お電話でのお問い合わせ

EDUBALでは、海外在住の生徒様ならではのお悩みと真摯に向き合い、指導させていただきます。

03-6756-8620

電話受付 平日10:00~19:00 (日本時間)

閉じる

EDUBALでは、海外在住の生徒様ならではのお悩みと真摯に向き合い、指導させていただきます。

03-6756-8620
電話受付 平日10:00~19:00 (日本時間)

2022仙台育英SPバナー

教師紹介

教師インタビュー:吉田 先生

  • 教師氏名

    吉田 先生

  • 所属大学 / 学部

    北海道大学 工学部

  • 滞在国 / 滞在歴

    ペルー/リマ/3歳~7歳/インターナショナルスクール
    アメリカ/ヒューストン/11歳~16歳/現地校

  • 指導可能科目

    小学生:英語,算数
    中学生:英語,Essay,英語の面接
    高校生:英語,Essay,英語の面接
    IB:
    【HL】English B
    【SL】Japanese A L&L, Chemistry

  • 特記事項

    972123(教師問い合わせ番号)

担当可能なコース

  • IBコース / 
  • 帰国子女高校受験コース / 
  • TOEFLコース / 
  • 通常コース / 

海外での経験

 中学生の時スティーブ・ジョブスのiPhone発表のスピーチに憧れ、彼のように人前で堂々とスピーチができるようになりたいという思いから私は渡米して二年目、英語力がまだ十分とは言えない段階で弁論部に入るという挑戦をした。 一対一の弁論では、相手の意見を一瞬で聞き取り要点を理解し、即座に自分の意見をまとめて論理的に反論するという作業を英語で、しかも一人で行うことは困難を極めた。しかし、毎日先輩との討論の練習を繰り返し、相手の意見に対し反論を見出す際の注目すべき切り口をあらかじめ考えて決めておくという工夫を続けた結果、短時間で論理的な反論が思いつくようになり、徐々に討論に勝利するようになった。 このように、相手がどの切り口から反論を見出しているかを意識して討論をすれば、相手から勝利方法を学ぶことが出来ることに気づいた。何事もある点に注目しながら取り組み、傾向を把握したうえで自分なりの対策をうち、努力を続けることが難しい困難を克服する上で重要であると実感した。

指導への意気込み

私は成績がクラスで一番悪かったことが何回もあります。日々の努力がここまで実らないことは今まで一度もなく、クラスで一番下になったことも人生で初めてだったため、本当に悔しい思いをしました。それでも諦めず、自分なりの科目ごとの勉強方法・対策を見出した結果、IB最終試験のスコアが26点から39点に上がりました。コースや科目関係無く、成績が伸び悩んでいて同じ苦しい思いをしている方たちの助けになりたいです。

この教師のおすすめポイント

明るく、真面目な教師です。苦手な科目を克服するために努力を重ねてきた経験があり、その経験を生かして生徒様が躓いているポイントを一つ一つ丁寧に指導していきます。