教師紹介

教師インタビュー:田中 先生

tanaka

教師氏名田中 先生

所属大学 / 学部慶應義塾大学 経済学部

滞在国 / 滞在歴アメリカ・カリフォルニア州/0~10/現地校

指導可能科目小学生:英語
中学生:英語,Essay,英語の面接
高校生:英語,Essay,英語の面接
IB:
【HL】日本語A、経済A

特記事項557990(教師問い合わせ番号)

担当コース

  • Essay(小論文)添削サービス /
  • IBコース /
  • TOEFLコース /
  • インターナショナルスクールコース /
  • 低学年コース /
  • 短期集中コース /
  • 短期集中プレミアムコース /
  • 英会話コース /
  • 英検コース /
  • 通常コース

海外での経験

生徒会長だったので、インターナショナルスクール特有の様々なバックグラウンドや考え方を持つ多くの生徒達と触れ合うことができました。非常に競争率の高い選挙を、全校生徒の前で行う演説や様々な選挙運動を通して勝ち進むことは大変でした。会長になった後は、学校をより良い場所にする為、他の生徒会のメンバーと協力してまとめていました。学校のイベント開催と受験や IB の両立でかなり忙しくしていました。
生徒会長は当然ながらMeetingをまとめる役目を果たさなければなりません。生徒会メンバーを合わせて12名でMeetingを行うわけですが、皆様々な国から来ているため、違った考え、ユニークな考えを持っています。中学と高校と生徒会長をやって来た経験の中で僕はこのような場面に何度も直面しました。そして、様々な考えを衝突する中でも、どの考えも合意できるような可決策に生徒会のチームを導き、学校を生徒にとってより良い場所にするようにできました。
Promは毎年生徒会が行う大きな卒業生の為のイベントです。そのための費用も全て生徒会で集め、会場を探し、学校からより多くの生徒が参加するようにassemblyを開いたり、PRしなければなりません。そのため、資金集めの様々なイベントも行い、街を巡りながら会場を探し、学校内では情報が多く回るようにassemblyを開き、広告も配り、校内にも貼り紙をしました。このような努力を通して、僕の生徒会はPromを成功させることができました。そして僕は、このように多くの困難や喜びを共にすることができた生徒会のメンバー一人一人と、とても固い絆が築かれて行ったことをとても嬉しく感じました。

指導への意気込み

アメリカで生まれ育ち、インターナショナルスクールを卒業した自分の様々な国の人と触れ合って来た経験、生徒会など多くのクラブやグループでの経験、名門校合格のためにした勉強を活かし全力で生徒様をサポートさせていただきます。

この教師のおすすめポイント

真面目で解説の上手な教師です。生徒さんの理解を測りながら解説・指導が可能です。

EDUBALに関するお問い合わせ

EDUBALでは、海外在住の生徒様ならではのお悩みと真摯に向き合い、指導させていただきます。
まずは お問い合わせ からご依頼、ご相談ください。

電話でのお問い合わせ

電話受付 平日10:00~21:00 (日本時間)

メールでのお問い合わせ

> もっと見る

短期集中