生徒、保護者のためのグローバル教育情報 by EDUBAL

グローバル教育情報では、海外子女向けの最新情報・お役立ち情報を発信しています。

短期講習バナー
エデュバル無料メルマガの魅力

2019.08.12

TOEFL Juniorって何?中学生がTOEFLを受けるには?

帰国子女であれば一度は耳にしたことがあるTOEFL。実は中学生・高校生向けに作られたTOEFL Juniorというものがあるということをご存じですか?このTOEFL Juniorは受験で利用したり、TOEFL iBTへのステップとして使われたりしています。今回は、TOEFL JuniorについてTOEFL iBTとの比較や中学生はどちらを受ければいいのかなどについて、詳しく説明していきます。

TOEFL Juniorって?

テスト概要

TOEFL Junior Standardは中高生向けに作られたテストで、リスニングとリーディングの二技能において、日常レベルの英語運用能力をはかる試験です。試験はリスニング・文法/語彙・リーディングの3つのセクションに分かれており、全部で126問を約115分で解きます。内容も、専門的な知識や背景知識を必要としないような、中学・高校の授業や友人との会話を中心に構成されています。文章に書かれたり読まれたりしている直接的に表現されている内容や、比喩や代名詞などの間接的表現の意味することをどれだけ理解できるかが試されます。
また、TOEFL Junior Standard受験者レベルの人を対象としたTOEFL Junior Speakingも実施されています。この試験は、TOEFL Junior Standardでは範囲外のスピーキングのみの試験で、音読・絵の説明・学校での活動についてのリスニングおよびスピーキング・学校の授業についてのリスニングおよびスピーキングの4問出題されます。状況に応じた単語や文法の使い分けとどれだけ相手に伝わるように話せたかが採点の基準となります。

頻度・会場・スコアレポート

TOEFL Junior Standardは、公開テストが年に2回、札幌・仙台・東京・横浜・名古屋・大阪・広島・福岡の8か所で実施されています。申し込みは若年向けTOEFLの運営をしているGC&Tのホームページから行います。公開テストでは、英語のスコアレポートに加えて、日本語のレポートガイドが送付されます。また、この公開テストのほかにも、季節テストと留学希望者テストがあります。どちらも公開テストとテスト内容は同じですが、定員が設けられています。季節テストは東京・大阪での実施で、公開テスト同様、スコアと日本語のガイドが一緒に送付されます。留学希望者テストは、東京では年に6回、大阪では年に3回実施されています。こちらはスコアレポートのみの送付ですが、スコア発送までは薬一週間と受験から非常に短いスパンで受け取ることができます。

TOEFL JuniorとTOEFL iBTの違いって?

形式

TOEFL iBTとは、リーディング・リスニング・スピーキング・ライティングの四技能にわたる試験です。セクションも、この4技能ごとに分けられています。一方で、TOEFL Juniorは基本はリーディングとリスニングの2技能で、希望すればスピーキングも併せて3技能をはかることができます。また、試験時間も大きく異なります。TOEFL iBTは約4時間半の長丁場ですが、TOEFL Junior Standardは約2時間弱、Speakingは約18分と半分程度の時間で終わります。試験内容はもちろん、形式上もレベルがiBTのほうが上がります。

内容

TOEFL iBTは大学レベルの英語を理解し運用できるかをはかる試験です。そのため、日常的な英語運用能力をはかるTOEFL Juniorよりも内容や表現が難しくなります。TOEFL iBTでは大学で英語で授業を受けることを前提としているため、学術的な内容が出題され、専門的知識や背景知識が必要とされる問題が多く出題されます。中には単語や文法を問う問題もありますが、それらも文章の内容から推測する必要があったり、類義語を聞く問題であったりすることがあります。そのため、日常的な内容が出題されるJuniorよりは難しい内容となります。

活用法

TOEFL iBTは主に帰国枠入試や推薦・AO入試といった大学受験で活用することができます。一部私立大学のAO入試ではTOEFL Juniorの利用も可能ですが、ほとんどの場合はiBTの取り扱いです。また、海外への留学や海外大学への進学の際にはスコアの提出を求められることがほとんどです。高校受験では、iBTが利用できる学校とJuniorが利用できる学校の両方があります。中学受験では、ほとんどの場合Juniorのみが利用可能です。

中学生はTOEFL JuniorとiBTどちらを受けるべき?

まず、受験での利用を目的としている方は、志望校の要項を確認してください。高校受験の場合は、東京は洗足学園・郁文館グローバル・潤徳女子・富士見丘・武蔵野大学付属千代田・目白研心高校、大阪は清風南海学園高校で利用することができます。詳しくはこちらをご覧ください。

受験に関してはまだ決めていない、とりあえず英語力をはかってみたいという方はどちらを受験するべきか迷ってしまいますよね。英語にあまり自信がないという方やTOEFL iBTのスコアがすぐに必要ではないという方は、いきなりTOEFL iBTを受験するよりも、まずはTOEFL Juniorを受験してみることをお勧めします。TOEFL Juniorの公開テストは年に2回しか開催されていませんが、1回4320円とTOEFL iBTに比べ安く、気軽に受験することができるます。緊急性を要さない方は、まずはTOEFL Juniorから受験してみましょう。
TOEFL Juniorで高得点を取得できれば、TOEFL iBTでも半分以上の点数は狙えます。英語力に自信があるという方は、TOEFL Juniorのホームページにあるサンプルテストを解いてみて、簡単だったという方はいきなりTOEFL iBTに挑戦してみても良いかもしれません。

TOEFL Junior、iBTのサポートが必要な方へ

ここまでTOEFL Juniorについて中学生向けに紹介してきましたが、いかがでしたか?
世界的に利用されているTOEFLは、帰国子女であれば受験をしておいて損はありません。自分のレベルやニーズに合ったTOEFLを受験して、活用していきましょう。

オンライン家庭教師EDUBALでは、TOEFL対策のサポートを行っています。皆さんと同じように帰国子女でTOEFL高得点を獲得した教師が多数在籍しております。海外や地方にいる方でも受講いただけますので、お気軽にお問い合わせください。また、EDUBALではTOEFLなどの試験対策のほか、受験対策コースもございます。TOEFL対策と並行して高校受験対策もしてほしい!という方も是非お問い合わせください。

 

 

>> グローバル教育情報トップに戻る