慶應義塾大学帰国枠受験対策

慶應義塾大学特別選考枠の受験情報

EDUBALに在籍する帰国子女教師の中で、慶應義塾大学の帰国子女枠を受験した経験のある教師から生の情報を収集しました。このページでは面接でどんなことを聞かれたのか、小論文の問題はどのような内容だったのかといったことについてまとめていますので、帰国子女受験の対策にお役立て下さい。なお、帰国子女受験は情報戦で、適切な情報を集めることがとても大切です。当サービスは、そのように帰国子女受験のためのノウハウやアドバイスを知りたい方に向けたオンライン指導を提供しています。教師は全員帰国子女であり、かつ東京大学早稲田大学、慶應大学、上智大学などの現役難関大生です。海外にいる方はもちろんのこと、帰国子女の方に向けて教師自身も帰国子女だからこそできる良質な指導を提供いたします。

 

慶應義塾大学の入試(面接、小論文、筆記試験)について

面接対策をするには?

面接できかれたこと

志望理由の掘り下げ(なぜ慶應大学なのか、なぜその学部なのか)

 

面接を受けた印象

【法学部】面接では当たり障りのないことしか聞かれず、時間も5分くらいで、何となく面接官が面倒臭そうだった。志望理由書もさっと見ただけで、読んでいないようだった。

【総合政策部】面接は法学部よりかなり長く、志望理由に関連する話題を掘り下げていく質問をされた。少し意地悪な質問、唐突な質問もされたが、私が話している間はしっかり目を見て聞いてくれた。面接官は志望理由書だけでなく、履歴書や小論文も面接の前に目を通していたようだった。

 

慶應大学の面接の試験では、学部によって聞かれる内容も面接の所要時間も異なります。事前に聞かれる可能性のある項目をリストアップし、自分の答えを用意して人に話せるように練習しておくと良いでしょう。

小論文の対策をするには?

小論文 過去に出題されたテーマ

【商学部】2014年度 少子高齢化社会について

【法学部】2014年度 災害対策について

【総合政策学部】2014年度 制度についてどう思うか

【文学部】出題年度不明 政治について

 

小論文の問題を解いた印象

【商学部】2014年度 6ページくらいの課題を読んで小論文書くのを50分くらいでやらないといけず、すごく焦った。自分も含めて周りのみんなも出来は全然良くなかったと言っていた。

【法学部】2013年度 1次の書類審査に受かれば、2次の小論文と面接の心配はそこまでしなくていいのではないかと思います。

 

慶應大学の小論文の内容は、学部によって異なります。過去問を見て出題テーマの傾向をつかみ、繰り返し解くことが対策となるでしょう。

筆記試験の対策をするには?

筆記試験の内容

【医学部】 理科は物理(物理基礎・物理)、化学(化学基礎・化学)、生物(生物基礎・ 生物)のうち2科目から選択する。数学は数学I・数学II・数学III・数学A・数学B から選択する。

※数学Aからは「場合の数と確率」・「整数の性質」・「図形の性質」を出題範囲とする。

※数学B からは 「数列」・「ベクトル」 を出題範囲とする。

外国語は英語I・英語II・リーディング・ライティング。

 

【薬学部】 理科は化学(化学基礎・化学)。外国語は英語I・英語II・リーディング・ライティング。

 

慶応大学の筆記試験の内容は、学部によって異なります。出題範囲をきちんと把握し、繰り返し過去問を解くことが対策になるでしょう。

 

統一試験(IB、SAT、TOEFL)対策

慶應大学の帰国子女枠合格者の統一試験点数

EDUBALに在籍している慶應義塾大学の帰国子女枠合格者に統一試験の点数をインタビューしました。以下がEDUBALに在籍している慶應義塾大学の帰国子女枠合格者の中での最低点ですので、合格基準として参考にしてください。

 

SAT点数  1820点

TOEFL点数 98点

IB(国際バカロレア)点数 32点

英語検定級 1級

 

統一試験の点数は、成績の基準にばらつきがでてしまう学校の成績よりも、ライバルとの立ち位置を比較する上で重要な指標になります。上記の点数に達しない場合は、他の人よりも厳しい状況に立たされる可能性があるということなので、筆記試験や面接で確実に挽回しなければならなくなります。まずは統一試験で高い点数を取って周りに差をつけ、自信を持って慶應義塾大学の帰国枠受験に臨みましょう。

 

帰国子女枠(特別選考)って難しい?

帰国子女枠(特別選考)受験は、きちんと対策を行えば難しい試験ではありません。国内の一般生とは全く異なる教育を受けてきた帰国子女の「キラリと光る何か」を探し、それを評価する受験であると言えるでしょう。つまり、学生1人1人が海外生活で養ってきた言語力や学力に加え、その他個性的なスキル、考え方、価値観といったものが重視されます。オンライン家庭教師EDUBALには、慶應義塾大学の帰国子女枠受験経験者や、SATIBTOEFLなどの高得点所持者が多数在籍しています。そのため、帰国子女特有の悩みを理解し、学習面のサポートを1対1で行うことで、志望校への合格に繋げることができます。「インターネットを使ってIBのサポートを受けたい」「〇〇学校の帰国子女枠対策をしてほしい」「こんなことできますか?」など、お気軽にお問い合わせください。

 

慶應義塾大学特別選考枠の受験条件

各学部により受験の条件が異なりますが、全学部共通の受験可能条件は以下の通りです。

①外国の教育課程に基づく高等学校に最終学年を含め 2 年以上継続して在籍し卒業した者および卒業見込みの者

②滞在国・地域の学校教育制度に基づく大学入学資格を有する者

③各国の大学入学に必要な国家試験等の統一試験(バカロレア等)またはこれに準ずる試験を受験し,試験結果を提出することができる者

④過去に出願していない者

この必須資格であるバカロレアの点数は高ければ高いほど受験において有利となります。

当会ではバカロレアの対策をバカロレア資格所有者から指導・対策を受ける事が可能です。

 

慶應大学の概要

慶應

■住所 東京都港区三田2-15-45 (三田キャンパス)

■リンク http://www.keio.ac.jp/

■帰国枠募集学部

文、商、医、理工、総合政策、環境情報、薬学部 若干名

経済、法 20名

EDUBALに関するお問い合わせ

EDUBALでは、海外在住の生徒様ならではのお悩みと真摯に向き合い、指導させていただきます。
まずは お問い合わせ からご依頼、ご相談ください。

電話でのお問い合わせ

電話受付 平日10:00~21:00 (日本時間)

メールでのお問い合わせ

> もっと見る

短期集中