生徒、保護者のためのグローバル教育情報 by EDUBAL

グローバル教育情報では、海外子女向けの最新情報・お役立ち情報を発信しています。

エデュバル無料メルマガの魅力

2021.11.23

アメリカの大学進学でSATが任意提出/オプションに?提出の目安スコア/点数は?

アメリカ

【SAT Reasoning Testとは】
アメリカの高校生レベルの学力をはかる試験

・Mathセクション(Calculatorパート+Non-Calculatorパート)
・Readingセクション(Critical Readingパート+Writing and Languageパート)
各セクション800点満点、合計1600点満点

 

SATとは、アメリカのCollege Boardという教育機関が運営している大学受験のための統一試験です。以前はアメリカの大学に出願するには必須でしたが、2020年以降SATを任意提出や不要とする大学が増えてきています。

そこで今回は、アメリカの大学進学におけるSATの位置づけについてご説明します。また、任意で提出するにあたって、各大学が発表している合格者のSATスコア分布を元に、目安スコアを1000点程度、1200~1300点、1400~1500点に分けて、それぞれのレベル感についてもご説明します。アメリカの大学進学を視野に入れている!という方は必読です。

 

SATの試験について詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

 

エデュバル無料メルマガの魅力エデュバル無料メルマガの魅力

目次

  1. アメリカの大学受験におけるSATの位置づけ
  2. SATスコア1000点が目安のアメリカの大学
  3. SATスコア1200〜1300点が目安のアメリカの大学
  4. SATスコア1400点以上が目安のアメリカの大学
  5. アメリカの大学進学のためにSATやAP対策をしたい方へ

アメリカの大学受験におけるSATの位置づけ

アメリカの大学進学でSATは任意提出に

コロナ感染症拡大以前は、学力審査の指標の一つとなるためスコアの提出はほぼすべての大学で必須でした。しかし、2020年はコロナの影響で試験の中止が相次いだことや、コロナ以前から議論されていた経済格差への配慮といった理由から、2020-2021年度入試以降多くの大学が提出不要や任意提出へとシフトしていきました。

SATを任意提出としている大学では「提出の義務はないが、提出をすれば書類審査の一環として評価に加える」としています。つまり、一定以上のスコアを持っていれば提出したほうが有利になるということです。しかし、提出をしなくても不利になることはありませんので、他の提出物と兼ね合わせて準備をしましょう。

 

SATの代わりにAP等の成績やエッセイが重視されるように

アメリカの大学進学に必要なものは
①高校の成績
②パーソナルステートメント(自己PRのエッセイ)
③推薦状(競争率の高い大学の場合)
④TOEFL スコア(留学生の場合)
の4つが代表的です。もともとSATスコアのみで合否が決まるわけではありませんでしたが、SATが任意提出になった今、①や②がかなり重要となってきます。特に①では、APなどのハイレベルなコースでの良い成績が重要視されているそうです。ご自身の大学で学びたい方向などを考え、授業を選択すると良いでしょう。

また、②のエッセイでは、これまでの取り組み(特に課外活動)が重要となります。学校の成績をとることももちろんですが、何かの活動に参加することも大切です。

 

ここからは、任意提出のSATでどれくらいの点数でどのレベルの大学が目指せるのかを3段階に分けてご紹介します。

SATスコア1000点が目安のアメリカの大学

SATスコア1000点が合格基準の大学は、田舎や郊外にある1万人以下と、アメリカの中では比較的小規模な大学が多いです。このような大学は留学生数も限られ、ほとんどが現地の学生で構成されています。また、これらの中には宗教組織が母体となっている大学の割合も非常に多いです。このような落ち着いたアットホームな大学を目指す方は1000点を目安にしましょう。

具体的にはバージニア州にあるブルーフィールドカレッジ、ウェストバージニア州にあるデービスアンドエルキンス大学やペンシルバニア州のニューマン大学などがあります。

大学のレベル感としてはいずれの大学も合格率が70%以上となっています。なお、専攻できる内容が限られている学校が多く、例えば受験者の半数近くが1000点以下で合格しているエモリーアンドヘンリーカレッジでは工学部系の授業は提供されていません。SATスコア1000点程度でアメリカの大学の受験を考えているのであれば、自分が勉強をしたい内容が学部としてあるのか必ず確認をしましょう。

 

SATスコア1200〜1300点が目安のアメリカの大学

合格した生徒の半数以上がSATスコア1200~1300点の大学ですと、合格率が50~60%程度とより競争率の高い学校が増えます。また小規模なリベラルアーツ校が多く、これらの大学は留学生率も10%程度の大学が多いので国際性はより高くなっています。

いずれもリベラルアーツ校ですが、具体的にはジョージア州にあるアグネススコットカレッジやイリノイ州のレイクフォレストカレッジ、オハイオ州のオハイオウェズリアン大学などが挙げられます。
これらの大学は日本では知名度が高くないものの、アグネススコットカレッジは南部屈指のレベルの高さを誇る女子大ですし、オハイオウェズリアン大学は留学生への奨学金が全米第3位と、魅力的な大学が多く揃っています。

