生徒、保護者のためのグローバル教育情報 by EDUBAL

グローバル教育情報では、海外子女向けの最新情報・お役立ち情報を発信しています。

2016.08.17

帰国子女が英検1級に合格するためにすべき対策3つ

インターナショナルスクールに9年生で編入し卒業した後、一発で英検1級に合格した筆者が、帰国子女におすすめの英検対策の勉強法を紹介します。

Photo_16-08-17-16-21-15.315

①単語。とにかく単語。

英検1級では、ネイティブでも日常生活で使わないようなハイレベルな単語がでてきます。それも、純粋な単語の問題がなんと25問も出題されるんです。これは対策必須。英検1級用の単語帳を購入して、全ての英単語から日本語がイメージできるようになるまで根気強く、繰り返し勉強しましょう。おすすめの方法は、英単語をまず見て、読み上げて、そして手で書きながら日本語の意味を声に出してみること。なるべく多くの五感を刺激してみましょう。

②リスニングは慣れることが大事

1級のリスニングは、英語が聞き取れたとしても、情報処理が間に合わないと難しいでしょう。対策としてすべきことは、問題形式に慣れる、ということです。過去問を活用して対策をし、確実に点数を稼げるようにしましょう。

③タイムマネジメント。

過去問を、時間を計って解く練習をしておきましょう。自分に合った時間配分を見つけ、「焦る」要素をできるだけなくすためです。いつも通りのペースで本番でも解けばいい、と落ち着いていられれば、ケアレスミスも減らせるでしょう。


いかがでしたか?いくら英語力に自信があるとしても、上記3点はしっかり対策してから英検受験に臨んで下さい。単語対策には時間がかかるので、早めに対策を始めましょう。英検受験、とりわけ1級の受験は、お金的にも決して安くはありません。目指せ一発合格!

この記事のカテゴリー・タグ

>> グローバル教育情報トップに戻る