生徒、保護者のためのグローバル教育情報 by EDUBAL

グローバル教育情報では、海外子女向けの最新情報・お役立ち情報を発信しています。

2016.07.29

IB(国際バカロレア)Internal Assessmentって何?詳しい説明が知りたい!

IB(国際バカロレア)Internal Assessmentって何?

Internal Assessment(IA)とは、学校内で評価される課題のことで、External Assessmentと対になる単語です。IBを勉強する2年間のうちで、各科目につき最低2回課題が課されます。IBの最終的な評価のうち約20%〜30%を占めています。Internal Assessmentに取り組む時期は学校によって異なりますが、取り組む期間は2週間と定められています。生徒はその2週間の間に課題を出され、自分で議題を設定し、調査を行った上でレポートを作成し、提出しなければなりません。科目によって内容は異なりますが、短期間で作成し提出しなければならないため、Criteriaを丁寧に確認しながら計画的に進めていくことが重要です。

PAK85_notepc20150319202127_TP_V

どんなInternal Assessment(IA)があるの?

Internal Assessment(IA)は、必ずしも上記のようなレポート課題とは限りません。Oral Commentaryやプレゼンテーションなど、科目によって様々な形式がとられています。例えばGroup 1のFirst LanguageではOral Commentary(口頭試験)がIAとして課されます。一方、Group 4のScience系科目では、自ら設定したResearch Questionに基づいて実験を進め、最終的にレポートを書くという課題が課されます。

(より詳細な科目別のIAの内容と対策方法は、科目ページをご覧ください!)

IB(国際バカロレア)Internal Assessmentの対策をご希望の方へ

EDUBALでは、様々な科目でIAを書いた教師が多数在籍しているので、IAに取り組む期間のみの短期指導や、テーマ決めのご相談など、様々なご要望にお応えします!東京大学をはじめとした国内屈指の難関大学に通う50名以上のIB取得経験のある教師が、自身の経験を生かしてオンライン上で生徒様の指導にあたっています。授業はオンラインで行うので、世界中どこにいても指導を受けることができます。また、様々な国や地域でIBを取得した経験があるからこそ、生徒様のお悩みに寄り添った指導やご相談に応じることが可能です。IBを勉強している人特有の課題でもあるTOK(Theory of Knowledge)やEE(Extended Essay)などのご相談も可能です。IBの勉強の仕方や進め方に関して分からないこと、特定の科目で満点を取得した教師に聞きたいことなどございましたら、お気軽にご相談ください!(IB対策をご希望の方は、こちらのコース詳細をご覧ください。)

この記事のカテゴリー・タグ

>> グローバル教育情報トップに戻る