教師紹介

教師インタビュー:小池 先生

koike

教師氏名小池 先生

所属大学 / 学部東京大学 理学部

滞在国 / 滞在歴ドイツ/ミュンヘン/4~10/インターナショナルスクール
アメリカ/シカゴ/12~17/現地校

指導可能科目小学生:英語,国語,算数,社会,理科
中学生:英語,国語,数学,理科,Essay,英語の面接
高校生:現代文,文系数学,理系数学,物理,化学,Essay,英語の面接

特記事項557342(教師問い合わせ番号)

担当コース

  • Essay(小論文)添削サービス /
  • SATコース /
  • SSATコース /
  • TOEFLコース /
  • インターナショナルスクールコース /
  • 低学年コース /
  • 帰国子女中学受験コース /
  • 帰国子女大学受験コース /
  • 帰国子女高校受験コース /
  • 短期集中コース /
  • 短期集中プレミアムコース /
  • 英会話コース /
  • 英検コース /
  • 通常コース

海外での経験

海外の学校では成績がいいと難易度の高い授業ばかりを受けるようになるので、一部の成績優秀な生徒とばかり会うようになります。しかし、必ずしも成績が良くはないが魅力的な学友と仲良くなるために、成績と関係なく振り分けられる体育の授業では積極的に周りの人に話しかけ、色んな人種や活動をする人と仲良くしていました。
子供の頃から何度も国を跨いで引越してきたので、その都度学校で自分だけ習っていないことがあるという状況に置かれてきました。その知識の溝を埋める度にどこまで遡ればいいのか、どの本を買って授業外で勉強すればいいのかを考えて実践していく過程で、授業で教師から与えられたものだけでなく自分が興味のあることを効率よく勉強出来るようになったと思います。
中学、高校では運動部以外にも数学の大会に参加する部やクイズ部に所属していました。また、アメリカではボランティアがとても盛んで、僕自身知的障害をもつ児童と遊ぶボランティアや東北大震災の被災地でのボランティアに参加しました。それらの経験から、勉強をするだけでは学べなかったであろう、偏見を持たずに人と接する生き方や、当たり前に感じる今を大切にする気持ちが養われました。

指導への意気込み

日本の大学入試対策でも海外大志望でも、皆さんの挑戦の手助けが出来れば嬉しいです

この教師のおすすめポイント

人懐っこい笑顔が印象的な教師です。持前のポジティブさを武器に、生徒様を励まし、モチベーションアップを図ります。身振り手振りを交えながら、生徒様に楽しいと思ってもらえる授業をします。

EDUBALに関するお問い合わせ

EDUBALでは、海外在住の生徒様ならではのお悩みと真摯に向き合い、指導させていただきます。
まずは お問い合わせ からご依頼、ご相談ください。

電話でのお問い合わせ

電話受付 平日10:00~21:00 (日本時間)

メールでのお問い合わせ

> もっと見る

短期集中