生徒、保護者のためのグローバル教育情報 by EDUBAL

グローバル教育情報では、海外子女向けの最新情報・お役立ち情報を発信しています。

2016.07.15

SATを受験する前に知っておきたいこと3選!

日本の大学を帰国子女枠で受験をしたい場合、あるいはアメリカの大学に進学したい場合に提出しなければならないことが多い書類、それがSATのスコアです。SATやTOEFLなどの統一試験のスコアは一次試験の書類選考段階で重視されるので、早めに対策をしておくことが大切です。しかし、SATは1年に7回しか実施されないということもあり、実は受験するタイミングを決めることが難しいのです。今回はSATに挑む前に知っておくべきことを3点にまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください!

辞書SAT

① SATの受験日程を把握しておく

アメリカ以外の国では、SATの試験が実施される回数が少ない場合があります。「次の回で受験すれば良い」と思ってしまうことは危険です。住んでいる地域ではいつ実施されているかを前もって把握しておくことで計画的に受験することができます。受験できる日を決めておけば目標を立てることができ、効果的な対策もとれるようになります。

② SATの申込みが開始しされたらすぐに申込む

どこの国でもSATが実施されている試験会場は限られています。現地のインターナショナルスクールなどで実施されることが多いようですが、席が埋まるのは早いそうです。できれば自宅の近くで受験させてあげたい、とお考えの方は特に、申込み期間が開始したらすぐに席を確保することが大切です。

③SAT Subject Testsの申込み方法に注意する

SAT Reasoning Testの他にSAT Subject Tests (科目別試験)を受験される場合は注意が必要です。二つの試験を同じ日に受験することはできません。しかし、科目別試験は一日に3教科まで受験可能です。科目によっては試験が実施されない回もあるので、SATの公式サイトを確認の上、お申込みください。

今後もSATを受ける際に役立つコツやアドバイスを、経験をもとにご紹介します!ぜひチェックしてください!

SATで高得点を取りたい!苦手なセクションを克服したい!という方に向けて、EDUBALではSAT経験のある教師によるサポートを行っています。SAT対策をご希望の方は、SAT対策コースページをご覧ください。

この記事のカテゴリー・タグ

>> グローバル教育情報トップに戻る