教師紹介

教師インタビュー:大橋 先生

ohashi
教師氏名:大橋 先生
所属大学:早稲田大学 基幹理工学部
滞在国:ベトナム (小5~小6)
インド (中2~高3)
指導可能科目:【小】英語/算数/理科/社会/国語
【中】英語/数学/理科/国語
【高】英語/数学/物理/化学
【IB】
(SL)英語/数学/経済/化学/日本語
(HL)数学/物理/化学/生物

海外での経験

小5から小6にかけて、ベトナムのハノイに滞在しました。日本人学校に通いつつ、
インターナショナルスクールにサッカーをしに行っていました。
その後、帰国して一度日本の私立中学校に入学しましたが、中2で今度はインドに行くことになりました。
インドではインターナショナルスクールに通いました。初めは同級生とも「ハロー」くらいの
レベルの会話しかできませんでしたが、得意だった数学とコンピューターの授業を通じて
英語を吸収し、また友達と仲良くなることができました。
平日は朝、土曜は朝から夕方までテニスに励んでいました。

帰国受験エピソード

高2からIBの授業をとっていました。学校が力を入れていたこともあり、周りに刺激されて勉強に取り組んでいました。
インドで社会人の方と話す機会があり、大学の4年間はとても大事な時期であると知って、
日本の大学を受験することを決めました。書類審査と面接のAO入試を受験し合格できました。
5月にインドで高校を卒業し、9月には早稲田大学基幹理工学部の国際コースに入学しました。

指導経験

インド滞在時、ボランティアで孤児院の子供たちに勉強を教え、教える楽しさを知りました。
大学入学後は、個別塾で1対1、もしくは1対2の指導をしています。

指導で気を付けていたこと

新しく生徒さんを担当するときは、小テストなどでその生徒さんの実力をきちんと把握してから
指導するようにしていました。
勉強へのモチベーションが高い生徒さんには、もっと勉強が楽しくなるような面白いアイデアを
提供するようにし、勉強が得意でない生徒さんには厳しさと優しさのバランスに気を付けながら指導していました。

生徒の皆様へのメッセージ

海外に滞在していて英語があまり話せないと、どうしても日本人同士で話してしまいがちですが、
日本人同士でも英語で会話するなど、できるだけ英語で話してみましょう。
特に高校生は、受験まで時間がある人や受験するか迷っている人も、勉強をコツコツ頑張れば選択肢が
広がります。自分で選択したほうが生きがいを感じられるので、ぜひ視野を広げておきましょう!

EDUBALに関するお問い合わせ

EDUBALでは、海外在住の生徒様ならではのお悩みと真摯に向き合い、指導させていただきます。
まずは お問い合わせ からご依頼、ご相談ください。

電話でのお問い合わせ

電話受付 平日10:00~21:00 (日本時間)
こちらの電話番号は、運営会社㈱トモノカイ直通です。

メールでのお問い合わせ