教師紹介

教師インタビュー:坂本 先生

教師氏名坂本 先生

所属大学 / 学部University College London (ロンドン大学) 建築学部

滞在国 / 滞在歴台湾/台北、高雄/0歳~6歳/現地校
アラブ首長国連邦/ドバイ/6歳~10歳/日本人学校
インドネシア/ジャカルタ/11歳~18歳/インターナショナルスクール

指導可能科目小学生:英語,社会
中学生:英語,社会,Essay
高校生:英語,物理,地理,現代社会,Essay
IB:
【HL】Geography, Physics
【SL】English A lit

特記事項929709(教師問い合わせ番号)

担当コース

  • IBコース /
  • IELTSコース /
  • インター・現地校コース /
  • 一般受験コース /
  • 英会話コース

海外での経験

道路の脇に所狭しと並ぶトタン屋根の家、その前を裸足で駆け回る子供達、市内を走る電車の上に座る人々、これらを初めて見た時の衝撃は今でも覚えています。それから約七年間、目に見える発展を遂げていくジャカルタで過ごす日々の中、私は変化を必要とする人々のために役立つ人になりたいと思うようになりました。中学三年生の時に同級生三人と共に現地の孤児院で始め他奉仕活動を通して、当たり前と思っていた日常生活がインドネシアの多くの子供達には当たり前からかけ離れたものであり、自分達がいかに恵まれているかを実感しました。同時に、ただ生まれた環境が違うという理由で教育を受ける事が出来ている私達は、今学んでいる事を、将来人のために役立てられるようにする義務があると思うようにもなりました。また、国際バカロレアDPの課題論文(Extended Essay)のテーマとして、ジャカルタのスラム街に住む人々の生活水準を調べるためにスラム街でデータを取った時、彼らの厳しい生活の現実を目の当たりにしました。やり場のない無力感を感じると同時に、水、電気、ガスのどれもが十分に利用できない環境にあるにも関わらず、笑顔を絶やさず真摯に生きる人々の姿に強く心を動かされました。私は生活水準の改善を最も必要とする彼らを助けるのに必要な発展を最前線で行いたいと思う気持ちから、イギリスで建築工学を学ぶことを決めました。十代の半分以上を過ごしたジャカルタが今の私の関心と将来の夢の発端です。

指導への意気込み

長い海外生活で得た経験を活かしながら、一人一人の生徒様に合わせた適切な指導法やサポートができるよう精一杯努めます

この教師のおすすめポイント

多彩な海外経験を活かし、生徒様ひとりひとりに向き合った指導を目指します。笑顔で楽しく授業を行い、生徒様との会話を大切にしていきます。

EDUBALに関するお問い合わせ

EDUBALでは、海外在住の生徒様ならではのお悩みと真摯に向き合い、指導させていただきます。
まずは お問い合わせ からご依頼、ご相談ください。

電話でのお問い合わせ

電話受付 平日10:00~21:00 (日本時間)

メールでのお問い合わせ
エデュバル無料メルマガの魅力

> もっと見る

短期集中