生徒、保護者のためのグローバル教育情報 by EDUBAL

グローバル教育情報では、海外子女向けの最新情報・お役立ち情報を発信しています。

冬期講習バナー IB座談会バナー
エデュバル無料メルマガの魅力

2016.07.17

IB(国際バカロレア)Criteria(クライテリア)って何?詳しい説明が知りたい!

ff6338e941a9dd5e79684677cc4ebdf8_s

IB(国際バカロレア)Criteria(クライテリア)って何?

Criteria(クライテリア)とは、IBにおける「評価基準」のことです。IBには、科目ごとに異なるCriteriaが存在します。評価の段階は数字で表され、数字の大きさは評価の高さに比例しています。また科目の中でも、IA(Internal Assessment)やExamによってCriteriaの内容が少しずつ異なります。IBで最終的に高い評価を得るためには、Criteriaに書かれている条件に該当しているかどうかを意識しながら問題に解答したり、勉強を進めることが重要です。

IB(国際バカロレア)のCriteria(クライテリア)はどんな内容?

Criteriaでは、0〜7までの数字と、その点数を得るための条件が表で示されています。例えば、問題の解答に完璧に答えることができていたら満点の7点、必要な解答のある1点について言及し忘れていたら5〜6点、というように、明確な基準が決められています。Criteriaの評価となる数字は科目やTopic、問題ごとに異なることもしばしばです。次は、具体的にいつCriteriaを使うのか、についてご説明します。

いつCriteria(クライテリア)を使うの?

Criteria(クライテリア)は、授業内や試験対策など、様々な場面で使うことができます。主にCriteriaが必要になるのは、次の3つの場面です。

①Internal Assessmentを書く時
②Final Exam(最終試験)対策をする時
③授業内でEssayなどを書く時

Criteriaには、これらの場面でどのような条件をクリアしなければならないのか、具体的に何を含むと満点が取れるのか、などといったことが詳細に説明されています。Essayを書く際や問題を解く際など、困ったときはCriteriaを参照するようにして、自分に足りないものは何か、これからすべきことは何かを確認し、それに沿った解答やEssayを書くようにしましょう。

IB対策や海外大学進学でお困りの方はEDUBALにご相談ください

EDUBALは難関大学に通う帰国子女や元IB生の大学生教師と、家庭教師を探している現役IB生やPre IB生をつなぐオンライン家庭教師サービスです。

EDUBALでは、インターネットのビデオ通話を通して授業を行うため、世界中どこにいても授業を受けることができます。また、帰国子女大学受験を経験している教師も多く在籍しています。

これまでにも、
・Criteriaを見返しながら、科目対策のサポートをしてほしい!
・苦手科目対策をしたい!

などのお悩みを抱えた生徒さまに、IBを経験した大学生の教師をご紹介し、
オンライン家庭教師の指導によってIBの勉強のサポートをしてきました。

EDUBALには約600名のIB経験者の大学生が教師登録をしています。
実際にIBで高得点を取得した教師が、自らの経験に基づいてIBの勉強をサポートいたします。
東京大学や京都大学をはじめとする国内外の難関大学に通っている教師や、IBで40点以上を取得している教師も多く在籍しています。

実際に、EDUBALを受講した方からは、

「実際にIBを経験した方だったので、的確な指導をしてもらえた上に、日本語で教えていただけたことで今まで分からなかった点が理解できるようになりました。」

「担当の先生も過去に私と同じように英語力に悩んでいた経験があり、同じ悩みを抱えていた先生から指導を受けることができたのでとても参考になりました。」

といった声をいただいています。

現在、無料体験授業も実施しておりますので、IBや国内外の大学進学でお困りの皆さま、まずはEDUBALにご相談ください!

SAT短期コースバナー

【先輩IB生の体験談も掲載!】
国際バカロレアって何?という方のための「IB丸わかりBook」を作成しました。
 IBって何を勉強するの?
 IBを取るべきか迷っている…。
 IBはどこで学べるの?
などの疑問にお答えします。
ダウンロードは無料です!

詳しくはこちら

 

この記事のカテゴリー・タグ

>> グローバル教育情報トップに戻る