生徒、保護者のためのグローバル教育情報 by EDUBAL

グローバル教育情報では、海外子女向けの最新情報・お役立ち情報を発信しています。

エデュバル無料メルマガの魅力

2021.07.21

【8/5-8/8開催!】EDUBAL夏祭り第一弾、「トークセッション」って何するの?

オンライン家庭教師サービスEDUBALでは、8月にEDUBAL夏祭りを開催!第一弾は8/5(木)-8/8(日)に行われる「IB仲間を増やそう!生徒同士のトークセッション」です。

イベントに興味があるけれど、まだ参加を迷っている方へ。

  • トークセッションって具体的に何を話せばいいの?
  • 他の参加者の人と話が合うかな?
  • 話すことが途中でなくなってしまって、気まずくならないかな?

など、いろいろ不安になりますよね。でも大丈夫!安心してください。

当日は少し前まで皆さんと同じIB生だった大学生の先輩がファシリテーターとしてセッションに参加し、皆さんが気軽に話せるようサポートします。さらに、部屋割りにも一工夫が。4月生(May Examを受ける方)と9月生(November Examを受ける方)の部屋に分かれているので、学習スケジュールが似た生徒さん同士が集まるようになっているんです。

本ページでは、トークセッションの内容を特別に一部紹介!何を話せばいいか分からないという方は、テーマの例を参考にしてみてください。どんな先輩がいるのか気になる方は、ファシリテーターからのメッセージを要チェック。

1) 8/6(金)第2部19:00-19:45:Math AI

EDUBALのIBコースの中でも受講している生徒さんが多い科目です。2019年から始まった新しい科目のため、まだ学校やネットでリソースが発見できないという方も多いのではないでしょうか。

こんなテーマについて話そう!

  • Math AIの勉強法は?
  • HLはどれくらい難しい?
  • 日本の数学とIBのMathはどう違う?
  • 一日何時間くらい勉強しているの?

など

ファシリテーターより

畑山さん
ドイツのインターでIBを取得。HLはMath、Chemistry、Physics、SLはEnglish A LL、French B、 Economicsを履修。トークセッションではMath AIの部屋などを担当。

AIはSLもHLもStatistics and Probabilityが重いといった特徴があります。学習範囲が広く、個々のコンセプトも理解が難しいです。その中でもT-TestやChi-Squared Testなどの統計検定手法でつまずく方が多い印象です。普段の統計と違い、標本と母集団のしっかりとした理解を求められます。いま問題で問われているのが標本と母集団どちらの値なのかをしっかりと理解しておらず、混乱する生徒さんが多いですね。
けれど、Mathはとにかく理解することが大事。問題の練習も大事ですが、その裏にある理論もしっかりと理解できるような勉強をしましょう。
(畑山さん自身はMath AIを履修していませんが、教師としてAIを履修している生徒を指導した経験に基づき回答していただきました。)

2) 8/7(土)第1部 (18:00-18:45):理系IA Biology

IAはライティング、リサーチ、クリエイティブさなど多くの力が試されます。また、IAは大学入試のアピールとしても有効です!
こんなテーマについて話そう!

  • IAのアイデアはどうやって見つければいい?
  • HLとSLで求められるレベルの違いは?
  • リサーチで参考にすべき資料はどうやって探すの?
  • いつから始めればいい?

など

ファシリテーターより

仲村さん
メキシコのインターでIBを取得。HLは Math, Biology, Chemistry、SLは English A LL、Psychology、Spanish ab initioを履修。トークセッションでは理系IA(Biology)の部屋などを担当。

If I could go back in time, I would tell myself to plan ahead. I left my Biology IA write up until the last minute, which may have lowered the quality of my work. Out of all, the most challenging part would definitely be the experimental design. Accounting for all the variables that could lower the reliability of my result was a struggle, given my naiveness. However, I found the overall process enjoyable. It gave me a taste of what it would be like to be a researcher.

3) 8/7(土)第3部20:00-20:45:理系科目対策 Physics

PhysicsもEDUBALでお問い合わせが多い教科です。計算や暗記などの量も多く、圧倒される方も多いのではないでしょうか。私(記事の筆者)にとっては一番苦手な科目でした。
こんなテーマについて話そう!

  • PhysicsはSLでも難しすぎる…
  • 公式は覚えているけど、問題にどの公式を使えばいいかわからなくなる
  • レポートはどうやって書けば点が上がるの?
  • Optionはどの単元が面白い?

など

ファシリテーターより

足立さん
国内一条校でIBを取得。HLはMath、 English B、Physics、SLは Japanese A、Chemistry、 ESSを履修。トークセッションではPhysicsの部屋などを担当。

Topic 3のThermal Physicsが理解しやすく、親しみやすかったので好きでした。反対に、Topic 5のElectricity and Magnetism やTopic 11のElectromagnetic Inductionの電気系が苦手でした。大変だった思い出は、IAの実験で食塩水を使ったのですが、そのせいで機械が故障して食塩水の代わりに砂糖水を使って一から全部やり直したことです。
それでも、Physicsはすごく難しくて最初は本当に辛いけれど、努力した分がきちんと報われる教科だから諦めないでほしいです。


紹介した部屋以外にもChemistry、Japanese、Visual Artsなどの他科目やCAS、EE、TOKの部屋があります。DP2年生からDPが始まる前のPre-IB生の方まで、気軽にご参加ください!

この記事のカテゴリー・タグ

>> グローバル教育情報トップに戻る