教師紹介

教師インタビュー:山中 先生

119394
教師氏名:山中 先生
所属大学:東海大学 医学部
滞在国:アメリカ カリフォルニア州 (小3~小5)
アメリカ ニューヨーク州 (高1~高3)
指導可能科目:【小】算数/理科/国語
【中】英語/数学/理科
【高】数学/生物/小論文/面接

海外での経験

小3~小5まで、アメリカのロサンゼルスに滞在しました。平日は現地校、土曜は補習校に通っていました。全く英語が理解できない状況だったので、最初は友達や先生が何を言っているのかわからず、とても苦労しました。しかし元から運動好きなので、友達と休み時間に外で遊んだり、積極的に先生に質問することで徐々に英語を吸収し環境に溶け込めていきました。2年経つ頃には弟との会話が英語になっていました。
帰国後は、以前通っていた私立小中高一貫校に編入学試験を受けて入り、中3まで過ごしました。
高校でまたアメリカのニューヨーク州に引っ越し、AO入試を受け慶應ニューヨーク学院に入りました。日本人学校でしたが、授業の7割が英語であり、生物、化学、物理などを英語で勉強するのはとても大変でした。部活は季節により、テニス、バスケ、サッカーなど幅広く活動しました。

帰国受験エピソード

ロサンゼルスにいるときは、編入学試験のために積極的に本を読んだり、通信教育(国語、算数、理科、社会)を行っていました。試験は国語と算数だったのですが、算数は得意だったので主に国語に力を入れました。
一旦日本に帰国後、今度はニューヨーク州に引っ越すことになり、高校を受験しました。大学受験の様々な選択を考えた上で、可能性の広がる慶應ニューヨーク学院を受けることに決めました。AO入試は日本語と英語での小論文、及び面接でした。

指導経験

高校ではチューターとして後輩に勉強を教えていました。人に教え、その人が少しでも勉強を好きになってくれるととても嬉しく思い、積極的に活動を行っていました。
大学入学後は家庭教師として高校受験や、中高一貫校での勉強のサポートなどをしています。

指導で気を付けていたこと

新しく生徒様を担当するときは、まずは現在の状況と自分の勉強スタイルを確認し、そこからどうしたいのか明確な目標を掲げるようにリードします。そうすることで、改善すべき点が見え、的確な指導が行えます。勉強以外にも会話を多くするようにし、その生徒様の性格を把握することで、ヤル気を上げることができます。

生徒の皆様へのメッセージ

私は小学校2年間で培った英語の能力が、今でもとても役に立っています。特に耳(リスニング)、と口(スピーキング)は一生の宝物です。語学の習得は簡単なものではありませんが、あとあと自分の人生において最高の強みになります。本を読んだり、音楽を聴いたり、友達や先生に積極的に話しかけるようにしたり、自分なりにやりやすい方法を見つけて、吸収していって下さい!日本での受験を考えている方は、英語と日本語の勉強両方大変だと思いますが、時間を見つけてコツコツ行うようにしましょう。
1つ言えるのは、never too late to startです。思い立ったが吉日、行動にうつして夢を掴みましょう!

EDUBALに関するお問い合わせ

EDUBALでは、海外在住の生徒様ならではのお悩みと真摯に向き合い、指導させていただきます。
まずは お問い合わせ からご依頼、ご相談ください。

電話でのお問い合わせ

電話受付 平日10:00~21:00 (日本時間)
こちらの電話番号は、運営会社㈱トモノカイ直通です。

メールでのお問い合わせ