生徒、保護者のためのグローバル教育情報 by EDUBAL

グローバル教育情報では、海外子女向けの最新情報・お役立ち情報を発信しています。

エデュバル無料メルマガの魅力

2021.08.15

【文系編】帰国子女大学受験/IB入試でおすすめの大学ランキング【2021年度版】

帰国文系大学ランキング

多くの大学で帰国子女入試やIB入試が実施されています。とは言え、一般入試に比べて情報が少なく、どの大学を受験すれば良いのか分からないという方も多いのではないでしょうか。そこで、帰国大学受験の経験がある筆者が、帰国子女入試、IB入試を実施している文系の大学をランキングにしました。

グローバル教育、入試の受けやすさ、学校生活の3つの項目をそれぞれ10点満点で評価し、合計点(30点)が高い大学を国公立と私立を5校ずつ掲載しています。

  • 帰国子女入試・IB入試を実施している大学を知りたい
  • グローバル教育が盛んな大学で学びたい
  • 受験しやすい大学が知りたい

と言う方はぜひご覧ください!

 

※情報は記事公開日時点のものです。公式サイトで最新の情報を必ずご確認ください。

 

【2021年度版】帰国子女枠受験/IB入試でおススメの大学ランキング【理系編】

 

目次

  1. ランキングの評価基準について
  2. 【帰国大学受験 文系ランキング】私立大学編
  3. 【第1位】上智大学 (26点)
  4. 【第2位】慶應義塾大学 (25点)
  5. 【番外編】立命館大学グローバル教養学部
  6. 【第3位】早稲田大学 (24点)
  7. 【第4位】立教大学 (23点)
  8. 【第5位】国際基督教大学 (23点)
  9. 【私立大学】6位~10位
  10. 【帰国大学受験 文系ランキング】国公立大学編
  11. 【第1位】一橋大学 (22点)
  12. 【第2位】横浜国立大学 (21点)
  13. 【第3位】東京外国語大学 (20点)
  14. 【第4位】筑波大学 (19点)
  15. 【第5位】東京大学 (18点)
  16. 【国公立大学】6位~10位
  17. 帰国大学受験はEDUBAL!

ランキングの評価基準について

 

グローバル教育 留学制度、留学生の比率
英語学位プログラム
英語で開講される授業
海外大学との連携
学校生活 学科、コースの多様性
教員数
立地
入試の受けやすさ 帰国子女入試、IB入試の有無
入試の要件 (科目数、統一試験、共通テストの有無など)
合格者数、倍率

 

以上の3項目を各10点満点で評価し、総合得点の高い大学を順にランキング形式で掲載しています。

入試の受けやすさに関しては、帰国子女入試であったら共通テスト・独自試験の有無、IB入試であったらHL科目の履修が必須か、といった観点で評価しています。

ランキング形式ではありますが、総合得点に限らず、グローバル教育を重視する方であればグローバル教育の評価が高い学校、入試方式を重視される方は入試の受けやすさの評価が高い学校を参考にするなど、ご関心に合わせてご覧ください。

【帰国大学受験 文系ランキング】私立大学編

 

まずは帰国生・IB生におススメな私立大学をご紹介します!

【第1位】上智大学 (26点)

 

グローバル教育 ★★★★★★★★★★ (10点)
入試の受けやすさ ★★★★★★☆☆☆☆ (6点)
学校生活 ★★★★★★★★★★ (10点)

 

帰国文系大学ランキング 【第1位】上智大学

 

豊富な英語学位プログラム

上智大学で英語学位プログラムを取得できるのは、国際教養学部と2020年に新設されたSophia Program for Sustainable Future (SPFS)に含まれる6つの学科です。

その他にも、SAIMSやGCPといった英語プログラムが用意されており、大学に入ってから英語を学ぶこともできます。また、留学生の数が他の大学に比べて非常に多いのも上智大学の特徴です。

学部の総生徒数1万2,000人に対して留学生が2,700人在籍しており、キャンパス内で多くの留学生と交流することもできます。

 

