生徒、保護者のためのグローバル教育情報 by EDUBAL

グローバル教育情報では、海外子女向けの最新情報・お役立ち情報を発信しています。

2019.10.06

SAT Essayで高得点を取るための対策法 3選!

SAT Essayで高得点を取るための対策法って?

SATを勉強中の皆さん、Essayのスコアをもう少し伸ばしたい!とお考えではありませんか?新SATになり受けるのが必須ではなくなりましたが、大学によってはEssayのスコア提出も義務付けている学校もあります。このページでは、そんなお悩みをお持ちの方に、SATのEssayで高得点を取るための対策法を3つご紹介します!

23017dcc6d022eb539aad69a9933d766_s

SAT Essayのコツ① 立場を選ぶ!

SAT Essayのコツ1つ目は、「必ず自分の立場を決めること」です。SATのエッセイは、エッセイの内容そのものというよりも、いかに論理的かつ明確に自身の意見を述べられているかという点に焦点が置かれています。そのため、例えばエッセイの問題文が「〜〜について賛成派ですか?反対派ですか?」という形式の問題であった場合、賛成派か反対派のどちらの視点から論じるかを決めることが非常に重要です。「両方」や「どちらでもない」といった曖昧な立場は、この場合はなるべく避けたほうが良いでしょう。なぜなら、「両方」や「どちらでもない」という立場を取ってしまうと、文章の構成が複雑になり、必要な文章量も増えてしまうからです。それに対し、「賛成」か「反対」のどちらか一方の視点を選ぶことにより、文章の構成が立てやすくなり、全体的に分かりやすい文章を書くことができます。

SAT Essayのコツ② エッセイ(小論文)を書く前にプランニングをする!

SAT Essayのコツ2つ目は、「エッセイを書く前に必ずプランニングすること」です。時間内にエッセイを書き上げなければならないため、問題文を読んですぐにエッセイを書き始めてしまう人も多いかもしれませんが、まずは大まかなものでもいいのでそれぞれの段落で何を書くかを決めてから書き始めましょう。プランニングでは、①自分の意見(結論)②その理由1 ③理由2 ④理由3 ⑤再度自分の意見(結論)の順に、自分の書きたいことを箇条書きでまとめます。このプロセスを通じて全体の構成をきちんと把握した上で、初めてエッセイを書き始めるようにしましょう。エッセイを書く前にしっかりと構成をプランニングし、どのような文章構成にするのかを自分なりにまとめ、イメージしてから文章を書き始めることで、短時間で効率的に高得点を狙えるエッセイを書き上げることができます。

SAT Essayのコツ③ 他人に読んで添削してもらう!

コツの3つ目は、自分で書いたエッセイを他人に読んでもらいフィードバックを受ける事です。自分で書いた文章はなかなか客観的に読む事は難しいので、できるだけ早い段階から書いた文章を周りの人に読んでもらいましょう。添削とまではいかずとも、フィードバックを受ける事で自身の書き方の癖やロジックの組み立て方を客観的に見直す事ができます。筆者もSAT essayの練習をしていた際は、クラスメートに自分の書いたエッセイを読んでもらい、論点が伝わりやすいかのチェックを頼んでいました。もちろん毎回これをこなす必要はありませんが、例えば1週間に1回など、定期的に確認しても

SAT Essayで高得点を取得したい方へ

SAT Essayで高得点を取得するコツ3選をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。EDUBALではSATで自身の苦手を克服して高得点を取得した教師が多数在籍しております。Essayは特に他人からのフィードバックを受ける事でどんどん改善しますので、SAT Essayの対策サポートが欲しい!という方は、下のボタンからぜひお気軽にお問い合わせください。

また、EDUBALでは当社オリジナルのSAT基礎力判定テストもご用意しております。気軽に受けられるテストなので、本格的な勉強を始める前に自分のレベルを把握するのにはうってつけです。こちらもぜひご活用ください!

 

この記事のカテゴリー・タグ

>> グローバル教育情報トップに戻る