各国の教育レポート

アメリカ(ニューヨーク)滞在・現地校・慶應義塾大学(男性)の教育レポート

レポーター:Y.T. 先生
アメリカ(ニューヨーク) 滞在
教育課程:日本の公立小学校卒業
12~15歳麻布学園
15~18歳をニューヨークの現地校
その後帰国子女枠の受験で慶應義塾大学法学部に進学

アメリカ(ニューヨーク)はどのような国でしたか?

麻薬や銀行強盗は近所で発生したが、自分が気をつけていれば犯罪の被害に合うことはなかった。車社会で学校の友達が一定数いれば楽しく過ごすことができた。

アメリカ(ニューヨーク)の教育事情について、良かったと思う点

数学がレベル別だったので、日本で落ちこぼれた自分にとってはまたとないチャンスとなった。また、プログラミングの授業など、興味を持った分野の授業もあったので非常に良い勉強環境であったように思う。

アメリカ(ニューヨーク)の教育事情について、悪かったと思う点

生徒の幅が広く、授業スピードが遅くなりがちであったこと。家庭教師をつけることのできる裕福な家の子供の成績が高く、不公平感は否めなかった。

アメリカ(ニューヨーク)に渡航・滞在する海外子女に向けてのアドバイス

覚悟が必要です。そして、楽しむことを心掛けてください。友達や課外活動が充実すれば、苦しい英語のレベルアップもきっと楽しいものになります。そういう意味では全力で真面目に楽しむという難しいミッションに挑戦する覚悟が必要となるでしょう。

EDUBALに関するお問い合わせ

EDUBALでは、海外在住の生徒様ならではのお悩みと真摯に向き合い、指導させていただきます。
まずは お問い合わせ からご依頼、ご相談ください。

電話でのお問い合わせ

電話受付 平日10:00~21:00 (日本時間)

メールでのお問い合わせ
2021年夏期講習 エデュバル無料メルマガの魅力

> もっと見る

短期集中