帰国子女枠大学受験の基礎

帰国子女枠(特別選抜枠)受験って何?~条件~

帰国枠 東大写真帰国枠 上智写真帰国子女枠(特別選抜枠)受験とは、通常の入学試験とは別に、特別選抜枠として指定条件をクリアした帰国子女のみが受験できる選抜制度です。帰国子女枠を受験できる方の条件は各大学によって異なっている為、各大学の募集要項チェックし、それを満たしている必要があります。
帰国枠 早稲田写真帰国枠 慶應写真また、帰国子女枠を入学制度として設けている大学は数多くありますが、そのその選抜方法も多岐に渡ります。
このページでは、帰国子女枠での受験を考えている方に向けて、帰国子女枠とはどのような受験方法なのかを解説し、受験の際に役立てていただければと思います。

帰国子女枠の選抜方法の種類

帰国子女枠の場合、大体の大学では提出書類に加えて筆記試験+面接+小論文が受験で実施されます。
しかし、大学によって重視される項目が異なるため、各大学の傾向を事前に知っておくことが重要です。

選抜方法 概要 実施大学例
提出資料重視型  出願時に提出する書類のみで合否を決定します。 大学の統一テストを課す場合もありますが、それよりも海外の学校での成績やSAT・IB等各国の教育制度に基づく試験のスコア、TOEICやTOEFLなどの語学運用能力試験のスコアを重視し判定します。  ICU
慶應大学
 試験重視型  出願時に書類の提出を求められますが、大学の統一テストを受験し、そのスコアを重視して合否を決定します。実際の試験では、学科試験だけでなく小論文、面接を組み合わせているパターンが多いです。しかしこの選抜方法を取る大学でも、出願時の書類は参考書類としてみられています。 MARCH (明治/青山学院/立教/中央/法政)
 提出資料・試験重視型  出願時に書類の提出を求める一方、大学のテストを受験し、両方のスコアから合否を決定します。実際の試験では学科試験・小論文・面接が多く実施されます。統一試験の点数が低い場合、書類選考の段階で不合格にされる事もありますが、統一試験の点数が高い場合は、その他の試験の重要度が下がる傾向にあります。  東京大学
早稲田大学
上智大学

 

一般枠受験と帰国子女枠受験の違い

一般枠受験の場合・・・

★時期 県にもよりますが、一般的に1月から3月にかけて受験日が設けられています。短期間に数多く受験をしなければならず、一校一校の対策は疎かになりがちですが、一気に受験を終わらす事が出来ます。
★難易度 一般的に3科目もしくは5科目の筆記試験が設けられ、高校からの内申点と試験の点数によって合否が決定されるため、各大学の筆記試験の傾向を理解し、対策をする事が重要になります。

帰国子女枠受験の場合・・・

★時期 帰国子女枠は、一般受験の様に冬期に限定されておらず、通年どこかの大学が出願を受付ています。受験日が重なる事が少なく、志望する学校に対して満足のいく対策をした上で臨む事が出来ます。
★難易度 帰国子女枠は対策をしっかりとすれば、 難関国立大(東京大学)、上位私立大(早稲田慶應上智)、MARCH(明治/青山学院/立教/中央/法政)等、実際の学力より2~3ランク上の大学に合格できます。 一般的に筆記試験や統一試験(SATやTOEFL、IB等)の点数、小論文、面接で合否が決定しますが、事前に受験する統一試験の点数を高くとる事がキーとなっています。

帰国子女枠受験で良く聞くSAT、IB、TOEFLとは?

帰国子女枠 帰国枠SAT/IB/TOEFL等の統一試験東京大学京都大学早稲田大学慶應大学をはじめ、難関国立・私立大学入試において合否に関わる重大な判断材料とされています。これらのスコアが低いと受験資格が無くなったり、書類選考で不合格となる大学がある為、統一試験の点数を上げる事は帰国受験で最も重要です。
現在海外滞在中で、SATやTOEFLといった統一試験のスコアが低いとお悩みの方や、より良いスコアを取りたい方も、これらの統一試験は繰り返し受験する事が出来るので対策が有効です。また、IBも最終試験に向けて効率良く勉強していく事で、より良いグレードを取る事が可能です。
当EDUBALではSATやIB、TOEFLの高スコア保持者がマンツーマンで指導を行いますので、 統一試験・帰国子女枠受験に十分備える事が可能です。まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

 
また、東京大学早稲田大学慶應大学上智大学の帰国枠受験に関する情報、その他難関大学の受験に向けた対策方法を知りたい方は、下記の帰国子女枠設置大学一覧ページをご参照ください。

 

EDUBALに関するお問い合わせ

EDUBALでは、海外在住の生徒様ならではのお悩みと真摯に向き合い、指導させていただきます。
まずは お問い合わせ からご依頼、ご相談ください。

電話でのお問い合わせ

電話受付 平日10:00~21:00 (日本時間)

メールでのお問い合わせ

> もっと見る

短期集中