教師紹介

教師インタビュー:松下 先生

シルエット
教師氏名:松下 先生
所属大学:慶應義塾大学 医学部
滞在国:アメリカ (14~16歳)
指導可能科目:【小】英語,国語,算数,理科
【中】英語,数学,理科
【高】英語,理系数学,物理,化学

海外での経験

 アメリカの高校では積極的な授業参加を重視しており、最初は日本の学校との違いや英語力不足のため戸惑うことがありました。しかし、辞書を引きながら教科書を読むうちにだんだん授業がわかるようになりました。例えば、英語のクラスでは、ギリシャ神話の一節を読んだ後、その話をテーマにしたプレゼンテーションやグループでディスカッションをしたり、生物の授業では、グループで比較実験をした後、先行文献や考察を含めた論文も英語で書いたりしました。高校ではマーチングバンドの授業を受講し、友達と片言の英語を使ってコミュニケーションを計りながら互いに切磋琢磨しあいました。週3回ほどは校庭に出て、午後の2時から6時頃までずっと行進の練習をし続けました。確かに練習は辛く、挫けそうになってしまうこともありましたが、アメフト場で行われる本番で演奏をやり切ったときの爽快感は、何物にも変えられないほどすばらしいものでした。滞在中は言葉と文化の壁を感じて苦しいこともありましたが、苦労以上にかけがえの無い経験をすることができ、非常に楽しい2年間でした。

指導への意気込み

 勉強の根本から理解できるように、全力で取り組みたいと思います。

この教師のおすすめポイント

 指導への熱意のある教師です。生徒様の主体性を尊重することで生徒様の学力向上が期待できます。

EDUBALに関するお問い合わせ

EDUBALでは、海外在住の生徒様ならではのお悩みと真摯に向き合い、指導させていただきます。
まずは お問い合わせ からご依頼、ご相談ください。

電話でのお問い合わせ

電話受付 平日10:00~21:00 (日本時間)

メールでのお問い合わせ

> もっと見る

短期集中