海外子女の用語集 No.01

IB (国際バカロレア)

IB(国際バカロレア) とは、国際的に認められている教育課程のことです。
IBには、
初等教育課程(PYP)
前期中等教育課程(MYP)
後期中等教育課程(DP)
という3つの過程があります。

特にIB Diploma(DP)と呼ばれる日本の高等教育にあたる過程は、アメリカの大学受験や日本の大学の帰国受験でその点数が利用されます。日本国内の大学では254校前後(約1/3)がIBを入学資格として認定しています。
また、DPの資格は、世界100ヶ国以上、20,000校以上の大学で入学資格や受験資格として認められます。
現在で、国際バカロレアに認定されている学校は平成26年12月1日現在、世界146ヶ国に3,964校あります。
日本国内では27校あります。

 

DPでは
■ 1 年間の標準(standard) コースからは2~3科目、
■ 2 年間の上級(higher) コースの6つのグループから3~4科目、計6科目の履修が必要です。それぞれについて試験やレポートが課されます。

 

 グループ名  科目例
 1.言語と文学(母国語)  文学、言語と文学など
 2.言語習得(外国語)  初級語学
 3.個人と社会  ビジネス、経済、地理、歴史、哲学、心理学など
 4.実験科学  生物、化学、物理、環境システムなど
 5.数学とコンピューター科学  数学SL、数学HL,コンピューター科学など
 6.芸術  音楽、美術、ダンス、フィルム、演劇など

 

 

その他に
課題論文(Extended Essay,EE)
知識の理論(Theory of Knowledge, TOK )
創造性・活動・奉仕 (Creativity/Action/Service, CAS)が評価の対象となります。

バカロレア資格の取得には、上記の過程をすべて終了し、最終の筆記試験において24/45点以上を取得する必要があります。
 

 

IB対策や海外大学進学でお困りの方はEDUBALにご相談ください

EDUBALは難関大学に通う帰国子女や元IB生の大学生教師と、家庭教師を探している現役IB生やPre IB生をつなぐオンライン家庭教師サービスです。

EDUBALでは、インターネットのビデオ通話を通して授業を行うため、世界中どこにいても授業を受けることができます。また、帰国子女大学受験を経験している教師も多く在籍しています。

これまでにも、
・小論文を書く練習や、出願書類のサポートをしてほしい!
・苦手科目対策をしたい!
・海外大受験・帰国子女受験のサポートしてほしい!

などのお悩みを抱えた生徒さまに、IBを経験した大学生の教師をご紹介し、
オンライン家庭教師の指導によってIBの勉強のサポートをしてきました。

EDUBALには約600名のIB経験者の大学生が教師登録をしています。
実際にIBで高得点を取得した教師が、自らの経験に基づいてIBの勉強をサポートいたします。
東京大学や京都大学をはじめとする国内外の難関大学に通っている教師や、IBで40点以上を取得している教師も多く在籍しています。

実際に、EDUBALを受講した方からは、

「実際にIBを経験した方だったので、的確な指導をしてもらえた上に、日本語で教えていただけたことで今まで分からなかった点が理解できるようになりました。」

「担当の先生も過去に私と同じように英語力に悩んでいた経験があり、同じ悩みを抱えていた先生から指導を受けることができたのでとても参考になりました。」

といった声をいただいています。

現在、無料体験授業も実施しておりますので、IBや国内外の大学進学でお困りの皆さま、まずはEDUBALにご相談ください!

 

EDUBALに関するお問い合わせ

EDUBALでは、海外在住の生徒様ならではのお悩みと真摯に向き合い、指導させていただきます。
まずは お問い合わせ からご依頼、ご相談ください。

電話でのお問い合わせ

電話受付 平日10:00~21:00 (日本時間)

メールでのお問い合わせ