受験のハードルが低め

上智大学は、全ての学部で帰国生入試とIB入試を実施しているので、興味のある学部を受けやすいでしょう。選考方法は、成績やTOEFLを踏まえた書類選考に加え、小論文や面接と一般的な帰国子女入試と同様です。

TOEFLで必要なスコアが72点であったり、IBの点数の基準が厳格でないなど受験のハードルが低めと言えます。ただ、高い点数を取っている人が受験する可能性は十分にあるので、できるだけ高い点数を取っておくに越したことはないです。倍率は3倍とこちらも平均的です。

 

上智大学の基本情報

所在地
(メインキャンパス)
東京都千代田区紀尾井町(四谷)
偏差値
(マナビジョン調べ)
60~79
受験可能な文系学部 神、文、社会、法、経済、商、人間福祉、国際、教育、総合政策
公式HP 上智公式HP

 

【第2位】慶應義塾大学 (25点)

 

グローバル教育 ★★★★★★★★☆☆ (8点)
入試の受けやすさ ★★★★★★★☆☆☆ (7点)
学校生活 ★★★★★★★★★★ (10点)

 

帰国文系大学ランキング 【第2位】慶應義塾大学

 

英語学位プログラムとダブルディグリーの両方が受けられる

慶應義塾大学は全ての項目で高い点数を獲得していますが、特にグローバル教育に力が入れられています。慶應義塾大学では、英語学位プログラムのPEARLやGIGAに加え、海外の協定校の学位を取得できるダブルディグリープログラムが商学部と経済学部で設置されています。

英語開講科目も1,000以上開講されていて、様々な講義を英語で授業を受けることもできます。なお、PEARLとGIGAはどちらも9月入学のみです。

 

受験の倍率が低い

慶應義塾大学では、帰国子女入試では6学部、IB入試では法学部のみに出願することができます。そして、文系学部の倍率は約1.7倍と他の大学と比較して顕著に低いです。そのため、志望学部を選びやすいだけでなく、合格できる確率も高く受験する価値はあるでしょう。

しかし、必要なTOEFLのスコアは少し厳しいようです。スコアの基準は募集要項に明記されていませんが、慶應大学に在籍するEDUBALの講師は100点以上を取っている人が多いので、なるべく高い点数を取っておく必要がありそうです。

 

 

大学の基本情報

所在地
(メインキャンパス)
東京都港区三田
偏差値
(マナビジョン調べ)
70~82
受験可能な文系学部 帰国:文学部、経済学部、商学部、法学部、総合政策学部、環境情報学部
IB:法学部
公式HP 慶應大公式HP

 

【番外編】立命館大学グローバル教養学部

IB生や帰国子女の皆さまの中には、「大学では文系・理系問わず、様々な分野の知識や経験を得たい」とお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。「リベラルアーツ」学部は、理系や文系問わず、複数の分野を学ぶことができることから、近年人気が高まってきています。
 
立命館大学は、日本政府から「Top Global University(スーパーグローバル大学創成支援事業)」の大学に認定され、グローバルな教育に力を入れています。その中でも、グローバル教養学部(GLA)は、大阪いばらきキャンパスに学ぶ場を構え、国内学生と国際学生とが日々共に学びを深めています。さらに、GLAは立命館大学とオーストラリア国立大学の2つの学位取得を目指す「デュアル・ディグリー・プログラム」であり、全ての授業を英語で履修します。海外の大学と日本の大学で決めかねている人や、海外でも日本でも経験を積みたいとお考えの方には大変おすすめです。
 
【特徴的な授業】
週2回、合計30回で構成された授業の内、「レクチャー型」と、「チュートリアル型」の授業でインプットとアウトプットの両方を通して学びます。教授とのコミュニケーションも重視しつつ、少人数でのグループワークやディスカッションを繰り返すことで知識を積み上げ、問題解決の力を伸ばしていきます。海外で学んできた生徒やIBでの学びを経験してきた皆さまにとって、今までの経験やスキルを最大限に活かせる場が整っています。
 
【学生生活】
さらに、GLAの生徒は「学修支援室(Academic Advising Center: AAC)」の利用ができ、卒業までどのように自身の勉強を積み上げていくのかを支援してくれます。立命館大学には、その他にも多くの学生をサポートする団体が整っているため、入学してからも安心です。
そして、国内学生だけではなく、国際学生とも一緒に生活を共にする学生寮の環境が整っているため、グローバルな大学を視野に入れているIB生や帰国子女にとっても非常におすすめの大学です。
 
下記では、グローバルな環境を求めている生徒にとっての立命館大学グローバル教養学部(GLA)の魅力をご紹介しておりますので、ぜひご覧ください!

