生徒、保護者のためのグローバル教育情報 by EDUBAL

グローバル教育情報では、海外子女向けの最新情報・お役立ち情報を発信しています。

2016.07.17

IB(国際バカロレア)Criteria(クライテリア)って何?詳しい説明が知りたい!

IB(国際バカロレア)Criteria(クライテリア)って何?

Criteria(クライテリア)とは、IBにおける「評価基準」のことです。IBには、科目ごとに異なるCriteriaが存在します。評価の段階は数字で表され、数字の大きさは評価の高さに比例しています。また科目の中でも、IA(Internal Assessment)やExamによってCriteriaの内容が少しずつ異なります。IBで最終的に高い評価を得るためには、Criteriaに書かれている条件に該当しているかどうかを意識しながら問題に解答したり、勉強を進めることが重要です。

ff6338e941a9dd5e79684677cc4ebdf8_s

IB(国際バカロレア)のCriteria(クライテリア)はどんな内容?

Criteriaでは、0〜7までの数字と、その点数を得るための条件が表で示されています。例えば、問題の解答に完璧に答えることができていたら満点の7点、必要な解答のある1点について言及し忘れていたら5〜6点、というように、明確な基準が決められています。Criteriaの評価となる数字は科目やTopic、問題ごとに異なることもしばしばです。次は、具体的にいつCriteriaを使うのか、についてご説明します。

いつCriteria(クライテリア)を使うの?

Criteria(クライテリア)は、授業内や試験対策など、様々な場面で使うことができます。主にCriteriaが必要になるのは、次の3つの場面です。

①Internal Assessmentを書く時
②Final Assessment(最終試験)対策をする時
③授業内でEssayなどを書く時

Criteriaには、これらの場面でどのような条件をクリアしなければならないのか、具体的に何を含むと満点が取れるのか、などといったことが詳細に説明されています。Essayを書く際や問題を解く際など、困ったときはCriteriaを参照するようにして、自分に足りないものは何か、これからすべきことは何かを確認し、それに沿った解答やEssayを書くようにしましょう。

IBの対策をご希望の方へ

EDUBALには、IBで高得点を取得した教師が多数在籍しているので、Criteriaの活用方法から高得点取得のコツまで、生徒様に合わせて様々なサポートをいたします。東京大学をはじめとした国内屈指の難関大学に通う50名以上のIB取得経験のある教師が、自身の経験を生かしてオンライン上で生徒様の指導にあたっています。授業はオンラインで行うので、世界中どこにいても指導を受けることができます。また、様々な国や地域でIBを取得した経験があるからこそ、生徒様のお悩みに寄り添った指導やご相談に応じることが可能です。IBを勉強している人特有の課題でもあるTOK(Theory of Knowledge)やEE(Extended Essay)などのご相談も可能です。IBの勉強の仕方や進め方に関して分からないこと、特定の科目で満点を取得した教師に聞きたいことなどございましたら、お気軽にご相談ください!(IB対策をご希望の方は、こちらのコース詳細をご覧ください。)

この記事のカテゴリー・タグ

>> グローバル教育情報トップに戻る