教師紹介

教師インタビュー:田中 先生

tanaka

教師氏名田中 先生

所属大学 / 学部Queensland University of Technology 看護学

滞在国 / 滞在歴ニュージーランド/オークランド/14~15/現地校
オーストラリア/ブリスベン/17~/現地校

指導可能科目小学生:英語,算数,理科
中学生:英語,数学,Essay,英語の面接

特記事項675035(教師問い合わせ番号)

担当コース

  • 低学年コース /
  • 短期集中コース /
  • 短期集中プレミアムコース /
  • 通常コース

海外での経験

中3時のNZへの留学では、積極的に先生に質問したり、談笑などもしたりして、英語力を伸ばす努力をしていました。
現在の大学生活では、日本人が同じコースにあまりいないので、授業や課題の内容はもちろん、友達との会話も全て英語で理解することが前提だったので、多少苦労はしました。しかし、運よく周りには志の高い同志が多くいたので、勉強もはかどりました。最初の看護実習では看護師や患者のオーストラリア訛りが聞きにくいと感じ、ミスコミュニケーションが起こってしまいましたが、様々な経験を経て、今では患者さんやその家族、看護師、医師、その他の医療従事者とのコミュニケーションも円滑に行うことが出来るようになりました。加えて、病院以外での緊急時にも対応することもできるようになりました。(救急車が来るまでの応急処置等)
英語力に関しては、普段からBBC Newsを読んだり、TED talksを視聴したり、現地の友達と外出したり、英語のYouTubeチャンネルを観ています。
大学の授業以外では、headspaceという機関で、12-25歳の若者の為のメンタルヘルスについての世間への理解を深めるために、イベントなどのボランティア活動を約1年間現在でも続けています。
日本国外にいると同時に、日本人としてのアイデンティティは一層強まり、日本人や日本文化に興味のある人たちが集まるQUT Japanという大学内サークルに2年所属してました。1年半英語で日本語を教えるとともに、最後の一年間は会長として様々なイベントを幹部で話し合い、企画・実行しました。

指導への意気込み

授業内容を一人一人の生徒様のニーズに合うよう丁寧に準備して、少しでも生徒様やご家族の勉強や将来への不安を取り除けるよう、少しでもお力になれるようという心がけをして指導しようと思っています

この教師のおすすめポイント

笑顔が多く、初対面でも話しやすい教師です。自分が勉強面で苦労していた経験があり、その経験をもとに生徒様に向き合うことができます。

EDUBALに関するお問い合わせ

EDUBALでは、海外在住の生徒様ならではのお悩みと真摯に向き合い、指導させていただきます。
まずは お問い合わせ からご依頼、ご相談ください。

電話でのお問い合わせ

電話受付 平日10:00~21:00 (日本時間)

メールでのお問い合わせ
エデュバル無料メルマガの魅力

> もっと見る

短期集中