生徒、保護者のためのグローバル教育情報 by EDUBAL

グローバル教育情報では、海外子女向けの最新情報・お役立ち情報を発信しています。

エデュバル無料メルマガの魅力

2019.03.12

難易度・英語レベル別おすすめのSAT対策参考書5選

プレゼンテーション3

SATの勉強を始めるにあたって、参考書が必要ですよね。しかし、さまざまな参考書があり、どれを選んだらいいのかわからないという方も多いでしょう。今回は初めて受ける人、英語が苦手だけど点数を伸ばしたい人、高得点を狙いたい人に向けて、レベル別におすすめの参考書を紹介していきます。
SATを受けたことがないという方はぜひこちらの「SAT実力判定テスト」を受けて、難易度選択の一つの指標にしてみてください。

  1. 初めて受ける人におすすめのSAT参考書
  2. 英語が苦手だけど点数を伸ばしたい人におすすめのSAT参考書
  3. 高得点を狙いたい人におすすめのSAT参考書

【あわせて読みたい】
帰国子女のSATスコアの目安ってどのくらい?

初めて受ける人におすすめのSAT参考書

SATの勉強をするにあたってまずは持っておきたい参考書がこちらです。

① College Board 「The Official SAT Study Guide」
一番基本的な参考書がこのCollege Boardが出している公式ガイドになります。実際のSAT作者が作っている練習問題が載っているので、一冊持っておくと安心できる参考書です。 また、問題が8回分と一番多いため、本番さながらの練習がたくさんできます。

筆者自身も、①でSATの基礎を抑え、練習問題を解いて勉強していました。まずはこの参考書でSATの特徴を捉え、問題傾向をしっかりと把握しましょう。

英語が苦手だけど点数を伸ばしたい人におすすめのSAT参考書

英語が苦手な方には問題文が比較的易しくて詳しい説明が載っている参考書がおすすめです。

② Princeton Review 「Cracking the SAT Premium」
この参考書はほかの参考書と比べて易しい英語で書かれているため、英語が苦手な方でも読みやすいです。加えて、SATで高得点を取るためのコツも書かれています。

③ Kallis 「SAT Pattern Strategy」
この参考書は文章が②同様比較的易しい上、段階的に解説があるため、非常にわかりやすくなっています。

これらの参考書は、問題数は①より少なめとなっています。しかし、①では難しくてわからない、実際の試験を受けたが英語が難しくてわからなかったという方は、まずはこちらで勉強を始めることをおすすめします。英語が苦手だという方は、いきなり難しいものを選ぶのではなく、易しいものから着実に抑えられるように勉強を進めましょう。

高得点を狙いたい人におすすめのSAT参考書

高得点を目指すには、公式で出している問題集よりもレベルの高い問題が載っている参考書がおすすめです。

④ Kaplan Publishing 「SAT Total Prep」
この参考書は、MathsやReadingといったセクションをさらに細かなポイントごとに分けた問題が載っています。問題数は若干少なめですが、ビデオチュートリアルがついていて、文字で読むだけでなく動画を見て勉強することができます。

⑤ Barron’s Publishing 「Barron’s SAT with Online Tests」
この参考書の最初には、レベル診断テストがついていて、自分の苦手ポイントを確認してから勉強を進めることができます。7回分の練習問題に加えて、タブレットやスマートフォンからもアクセスできる単語帳がついています。

少し高いレベルの問題に慣れておくと、本番での余裕へとつながり、より高得点を狙うことができます。①の参考書の問題を解き終わってしまったという方にはこの二冊をおすすめします

SATの参考書を使った勉強もEDUBALにおまかせください!

レベル別におすすめの参考書を紹介してきましたが、いかがでしたか?
SATは英語がネイティブの人でも苦戦する試験です。焦らず自分のレベルにあった参考書を使って勉強を進めていきましょう。

EDUBALではみなさんと同じようにSATを受験した教師が多数在籍しております。自分の英語力に合わせたSATの勉強サポートが必要という方はこちらをご覧ください。また、これらの参考書を使った指導も行っているので、ぜひお問い合わせください。

 

 

この記事のカテゴリー・タグ

>> グローバル教育情報トップに戻る