (日本時間)
こちらの電話番号は、運営会社㈱トモノカイ直通です。

メールでのお問い合わせ