 

【第3位】早稲田大学 (24点)

 

グローバル教育 ★★★★★★★★★★ (10点)
入試の受けやすさ ★★★★☆☆☆☆☆☆ (4点)
学校生活 ★★★★★★★★★★ (10点)

 

帰国文系大学ランキング 【第3位】早稲田大学

 

4学部の英語学位プログラム

早稲田大学では、看板学部の政治経済学部 (EDESSA) に加え、社会科学部(TAISI)、国際教養学部(SILS)、文化構想学部(JCulP)で英語学位プログラムが設置されています。なお、政治経済学部は9月入学で、SILSはAO入試の海外選考枠なのでご注意ください。

 

受け入れ、派遣共に盛んな留学

早稲田大学では、留学の受け入れも派遣も盛んです。そして、学生の5、6%が留学生と他大学と比べても多いです。割合としては少なく見えても2,000人以上の外国人が在籍しているため、国際交流が可能です。

また、早稲田大学が留学が非常に盛んで、学生数の約12%に相当する約4,500名が留学に参加しているので、在学中に言語力を生かして海外の大学で学ぶことも可能です。

 

大学の基本情報

所在地
(メインキャンパス)
東京都新宿区戸塚町(高田馬場)
偏差値
(マナビジョン調べ)
70~82
受験可能な文系学部 帰国:経済、社会、法、教育、商、基幹理工、創造理工、先進理工
公式HP 早稲田大公式HP

 

【第4位】立教大学 (23点)

 

グローバル教育 ★★★★★★★☆☆☆ (7点)
入試の受けやすさ ★★★★★★☆☆☆☆ (6点)
学校生活 ★★★★★★★★★★ (10点)

 

帰国文系大学ランキング 【第4位】立教大学

 

高いレベルの英語学位プログラム GLAP

立教大学には、2017年度から新設されたGlobal Liberal Arts Program(GLAP)と言う英語学位プログラムがあります。GLAPでは、全ての授業をを英語で学べることはもちろんのこと、授業が1クラス5名程度の少人数であったり、1年半の間留学生と共に寮で暮らすなど、英語に密着した生活が送れます。そして、1年間の留学が含まれており、リベラルアーツ教育に定評のある立教大学の協定校でを学ぶことができます。

大学の基本情報

所在地
(メインキャンパス)
東京都豊島区西池袋
偏差値
(マナビジョン調べ)
66~79
受験可能な文系学部 帰国:経済
公式HP 立教大公式HP

 

【第5位】国際基督教大学(ICU) (23点)

 

グローバル教育 ★★★★★★★★★☆ (9点)
入試の受けやすさ ★★★★★★☆☆☆☆ (6点)
学校生活 ★★★★★★★★☆☆ (8点)

 

帰国文系大学ランキング 【第5位】国際基督教大学

 

Global ICUを通じたグローバル教育

国際基督教大学(ICU)は、グローバル教育に力が入れられています。Global ICUと称されるプロジェクトの許に、大学の国際化が図られており、留学や英語での授業などを更に増やすべく様々な施策が打たれています。

留学に関しては特に力が入れられていて、学生の56%が卒業までに留学を経験しているため、入学後は留学がしやすいでしょう。また、English for Liberal Arts Programと呼ばれる全ての授業を英語で受けられるプログラムも用意されています。

 

大学の基本情報

所在地
(メインキャンパス)
東京都三鷹市
偏差値
(マナビジョン調べ)
79
受験可能な文系学部 帰国:教養
公式HP ICU公式HP

 

国際基督教大学(ICU)の国際バカロレア(IB)生にとっての魅力とは?

