お電話でのお問い合わせ

EDUBALでは、海外在住の生徒様ならではのお悩みと真摯に向き合い、指導させていただきます。

03-6756-8620

電話受付 平日10:00~19:00 (日本時間)

閉じる

EDUBALでは、海外在住の生徒様ならではのお悩みと真摯に向き合い、指導させていただきます。

03-6756-8620
電話受付 平日10:00~19:00 (日本時間)

立命館大学デュアル・ディグリー・プログラム模擬授業開催

教師紹介

教師インタビュー:大口 先生

  • 教師氏名

    大口 先生

  • 所属大学 / 学部

    早稲田大学 国際教養学部

  • 滞在国 / 滞在歴

    シンガポール/シンガポール/14歳~18歳/インターナショナルスクール

  • 指導可能科目

    小学生:英語,算数
    中学生:英語,数学,Essay
    高校生:英語,文系数学,Essay
    IB:
    【HL】Economics
    【SL】Japanese A, Biology, Math

  • 特記事項

    897386(教師問い合わせ番号)

担当可能なコース

  • IBコース / 
  • 帰国子女大学受験コース / 
  • TOEFLコース / 
  • 英会話コース / 
  • 通常コース / 
  • インター・現地校コース / 
  • 短期集中コース / 
  • Essay(小論文)添削サービス / 

海外での経験

私は中学三年生の夏頃から高校卒業時まで、父の駐在を理由にシンガポールのインターナショナルに通いました。それまで海外に行ったことがなく、公立中学校に通っていたので英語のレベルも低く不安だらけのまま転校しました。最初の英語のテストで「smell」という単語ですらわからなかったことを今でも覚えています。しかし、出された課題をこなすだけでなく、音読練習や単語の暗記などを毎日欠かさず続けた結果、英語とコミュニケーション力を向上させることができました。学校生活で特に意識したのは、日本人だけで固まらず外国人と友達になることです。英語ができなかったからこそ、自分から外国人の友達を作ろうと努めました。また、野球部を立ち上げたり、全校生徒の前でプレゼンをしたりと、周りから頼られる存在になることができました。特にMathが得意で友達によく問題の解き方を教えていました。また、スポーツが好きで野球、サッカー、アルティメットフリスビーなど様々なクラブ活動に参加しました。学校に野球部がなかったので、American Schoolの野球部に参加していました。スポーツと友達を通して英語を習得し、小さな目標を立てながら行っていました。

G11から12は大学受験やIB、TOEFLのことで特にストレスが溜まり、なかなか上手くいかない時期が続いたのを今でも思い出します。勉強だけでなく、受験や新しい環境の中で頑張る生徒たちの不安などを聞きながら、自分の経験を生かし一緒に頑張っていきたいと思っています。

指導への意気込み

「わかりやすく丁寧に」をモットーに、生徒に寄り添いながら一緒に頑張っていきたいです

この教師のおすすめポイント

落ち着いた性格で、お兄さんタイプの教師です。生徒様とのコミュニケーションを大切にしながら、学習指導だけでなく勉強に対するモチベーションからのサポートを目指します。