各国の教育レポート

中国(広州)滞在・インター・慶應義塾大学(男性)の教育レポート

レポーター:清本 先生
中国(広州) 滞在
教育課程:3~6才 メイン州の現地校
6~10才 神戸市に公立の小学校
10~18才 広州のインターナショナルスクールで、IB Diploma取得
その後、帰国子女枠受験にて慶應義塾大学進学。

中国(広州)はどのような国でしたか?

私が住んでいた中国広州市では日本と比べては治安は悪く、スリなどありましたが、世界的には平均以上でした。私は平和で安全な暮らしができました。忙しい街にも関わらず現地の方々は優しくフレンドリーでした。マナーの欠如など指摘されますが、私は気にせず過ごせました。様々な海外企業が広州にオフィスを持っており、多彩な文化を楽しめました。

中国(広州)の教育事情について、良かったと思う点

広州に限りませんが、日本に比べ暗記重視ではなく、思考力・発展力を育ててる教育課程が良かったです。数学や物理の公式は暗記する必要はなく、それらをいかに応用させるかが楽しかったです。

中国(広州)の教育事情について、悪かったと思う点

私の学校は周囲のインターナショナルスクールと比べ英語力が高かったため、入学当時は苦労しました。4年ほどESLの授業などを受け、外国語が勉強はできませんでした。しかし卒業時には英語が流暢にしゃべれるようになったので、最終的にはいい経験だったと思います。

中国(広州)滞在中の学習サポートについて

11~12年生にかけて一時期日本人向けの塾に通っていました。主に日本の大学受験情報を求めて通っていました。

中国(広州)に渡航・滞在する海外子女に向けてのアドバイス

今はまだ誰もが海外で勉強したいと願えば勉強できる時代では無いです。海外での経験は貴重で必ず役に立ちます。しかし全ては自分のメンタリティ次第なので、ポジティブ精神は重要です。あと現地に日本人が多く、日本人のコミュニティーを離れなければ海外で得れる経験を無駄にしていると思います。ポジティブ精神と冒険心は持った方が良いです。

EDUBALに関するお問い合わせ

EDUBALでは、海外在住の生徒様ならではのお悩みと真摯に向き合い、指導させていただきます。
まずは お問い合わせ からご依頼、ご相談ください。

電話でのお問い合わせ

電話受付 平日10:00~21:00 (日本時間)

メールでのお問い合わせ
2021年夏期講習 エデュバル無料メルマガの魅力

> もっと見る

短期集中