【私立大学】6位~10位

このランキングではトップ5校を紹介しましたが、他にもおススメの私立大学は全国に多数存在します。ここでは、惜しくもトップ5にランクインしなかった私立大学を紹介します。いずれも素晴らしい大学なので、ぜひ志望校選びの参考にしてみてください。

【第6位】明治大学 (20点)

【第7位】同志社大学 (18点)

【第8位】法政大学 (17点)

【第9位】立命館アジア太平洋大学 (APU) (16点)

【第10位】中央大学 (15点)

 

 

【帰国大学受験 文系ランキング】国公立大学編

 

次に帰国生・IB生におススメな国公立大学をご紹介します!

【第1位】一橋大学 (22点)

 

グローバル教育 ★★★★★★★★☆☆ (8点)
入試の受けやすさ ★★★★★★★☆☆☆ (7点)
学校生活 ★★★★★★★☆☆☆ (7点)

 

帰国文系大学ランキング 【第1位】一橋大学

 

留学の経済支援が豊富

一橋大学では、海外に留学に行く学生が全体の約10%と他の大学と比べて高い水準です。この背景には、充実した留学支援制度があります。様々な種類の奨学金を用いて留学することができますが、それらは同窓会組織や卒業生の寄付から供出されています。

OBOGからの多額の寄付があることはもちろんのこと、学生数が少ないことで学生一人一人への経済支援が手厚いのは一橋大学ならではです。

 

統一試験などの提出が必要ない

一橋大学の出願には、TOEFLなどの統一試験の提出が必須ではありません。他の大学では多くの場合TOEFLの点数で足切りがあったり、書類審査でスコアを見られたりすることがありますが、一橋大学ではそれがありません。そのため、TOEFLのスコアに自信がなくても挑戦することができます。

とはいえ、選考では1次で英語と小論文が課されます。英語の問題は一般入試のものと同じですが、国立大学ということで難しいので準備は必要です。また、小論文もテーマが難しいので注意しましょう。

 

 

大学の基本情報

所在地
(メインキャンパス)
東京都国立市
偏差値
(マナビジョン調べ)
77~85
受験可能な文系学部 帰国:商、経済、法、社会
公式HP 一橋大公式HP

 

【第2位】横浜国立大学 (21点)

 

グローバル教育 ★★★★★★★★☆☆ (8点)
入試の受けやすさ ★★★★★☆☆☆☆☆ (5点)
学校生活 ★★★★★★★★☆☆ (8点)

 

帰国文系大学ランキング 【第2位】横浜国立大学

 

留学生の受け入れと学生の派遣が共に盛ん

横浜国立大学は大学として国際戦略を行っており、学生にグローバルな経験を積ませることに力を入れています。横浜国立大学は、積極的に留学生を受け入れていて、学生の約10%が留学生とその割合は国立大学としては特に多いです。そして、学生の海外への派遣も盛んに行われていて、学生全体の約10%が留学に行っています。

 

受験が受けやすい

横浜国立大学は、受験の選考内容が比較的容易で受けやすいです。選考方法は小論文と面接のみで、書類は面接の時に総合的に評価されます。そのため、書類での足切り等はなく全員が受験できます。

そして、アメリカから帰国し経済学部を志望する生徒以外はTOEFLの提出が必要ないため、英語圏外に滞在していて英語があまり得意ではない場合にも受験しやすいです。

 

大学の基本情報

所在地
(メインキャンパス)
神奈川県横浜市保土ヶ谷区
偏差値
(マナビジョン調べ)
56~74
受験可能な文系学部 帰国:経済、教育、経営、都市科学
公式HP 横国大公式HP

 

【第3位】東京外国語大学 (20点)

 

グローバル教育 ★★★★★★★☆☆☆ (7点)
入試の受けやすさ ★★★★★☆☆☆☆☆ (5点)
学校生活 ★★★★★★★★☆☆ (8点)

 

帰国文系大学ランキング 【第3位】東京外国語大学

 

留学生数が多い

東京外国語大学では、留学生の受け入れが盛んです。学生の7%程が留学生で、キャンパスを歩くと多くの留学生を見ることができます。そのため、入学後は積極的に国際的交流をすることができます。

