生徒、保護者のためのグローバル教育情報 by EDUBAL

グローバル教育情報では、海外子女向けの最新情報・お役立ち情報を発信しています。

2016.08.17

帰国後の英語力維持、何してる?―帰国子女の大学生に聞いてみた。

日本に帰ったら、せっかく習得した英語が話せなくなるのでは?と心配する海外子女は多いはず。実際、英語を使わないでいると、英語が出てこなくなるというのは多くの帰国子女が語ること。せっかく英語力を身につけたのにそれではもったいないですよね。

そこで今回は、帰国子女の大学生のみなさんに、英語力維持のためにしていることを聞いてみました!

PP_tobitatuhikouki

英語力維持のためにしていること

【一橋大学 A.A.さん】

英語を使うバイトをしている。具体的には、英会話の先生とか、国際バカロレアを教える家庭教師とか。

【東京大学 K.T.さん】

大学でネイティブの教授が教えている英語の授業を積極的に取っている。あと、海外ドラマを見ています。

【東京大学 A.K.さん】

海外の友達とスカイプなどで連絡を取り続けている。また、国際交流サークルを通して大学の留学生交流している。

【早稲田大学 N.O.さん】

帰国子女の英語維持のための英会話スクールに入っている。

他にも、英語系のサークルに入っている、TOEIC等、英語資格の勉強をしている、通訳や接客などで英語を使うバイトをしている、留学生たちと一緒に英語で受ける授業を取っている、などの声が多くありました。


いかがでしたか?大学生であれば、大学の授業やバイト、サークル等でも英語に触れる機会が見つけやすいようですね。上記のことを参考にして、英語力を維持していきましょう!小中高生時の英語力維持に関しては、別に記事を書くので楽しみにしていて下さい!

この記事のカテゴリー・タグ

>> グローバル教育情報トップに戻る