生徒、保護者のためのグローバル教育情報 by EDUBAL

グローバル教育情報では、海外子女向けの最新情報・お役立ち情報を発信しています。

2016.08.10

TOEFL ibt Writingセクションでスコアを伸ばす3つのコツ

アカデミックなテーマや、大学内で起こりうるシチュエーションを想定した題材で出題されるTOEFL ibt。今回は、Writingセクションでスコアを伸ばすコツをまとめます!

gori0I9A3118072103559_TP_V

①構成・論理性を意識する!

Writingセクションの2問目、自分の意見を述べる問題では、構成や論理性、話題の展開を意識しましょう。意見は、独創的なものである必要はありません。

②sample answerから学ぶ!

introduction、conclusionの書き方など、sample answerを研究すると、自分でも応用できる言い回しが吸収できるのでおすすめです。また、定期的に添削指導などでフィードバックを受けて、癖になっている文法・単語のミスを減らしていくことも大切です。

③ブラインドタッチをマスターする!

TOEFL ibtのWritingセクションは、キーボードで入力することになります。ブラインドタッチができないと、大きなタイムロスに繋がってしまいます。20分で200単語前後、30分で300単語前後の英文が書けるペースに慣れておきましょう。


いかがでしたか?この3点を実践してWritingセクションに強くなり、TOEFL ibtのスコアアップに繋げましょう!

この記事のカテゴリー・タグ

>> グローバル教育情報トップに戻る