 

東京外国語大学は外国語を主に研究する大学だけあり、英語のみで開かれる授業が多く用意されています。そのため、日々の生活以外でも授業中に英語を使うことができ、帰国子女の強みを生かせるとともに英語力の維持にも非常に良いでしょう。

 

大学の基本情報

所在地
(メインキャンパス)
東京都府中市
偏差値
(マナビジョン調べ)
63~76
受験可能な文系学部 帰国:言語文化、国際社会、国際日本
公式HP 東京外大公式HP

 

【第4位】筑波大学 (19点)

 

グローバル教育 ★★★★★★★☆☆☆ (7点)
入試の受けやすさ ★★★★☆☆☆☆☆☆ (4点)
学校生活 ★★★★★★★★☆☆ (8点)

 

帰国文系大学ランキング 【第4位】筑波大学

 

3つの英語学位プログラム

筑波大学では、国立大学では珍しく3つの英語学位プログラムが設置されています。地球規模課題学位プログラムでは、英語で授業を受けるということはもちろんのこと、課題解決のために考え抜く思考力を養うと言う側面を持っており、非常にインタラクティブな授業を受けることができます。

 

IB入試がメイン

帰国子女が筑波大学に受験するには、帰国子女特別入試と国際バカロレア特別入試の選択肢があります。しかし、帰国子女特別入試は学部が2つしかないため、主に国際バカロレア特別入試での受験がおすすめです。

これはIBを中心に審査する形式なので、TOEFL等の統一試験のスコアの提出は求められません。とは言え、倍率が4倍を超えるなど非常に高く試験自体の難易度は高いようです。

 

大学の基本情報

所在地
(メインキャンパス)
茨城県つくば市
偏差値
(マナビジョン調べ)
60~77
受験可能な文系学部 帰国:生命環境
IB:人文・文化、社会・国際、人間、生命環境
公式HP 筑波大公式HP

 

【第5位】東京大学 (19点)

 

グローバル教育 ★★★★★☆☆☆☆☆ (5点)
入試の受けやすさ ★★★☆☆☆☆☆☆☆ (3点)
学校生活 ★★★★★★★★★★ (10点)

 

帰国文系大学ランキング 【第5位】東京大学

 

教養学部英語コース PEAK

東京大学では、文系の唯一の英語学位プログラムとしてPEAKが設置されています。PEAKは、最初の2年の前期課程で国際教養コースと後期課程の国際日本研究コースに分かれています。その名の通りリベラル・アーツを扱う学部で、近年人気の高い分野を東京大学でしかも英語で学べると言うのは非常に有意義な機会でしょう。

 

大学の基本情報

所在地
(メインキャンパス)
東京都文京区本郷
偏差値
(マナビジョン調べ)
77~83
受験可能な文系学部 帰国・IB:文科一類、文科二類、文科三類
公式HP 東大公式HP

 

【国公立大学】6位~10位

私立大学同様、おススメの国公立大学はトップ5校以外にも多数存在します。
惜しくもランクインを逃した6位~10位の大学は以下のとおりです。

【第6位】大阪大学 (17点)

【第7位】国際教養大学 (AIU) (17点)

【第8位】京都大学 (17点)

【第9位】岡山大学 (16点)

【第10位】東北大学 (15点)

 

 

帰国大学受験・IB入試対策はEDUBALにお任せください!

EDUBALは難関大学に通う帰国子女の大学生と、家庭教師を探している帰国子女の生徒をつなぐ家庭教師サービスです。

EDUBALでは、インターネットのビデオ通話と通して授業を行うため、帰国する前から受験対策を受けることができます。

  • 突然帰国をすることになったので、個別の対策をしてほしい!
  • 面接やエッセイの添削をしてほしい!
  • 苦手科目対策をしたい!
  • 志望校別対策をもっとしたい!

など、一人一人の生徒さまに合った指導ができるのは一対一の家庭教師ならではでしょう。

帰国子女大学入試の対策をお考えの皆さま、まずはEDUBALにご相談ください!

 

この記事のカテゴリー・タグ

>> グローバル教育情報トップに戻る