生徒、保護者のためのグローバル教育情報 by EDUBAL

グローバル教育情報では、海外子女向けの最新情報・お役立ち情報を発信しています。

2017.07.17

帰国子女枠での大学受験にSATは必要?

帰国子女枠での大学受験に、SATを使いたい!

「日本の大学を帰国枠で受験したいから、SATを受験しようかな…!」そんな風にお考えの方は多いのではないでしょうか?帰国受験のために、海外にいる間になるべく有利になる資格を取っておきたいですよね。でも、SATって本当に帰国受験に必要なの?受験の時に有利になるの?そんな疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は、「帰国受験でSATは必要なのか?」という疑問を解消するために、帰国受験におけるSAT取得のメリット・デメリットをご紹介していきます!

SAT帰国受験

 

帰国子女枠大学受験に、SATは必要なの?

結論から言うと、帰国受験にSATは「あるに越したことはない」です。なぜなら、SATを取得していると、帰国枠で受験できる大学の選択肢が広がるからです。「まだどの大学を受験するか決めていない…」「行きたい大学が決まった時に、受験資格がない、と困らないように準備しておきたい」といった方は、SATを受験しておいて損はありません。特に、アメリカに住んでいる方やアメリカンスクールに通われている方は周りでSATを受験する人も多く、受験準備や会場などの環境も整っていると思いますので、比較的取得しやすいかと思います。SATは英語力を客観的に証明するための資格なので、所持していることで自信にもつながりますし、帰国受験の対策に集中できるので取っておくと安心でしょう。

 

SATで帰国子女枠受験に有利になる大学って?

とはいえ、必ずしも帰国枠で大学受験をする全ての人にSATが必要かと言われれば、そうではありません。英語力を証明する資格はSATの他にもありますし、受験に全くSATが必要ない大学も存在するからです。では、SATのみで帰国受験ができる、もしくはSATを持っていると有利になるという大学はあるのでしょうか?

SATを使って受験をする帰国子女の多くは、東京大学と慶應義塾大学を受験しています。なぜなら、この2つの大学はSATを所持していることで受験において有利になる可能性が高いからです。まず東京大学は、SATの提出自体は任意ですが、一次選考の段階でSATの点数に足切りが存在するようなので、高得点を取っておくことが非常に重要になってきます。SATを所持していれば必ず合格できるというわけではありませんが、高得点を取っておくことで有利になるということは充分考えられます。

次に慶應義塾大学は、ほとんどの学部をSATのみで受験することが可能です。こちらは前者とは異なり、SATのみで合格できる可能性が非常に高いので、現時点で慶應義塾大学に絶対入学したい!とお考えの方は、SATを受験することは志望校合格への近道になるので、ぜひ今から計画的に勉強して高得点を取っておきたいですね。

各大学のより詳しいSAT事情、帰国受験のためのSAT対策については随時アップしていくので、そちらもチェックしてみてくださいね!

 

帰国子女枠受験のためにSATを取得するメリット・デメリット

最後に、帰国受験のためにSATを取得しようかどうかまだ迷っている…という方に向けて、帰国受験のためにSATを取得するメリット・デメリットをまとめます。

まずメリットとしては、現時点で志望校が決まっており、その大学が「SAT提出を必須としている」もしくは「SAT提出により受験が有利になる」と分かっている場合、今からSATを取得しておくことで安心して受験に臨むことができるという点が挙げられます。また、SATが重要と分かっていれば、SATだけに集中して勉強することができるので、無駄な労力や時間をかけずに効率的に帰国受験のための対策ができるようになります。

一方で、「まだ受験したい大学が決まっていない」という場合、志望校が決まった際にSATが必要ないと分かり、今までの勉強が無駄になってしまう、ということが起きてしまいます。勉強したこと自体は無駄にはなりませんが、SATのみに集中して勉強の時間を割くことは、志望校が決まっていない場合はややリスキーな判断です。また、SATが必要になるかどうかわからない場合、他の試験(TOEFL,IB,英検など)と並行して勉強していくことにもなるので、両立が難しく日々勉強に追われてしまう…というようなことにもなり得ます。

さらに、日本の大学の場合、多くの難関大と言われる大学ではSATよりもTOEFLを重視する傾向にあります。そのため、上記で挙げた大学を受験することが確定している、もしくは受験する可能性があり、その上でSATで高得点が取れる自信のある方にはSAT受験はおすすめですが、そうでない方はメリット・デメリットについて考慮した上でSATを選択されることをおすすめします。

 

SAT・帰国子女枠受験の対策をしたい方へ

いかがでしたか?もっとSATについて知りたいことがあるという方、疑問やお悩みを解消したいという方は、EDUBALのSAT経験者にお気軽にご相談ください!

オンライン家庭教師EDUBALではSAT・帰国受験の対策も行っていますので、SAT受験に向けてサポートしてほしい!帰国前から受験の対策をしてほしい!という方はこちらも併せてご覧ください。

関連記事:
東京大学を帰国子女枠で受験するのにSATは必要?点数の目安は?

慶應義塾大学を帰国子女枠で受験するのにSATは必要?点数の目安は?

早稲田大学を帰国子女枠で受験するのにSATは必要?点数の目安は?

上智大学を帰国子女枠で受験するのにSATは必要?点数の目安は?

この記事のカテゴリー・タグ

>> グローバル教育情報トップに戻る