立命館アジア太平洋大学(APU)の帰国子女枠受験対策

★帰国子女枠受験のポイント!
1.情報力  帰国子女枠の受験情報は少ない為、情報を持っていればいるだけ優位に立てます。
2.経験  事前に学校独自の入試対策をする事や、帰国子女枠を受けた人から指導を受ける事が有効です。
3.学力  多種多様の試験内容であるため、普段の学習時から苦手を潰しておく事が非常に大切です。
この3点をクリアする為には、実際に帰国子女教師に学習のサポートを行ってもらうことが得策です。当サービスには帰国子女枠受験で大学を受験し合格した経験のある教師が多数在籍しており、海外・日本に滞在する帰国子女の学習サポートを行っています。お困りの事がございましたら、お気軽にご相談・お問い合わせください。


立命館アジア太平洋大学(APU)帰国子女枠受験対策
(書類選考(成績、IB、自己アピール等)・小論文・面接など)

立命館アジア太平洋大学帰国子女枠の受験内容は下記のようになります。学科によって出願書類や試験の内容が変わるので、一例を示します。事前に内容を理解して勉強をすることが合格への近道となります。しっかりと内容を理解し対策しましょう。

書類選考対策(一次)

高校の成績や、IB・アビトゥア・GCEA資格のスコアは高ければ高いほど有利でしょう。これらの成績は勉強の積み重ねによってこそのびるものです。出願の前に満足のいく成績がとれるよう、日々コツコツと対策をしましょう。また、大学所定の様式で志望理由書とショートエッセイ、そして2ページの活動実績報告書を作成する必要があります。APUは海外での活動実績を非常に重視するので海外に滞在している間に課外活動なども積極的に参加しましょう。

英語基準での受験を志願した場合、出願書類の一部を英語で制作したり、言語能力証明書として基準を満たしたTOEFL等のスコアレポートを提出する義務があります。英語基準での受験をお考えの方は英語統一試験の対策も行いましょう。

面接対策

書類審査を通過した者に対して約30分ほどの個人面接がお壊れます。海外在住者に対してはオンラインで面接が行われ、主に出願書類に基づいた質疑応答が行われます。面接前に自分の活動実績報告書などを振り返ってそれについての質疑に答えられるようにしておきましょう。さらに、入学後の勉学や活動への意欲がしっかり伝わるようにこれらについてあらかじめ考えておきましょう。

帰国子女枠(特別選考)って難しい?
帰国子女枠(特別選考)受験は、きちんと対策を行えば難しい試験ではありません。国内の一般生とは全く異なる教育を受けてきた帰国子女の「キラリと光る何か」を探し、それを評価する受験であると言えるでしょう。つまり、学生1人1人が海外生活で養ってきた言語力や学力に加え、その他個性的なスキル、考え方、価値観といったものが重視されます。オンライン家庭教師EDUBALには、立命館アジア太平洋大学の帰国子女枠受験経験者や、SATIBTOEFLなどの高得点所持者が多数在籍しています。そのため、帰国子女特有の悩みを理解し、学習面のサポートを1対1で行うことで、志望校への合格に繋げることができます。「インターネットを使ってIBのサポートを受けたい」「〇〇学校の帰国子女枠対策をしてほしい」「こんなことできますか?」など、お気軽にお問い合わせください。


立命館アジア太平洋大学(APU)帰国子女枠の受験要件

[例:帰国生徒入試B(海外在住)]

出願時に日本国外に在住し、日本国籍を有する者(日本に永住権を持つ者を含む*)であって次の1に該当する者。また、英語基準出願者は1に加えて2に該当する者。

* 日本に永住権を持つ者とは、出入国管理及び難民認定法による「永住者」の在留資格を持つ者もしくは日本国との平和条約に基づき日本の国籍を離脱した者等の出入国管理に関する特例法による「特別永住者」

1.次の①~⑤のいずれかに該当する者。
① 高等学校(中等教育学校の後期課程を含む)を2016年4月1日から2019年3月31日までに卒業(修了)または卒業(修了)見込みの者。

② 通常の課程による12年の学校教育を2016年4月1日から2019年3月31日までに修了または修了見込みの者。

③ 国際バカロレア資格、バカロレア資格、アビトゥア資格、GCEAレベル資格を2016年4月1日から2019年3月31日までに取得または取得見込みの者で、2019年3月31日までに18歳に達する者。

