合格・受講体験談

IBコース体験談:Japanese self taughtを受講しました!

中3からの初海外。IB Japanese A Self-taughtを家庭教師の先生と乗り切りました!

氏名:G.Tさん
性別:男性
受講コース:IBコース
海外滞在国:アブダビ(3年)

生徒様の声

“先生のアドバイスやノウハウを吸収していくうちに、日本語で表現することに自信が持てるようになりました”

EDUBALの家庭教師をつけたきっかけを教えてください。

僕は中3の終わりから初めて海外に行ったので、英語が特別得意な訳ではありませんでした。そこで学校の先生からEnglish Aをとるより母国語であるJapaneseをAでとった方が負担が少なくていいのではないか、とアドバイスをもらいJapaneseをセルフトートでやろうと決めました。同じくJapaneseをセルフトートでとった先輩がオンラインで家庭教師をつけていると聞き調べてみたところ一番上にEDUBALがヒットし、ホームページもわかりやすかったので、とりあえず連絡をして体験授業を受けることに決めました。

 

オンライン指導という点について、受ける前の不安はありましたか?また、実際受けてみていかがでしたか?

オンラインでの指導を受けるのは初めてだったので、話しているあいだに間が空いてしまったらどうなるんだろうなどと、イメージができなかったので不安な所は多少ありました。しかし実際始めてみると先生との年齢が近いこともあり、気まずさなどはありませんでした。

 

Japaneseの指導を受ける前に課題感などはありましたか?また、それらはどのように解消されましたか?

こちらに来てから日本文学の分析や、日本語で書くということをしていなかったのでやはり最初は不安でした。例えば初めて読んだ課題図書が世界文学の「素晴らしい新世界」と「香水」という作品だったのですが、最初はどういうところに注目して読めばいいのか、内容からどういう風に広げればいいのか、といったことが全くわかりませんでした。そんな中、共に読みながら解釈を確認し、ガイドをしてくれる先生がいたのはとても心強かったです。 また、エッセイを書き始めてからも先生は課題に対して添削を細かくしてくれましたが、どうしてそこを添削したのかの説明もしてくれたので納得して受け入れることができました。先生のアドバイスやノウハウを吸収していくうちに、少しずつ日本語で表現することに自信が持てるようになりましたし、どんどん正しい方向に向かっていけているという感覚がありました。

 

“勉強のことだけでなく、人生の先輩として色々なお話を聞けたのは楽しかったです!”

先生の授業はどのようなものでしたか?

グループで学ぶ学校での授業とは異なり一対一での授業ということで、最初はどんなものなのだろうと思っていましたが、年があまり離れていないこともあり意見が言いやすく身近に感じながら話すことができました。また日本語での授業が一方的な指導ではなく、ディスカッションベースで進むという点も新鮮でした。ディスカッションをする中で自分では気づかなかった視点に気づくことができて面白かったです。 また、僕は中3まで日本の普通の中学に通っていたので、日本語での授業というのはある意味息抜きのような存在で、授業中は自分の意見を述べるということに集中できたので、普段の学校の授業とは異なる楽しさがありました。

 

先生との具体的なエピソードや思い出はありますか?

先生は日本から海外の大学に進学された方だったのですが、僕も日本人として海外の大学に進学する予定なので、大学での生活や寮生活の経験談を聞けたのはとても印象に残っています。指導やIBのことだけでなく、人生の先輩として色々なお話を聞けたのは楽しかったです。

 

実際授業を受けて、実力が伸びたという実感はありますか?

とてもあります。やはり文章を書く能力や構成を考える力、また作品を短時間で分析する能力など、指導を受ける前に比べると格段に力がついたと自信を持って言えます。 最終試験では直前に行った過去問と同じ質問が出て、原稿用紙6枚分ぐらいをかなりスラスラと書くことができるといういい意味でのサプライズがありました。これも試験前のかなり直前まで色々な種類の過去問を解いて添削をしてもらい、何回も練習を行えたことで出来たことだと思います。

“セルフトートは学校の授業が始まる少し前から指導をお願いし、実力を把握する時間をとる事をおすすめします”

これからIB Japaneseを学ぶ予定の方々にアドバイスやメッセージをお願いします。

僕はIBの1年目が始まる少し前の夏休みからJapanese指導をお願いしたのですが、そこで先生に実力を見てもらえたのでお互い授業を進めやすくなったと思います。セルフトートをとるつもりなのであれば、授業が始まる少し前から指導をお願いして、お互い実力を把握しておく時間をとるといいと思います。 IBに関していうのであれば、教科のバランスを考えてとった方がいいと思います。例えその教科が好きであっても、あまりにも負担が大きい教科を取りすぎると大変なので、負担が軽減できるところはした方がいいです。僕の場合、Language AをEnglishではなくJapaneseのセルフトートでとった事で学校の授業一コマを他の教科の予習・復習に当てることができましたし、全体的にバランスが取れた教科選択ができたと思います。

 

最後に、将来の夢をお聞かせください。

僕は車がとても好きなので、これからイギリスの大学に進学してMechanical Engineeringを勉強する予定です。世界中のエンジニアを目指す生徒と一緒に学び、日本に海外のノウハウを伝えることで将来的には車業界に影響を与えられる人になりたいと思っています。

 

 オンライン家庭教師EDUBALでは、IBで高得点を取得した帰国子女の教師によるIBのサポートを行っています。「IBコース」の詳細についてはこちらをご覧ください。

 

EDUBALに関するお問い合わせ

EDUBALでは、海外在住の生徒様ならではのお悩みと真摯に向き合い、指導させていただきます。
まずは お問い合わせ からご依頼、ご相談ください。

電話でのお問い合わせ

電話受付 平日10:00~21:00 (日本時間)

メールでのお問い合わせ
立命館大学グローバル教養学部説明会 エデュバル無料メルマガの魅力

> もっと見る

短期集中