早稲田大学帰国枠受験対策

早稲田大学の帰国子女枠受験対策

EDUBALに在籍する帰国子女教師の中で、早稲田大学の帰国子女枠を受験した経験のある教師から生の情報を収集しました。このページでは面接でどんなことを聞かれたのか、小論文の問題はどのような内容だったのかといったことについてまとめていますので、帰国子女受験の対策にお役立て下さい。なお、帰国子女受験は情報戦で、適切な情報を集めることがとても大切です。当サービスは、そのように帰国子女受験のためのノウハウやアドバイスを知りたい方に向けたオンライン指導を提供しています。教師は全員帰国子女であり、かつ東京大学、早稲田大学、慶應大学上智大学などの現役難関大生です。海外にいる方はもちろんのこと、帰国子女の方に向けて教師自身も帰国子女だからこそできる良質な指導を提供いたします。

 

早稲田大学の入試(面接、筆記試験、小論文)について

面接対策をするには?

面接で聞かれたこと

【文系(学部不明)】出願理由や近い未来と遠い未来の未来予想図について

【理系(学部不明)】志望理由、試験の出来、プログラミングの不出来について

【創造理工学部 建築学科】志望理由、好きな建築家、建築関係の質問、学科試験のこと

【政治経済学部(AO入試)】志望動機、何に高校時代取り組んできたか、人権の意味

【人間科学(一次選考合格者のみ)】志望理由、心理学を人間科学部で学びたい理由、入りたいサークルについて

 

面接を受けた印象

【学部不明】早稲田は英語が重視されていると感じた。慶應大学の入試が統一試験の結果重視であるのに対し、早稲田大学の帰国枠入試は当日の試験の出来が重要。

志望理由書に関しても、きちんと大学の授業などを調べて緻密に書くと良いと思った。

【創造理工学部 建築学科】学科試験のことを聞かれるので、わからなかった問題などは解き直し、面接で何を聞かれても解けるようにしておいた方が良いと思います。興味がある分野のことは詳しく語れるくらいの準備をしておいた方が良いです。

【政治経済学部(AO入試)】淡々と自分のそのままの姿を伝えればいいと思う。人権などふわっとした単語を使うときは自分の経験や学びと結びついて自分なりの意義付けをできているとおそらく評価がいいと思う。

 

早稲田大学の帰国枠入試では、一部の学部のみ面接の試験があります。面接を受けるにあたり、自分の志望する学部ではどのようなことを勉強したいのか、なぜその学部に入りたいのかなど、しっかりとした志望理由を考え、話せるようにしておくと良いでしょう。

筆記試験の対策をするには?

筆記試験

【法学部、文学部、文化構想学部、教育学部(一部)、社会科学部】国語、外国語外部試験(TOEFL iBT等)、小論文

【商学部】TOEFL、小論文、数学(文系)

【教育学部(理学科、数学科)、創造理工学部、先進理工学部、人間科学部、スポーツ科学部】

外国語外部試験(TOEFL iBT等)、数学(理系)、アルファ(物理化学、物理生物、生物化学、空間表現など)

 

早稲田大学の入試では、多くの学部が共通の筆記試験を課しています。そのため、一回の試験で志望している複数の学部の合否が決まってしまいます。形式は毎年あまり変わらないので、過去問を繰り返し解くことが対策となってくるでしょう。

小論文対策をするには?

小論文 過去に出題されたテーマ

【2018年度 共通】 「日本人はなぜ存在するか」

【2017年度 共通】 少子化

【2016年度 共通】 大衆社会論

 

小論文の出題形式

【教育学部(一部)】 小論文の代わりに数学(文系)を受けることも可能であり、希望者は両方受けることも可能。最終的に小論文・数学の点数の良い方を試験の成績として扱う。

 

早稲田大学の入試では、小論文も多くの学部が共通の試験を課しています。ただ一部の学部では問題が異なるので、自分が受験をする学部の過去問を見て傾向をつかみ、出題テーマ別に自分なりの解答を用意しておくと良いでしょう。

 

統一試験(IB, SAT, TOEFL)対策

早稲田大学の帰国子女枠合格者の統一試験点数

EDUBALに在籍している早稲田大学の帰国子女枠合格者に統一試験の点数をインタビューしました。
以下がEDUBALに在籍している早稲田大学の帰国子女枠合格者の中での最低点ですので、合格基準として参考にしてください。

 

【法学部】TOEFL iBT 80点、TOEIC 770

【教養学部】TOEFL iBT 100点、IB 39点

【政治経済学部(EDESSA)】TOEFL iBT 116点、実用英語技能検定1級

【創造理工学部 建築学科】toefl ibt 85点

【政治経済学部(AO入試)】TOEFL iBT 114点

【政治経済学部(AO入試)】 IELTS overall 7点、新SAT 1250点、英検準一級

【International program of science and engineering】TOEFL iBT 100点、IB 41点

 

早稲田大学の帰国枠受験は統一試験の点数よりも当日の試験の方が重視されますが、統一試験で高い点数を取っておくに越したことはありません。他の大学の受験対策も兼ねて、より高い点数を取っておきましょう。

 

帰国子女枠(特別選考)って難しい?

帰国子女枠(特別選考)受験は、きちんと対策を行えば難しい試験ではありません。国内の一般生とは全く異なる教育を受けてきた帰国子女の「キラリと光る何か」を探し、それを評価する受験であると言えるでしょう。つまり、学生1人1人が海外生活で養ってきた言語力や学力に加え、その他個性的なスキル、考え方、価値観といったものが重視されます。オンライン家庭教師EDUBALには、早稲田大学の帰国子女枠受験経験者や、SATIBTOEFLなどの高得点所持者が多数在籍しています。そのため、帰国子女特有の悩みを理解し、学習面のサポートを1対1で行うことで、志望校への合格に繋げることができます。「インターネットを使ってIBのサポートを受けたい」「〇〇学校の帰国子女枠対策をしてほしい」「こんなことできますか?」など、お気軽にお問い合わせください。

 

早稲田大学帰国子女枠の受験条件

各学部により受験の条件が異なりますが、全学部共通の受験可能条件は以下の通りです。

①日本国外に所在する外国の中等教育機関に最終年を含め2年以上継続して在籍し、外国の中等教育機関を卒業もしくは卒業見込みの日本人等

志願者は、その国において大学入学資格を有する者であることが望まれます。

その資格とは、SATやGCE、Abiturバカロレアであり、その統一試験の点数が高ければ高いほど受験において有利となります。当会ではバカロレアの対策をバカロレア資格所有者から指導・対策を受ける事が可能です。

 

早稲田大学の概要

■住所 東京都新宿区西早稲田 1-6-1 (早稲田キャンパス)

■URL http://www.waseda.jp/top/

■帰国子女枠募集学部・人数

法、文化構想、文学、教育、商、基幹理工学部、創造理工学部、先進理工学部、社会科学部、人間科学部、スポーツ科学部 若干名

EDUBALに関するお問い合わせ

EDUBALでは、海外在住の生徒様ならではのお悩みと真摯に向き合い、指導させていただきます。
まずは お問い合わせ からご依頼、ご相談ください。

電話でのお問い合わせ

電話受付 平日10:00~21:00 (日本時間)

メールでのお問い合わせ

> もっと見る

短期集中