生徒、保護者のためのグローバル教育情報 by EDUBAL

グローバル教育情報では、海外子女向けの最新情報・お役立ち情報を発信しています。

エデュバル無料メルマガの魅力

2021.12.10

【IB教師インタビューVol.1】ただ一人、学校の体育館でIBの試験を終えた時…

オンライン家庭教師サービスEDUBALでは、IB生向けの冬期講習のお申込みを受付中です。開講科目は、Math、Physics、Biology、Chemistry、日本語A文学の5科目。

冬期講習に興味があるけれど、どんな先生が教えてくれるの?と気になる方のために、毎週、冬期講習の教師をブログで紹介します。第一弾は、Physics HL演習講座を担当するH先生! 教師自身のIB生時代や大学受験の体験談など、興味深い話が盛りだくさんです。

 

H先生のプロフィール
イギリス生まれ東京育ち。2018年5月海外インター卒。現在、Imperial College London, Faculty of Natural Sciences, Department of Mathematicsに在学中。
HL: Maths/Further maths/Physics/Chemistry
SL: Japanese A Literature/English B/Economicsを履修。
2018年から20名以上の生徒の指導経験を持つ。

 

Hさんは、Imperial College Londonに在籍されているのですね。大学ではどのようなことを学ばれていますか?

大学では幅広い分野の数学を学んできました。現在学部4年生ですが、3年生以降は履修科目の選択ができるようになって、統計学やデータサイエンスを主に学んでいます。

 

現在の学部を選んだ理由やきっかけはありますか?

中高時代に西アフリカでエボラ出血熱が流行した際、医療統計学の分野に興味を持ったことです。

 

HさんのIB時代についてお聞きしたいです。Hさんの学校の雰囲気や学習環境はどのようでしたか?

私は学年50人にも満たない小さなインターに通っていたので、指導は非常に手厚かったです。朝学校が始まる前も放課後も、職員室に行って助けを求めれば答えてくれる先生方がいました。また、IBDPの2年間は寮生活を送っていたので、夜、教室や図書館に友達と集まって、一緒に勉強したり教え合うことも習慣でした。非常に恵まれた環境だったと思います。

 

何かFinal Examに関しての思い出はありますか?

ほとんどの同級生が全ての試験を終えた試験週間の最終日に、私はChemistry HLとFurther Maths HLの試験があったことです。みんな解放されてリラックスしている中、寮で勉強するのは少し孤独でした。ただ一人学校の体育館で最後の試験を終えた時、中の様子を伺っていた友達が走り寄ってきて一緒に祝ってくれたのは良い思い出ですね。

 

Final Examに向けて「これをしておけばよかった!」と考えることはありますか?

時間を計って過去問を解き、試験時間集中して解き切る忍耐力をつけることです。過去問には早い時期から触れていましたが、1セット通す練習は数ヶ月前までしなかったので、もう少し早く始めても良かったかなと思います。

 

Final examの対策と、大学の出願の準備をどうやって両立していましたか?

7科目学習していたこともありIBの科目の勉強に時間がかかったので、できることは早く終わらせるようにしていました。TOEFLは夏休み中に受け、Personal Statement (イギリスの大学向けの志望理由書)も夏休み中に書き上げました。EEは12月までに完成させ、Final examに向けた本格的な勉強とは重ならないようにしました。

 

ズバリ、Final Examで高得点を取るために最も重要なことは何だと思いますか?

勉強時間の確保と正しい努力です。

 

IBをやって良かったことはありますか? IBで学んだことが、現在の大学での学びにどのように活かされていますか?

大学の勉強は桁違いに難しく、IB時代の自分の勉強は甘かったと感じることが多いです。ただ、IB時代に培った学問への興味と勉強を楽しむ姿勢は他のシステムでは得られなかったと思います。

 

HさんはなぜEdubalでの指導をしようと考えたのですか?

高校時代から人に教えることが好きだったからです。海外で自分と同じような経験をしている生徒さんや、国内でIBに取り組む生徒さんの力になれるのではないかと思って教師を始めました。

 

指導の際に心がけていることなどはありますか?

生徒さんが一つ一つの概念や解答のステップをしっかり理解できているか、頻繁に確認することを意識しています。一対一や少人数指導のメリットは生徒さんの弱点に焦点を当てた指導ができることだと思っているので、生徒さんの理解度を細かく認識することが大切だと考えています。

 

最後に、今回の冬期講習にあたっての意気込みをお願いします!

冬休みは最終試験に向けての本格的な復習が始まる前に自信をつける最適な機会だと思います。IB経験者としてスコアUPに繋がるような指導をします!
H先生からのメッセージ動画はこちら

 

H先生、ありがとうございました!
次回のインタビューは、Chemistry SL 演習講座を担当する久我先生です。

>> グローバル教育情報トップに戻る