④ 国際的な評価団体(WASC、CIS、ACSI)の認定を受けた教育施設の12年の課程を2016年4月1日から2019年3月31日までに修了または修了見込みの者で、2019年3月31日までに18歳に達する者。

⑤ 学校教育法施行規則第150条の規定により、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められる者で、2016年4月1日から2019年3月31日までにこれに該当または該当見込みの者。

[英語基準出願者のみ]
2.英語能力に関して、下記①~③のいずれかに該当する者。
① TOEFL iBT® Test 61点相当以上のスコアを持つ者。
※ 本学が「TOEFL iBT® Test 61点」に相当すると認めているスコア ・ 資格は以下の通りです。
TOEIC® L&R TEST 700点、TOEIC® L&R/S&W TESTSの合計 975点、IELTS(Academic Module)5.5、英検®(CBTを含む)準1級、TEAP(4技能)297点、TEAP(2技能)144点、GTEC-CBT 1164点、GTEC(4技能)1260点、GTEC for STUDENTS(3技能)780点、ケンブリッジ英検 153点
※ TOEFL ITP® Test、IELTS(General Training Module)、TOEIC® L&R TEST(IP)は、出願資格を満たす試験として認められません。
※ 英語能力に関する試験結果は、証明書に記載された受験日が、2016年4月1日以降のものを有効とします。
② International Baccalaureate (IB)のディプロマを英語で取得もしくは取得見込みの者。

③ 日本の中学・高等学校の課程に相当する期間に受けた教育の原則全科目(言語教育科目を除く)を英語で受講した者や英語を母語とする者など十分な英語力を有していると本学が認めた者。

立命館アジア太平洋大学(APU)の学校情報

立命館アジア太平洋大学帰国子女枠■学校名 立命館アジア太平洋大学(通称 APU)
■住所 大分県別府市十文字原1-1
■区分 私立・共学
■偏差値 河合塾:50.0~55.0
■帰国子女枠実施学部・募集人数
[帰国生徒入試B (海外在住)] アジア太平洋学部(10名)、国際経営学部(5名)

立命館アジア太平洋大学(APU)の特徴・校風

立命館アジア太平洋大学(APU)は 「自由・平和・ヒューマニティ」 「国際相互理解」 「アジア太平洋の未来創造」を基本理念として2000年に開学した新しい大学です。APUは世界市民の育成を目的としてこれまでに無い全く新しい多文化・多言語環境を築いてきました。これまでに世界147を超える国・地域から集った学生たちが、国や文化、宗教、政治、価値観等の違いを乗り越え、共に暮らし、 世界が直面する複雑な課題の解決を目指し学んでいます。APUの講義の90%は日英両言語で開講されているのに加え、在籍している学生の半数が留学生であることからもわかるように、非常に国際色の強い大学です。

学部

アジア太平洋学部、国際経営学部

EDUBALとは、帰国子女の方に向けてオンラインで学習サポートを行うサービスです。

1.教師は全員【帰国子女】×【難関大生】

自身が帰国子女だからこそ、同じ境遇の生徒様の気持ちを理解して指導することができます。また、歳の近い難関大生が指導を行うので、憧れのお兄さん、お姉さんのような存在として、生徒様に寄り添った指導を行うことができます。

2.全世界どこからでも指導を受けることが可能

オンラインで指導を行うため、世界中どこでも、自宅から指導を受けることができます。

3.帰国子女枠受験対策から学習サポート、統一試験まで幅広く対応

殆どの教師が帰国受験を経験しているので、自身の経験に基づいた指導を行うことが可能です。統一試験(IB、SATなど)では満点をとった教師も在籍しており、多くの指導を行っています。

EDUBALに関するお問い合わせ

EDUBALでは、海外在住の生徒様ならではのお悩みと真摯に向き合い、指導させていただきます。
まずは お問い合わせ からご依頼、ご相談ください。

電話でのお問い合わせ

電話受付 平日10:00~21:00 (日本時間)

メールでのお問い合わせ
エデュバル無料メルマガの魅力

> もっと見る

短期集中