一方州立でSATスコア1300点程度が合格基準の大学は少ない上、留学生の受け入れもあまり盛んではありません。例えばテキサス州にあるサム・ヒューストン州立大学は大多数がSATスコア1300点以下で合格していますが、留学生率は1%と地元の生徒が大多数となっています。

 

SATスコア1400点以上が目安のアメリカの大学

アイビーリーグ含め世界的に名の知れた名門大学はいずれも「SATで○点以上あれば安心」という境界線はありません。むしろこれらの大学はSATのスコア以外にパーソナルステートメントや、高校時代の課外活動などを重視する傾向にあります。とはいえ、アイビーリーグの大学に合格した生徒達のSATスコアの平均は1400〜1500点ですので、非常に高い学力レベルが前提とされていることはいうまでもありません。

例えば世界レベルの大会(数学・物理・生物オリンピック、スポーツの試合など)に出場し優秀な成績を収めた、などといったずば抜けた経歴を持っているのでなければ、1400点以下のスコアで合格は極めて厳しいでしょう。加えて、SATが任意提出になったことから、提出する人はかなりのハイスコアを持っていることが予測されます。世界的に有名な名門大学への進学を狙っているのであれば、満点に近い点数を目指して対策をとっていく必要があります。

【あわせて読みたい】
アメリカのIvy League(アイビーリーグ)校に進学したい!大学が求めるSATのスコア・提出物を紹介!

 

アメリカの大学進学のためにSATやAP対策をしたい方へ

アメリカの大学受験における必要なSATの立ち位置やスコアの目安をご紹介してきましたが、いかがでしたか?人気校ではSATが任意提出になったことで出願者が増え倍率が上がっている学校もありますので、しっかりと準備して受験にのぞみましょう。

 

アメリカの大学進学対策はオンライン家庭教師EDUBALにお任せください!

EDUBALは、国内外の難関大学に通う帰国子女の大学生教師と、家庭教師を探している帰国子女の生徒様をつなぐオンライン家庭教師サービスです。SATで高得点を取得した教師も多数在籍しております。また、オンラインビデオ通話を通じた指導ですので、世界中どこでも、いつでもご自宅で受講が可能です。
「海外大学進学に向けてSATやAP対策をしたい!」
「SAT対策とあわせてTOEFL対策もしたい!」

といった様々なニーズに対応しております。

EDUBALではSAT対策として2つのコースをご用意しております。

1.SAT対策コース
実際にSATを取得した教師が自身の経験に基づいて、生徒様一人一人に合った指導を行います。SAT Reasoning TestからSubject Testまで幅広いニーズに対応しております。「自分の持っているテキストを使用したい」「Math以外の科目の対策をしたい」「受験日まで時間に余裕がある」という方におすすめです。

2.SAT Math短期集中コース
オリジナルテキストを用いて、SAT Reasoning TestのMathに特化した指導を行います。
「初めてSATを受験する」「Mathで600~700点を目指している」「3ヶ月以内に点数を上げたい」「Mathに特化した勉強をしたい」という方におすすめです。

生徒様にあったコースをご提案させていただきますので、ぜひお気軽にお問い合わせください!

また、EDUBALでは当社オリジナルのSAT基礎力判定テストもご用意しております。まずはご自身の現状を把握するのが第一歩ですので、「自分のレベルがわからない」という方はこちらもご活用ください!

SAT短期コースバナー

【SAT mathで600~700点を目指す方へ!】
EDUBALのSAT math短期集中コースは、オリジナルテキストを用いて豊富な演習量を確保。チェックテストで理解度を確認しながら進められます。

 詳しく見る

 

この記事のカテゴリー・タグ

>> グローバル教育情報トップに戻る

EDUBALへの声

下記では、今までEDUBALで指導を受講された生徒様、保護者様から寄せられた声を掲載しています。
EDUBALで家庭教師をつけるかどうか迷われている方は、ぜひ参考にご覧ください。

  • 今まで指導していただいた中で、一番積極的に指導していただきました。勉強をするモチベーションを上げてくださって、結果、自分の目標を達成することができました。

    SATコース

    高1~3

    アメリカ

  • 現地校のテスト対策の為にいろいろと難しいリクエストを致しましたが,息子の為に熱心にご指導いただき、本当にありがとうございました。先生からご紹介いただきました、沢山の本のリスト感謝しております。今後も息子の読書リストになると思います。そして,沢山のご相談も聞いていただき私たち家族も先生のお言葉で大変救われました。これからも沢山の帰国子女の生徒の皆様を助けてあげてください。短い期間でしたが、本当にありがとうございます。またご縁がありましたら是非宜しくお願い致します。

    SATコース

    中1~3

    アメリカ

  • とても丁寧に教えてくれるので良かったです。分からないジャンルの問題をネットで調べて一緒に解いたりして下さりました。分かりやすく紙に書いて指導してくれたりするので助かりました。

    SATコース

    高1~3

    埼玉県

  • 目標を定めて計画的に指導を進めて下さり、生徒の状況も把握しながら丁寧に指導してくださいました。機会があればまた是非お願いしたいです。

    SATコース

    高1~3

    神奈川県

  • 今まで本当にありがとうございました。不安で苦手だったユニットも、自信が持てるようになりました。IAについての指導もすごく参考になり、本当に助かりました。ありがとうございました。

    IBコース

    高1~3

    静岡県