生徒、保護者のためのグローバル教育情報 by EDUBAL

グローバル教育情報では、海外子女向けの最新情報・お役立ち情報を発信しています。

2018.08.20

IBDP(国際バカロレア)生におすすめなカナダの大学5選

IBDP(国際バカロレア)生におすすめする、人気の高いカナダの大学

カナダはIB生の留学先として、アメリカやイギリスほどメジャーではありませんが、例年100カ国以上の国に所属するIB生から5000弱ほどの出願書類を受け付けています。多くのカナダの大学はIB生に対して優遇制度を設けており、優遇内容は大学によって異なりますが、一般的に 大学の単位・奨学金・補習サポート などが含まれます。大学によっては成績の良いIB生を新2年生として迎える場合もあり、いわゆる「飛び級」が実現できることもあります。

このように「IBフレンドリー」な大学が多いカナダですが、今回は例年IB生から出願を特に多く受領し、IB生から高い人気を得ている5つのカナダの大学を、「世界大学ランキングの順位」、「IB優遇度」、「留学生率」などの観点から紹介します。カナダの大学、海外の大学受験を検討しているIB生はぜひご覧ください!

※なお、こちらは2018年8月時点の情報ですので、受験をされる際には必ず事前に大学のHPをご確認ください。※

university-study-group_925x

McGill University (マギル大学)

大学ランキング
★★★★★
IB優遇度
★★★☆☆
留学生率
★★★★★

マギル大学はカナダの国内ランキングにて12年連続で1位を飾る名門校です。本部はケベック州、モントリオールにありますが、大学の授業はケベック州の公用語のフランス語ではなく、英語で行われます。提供コースは300以上を越え幅広い分野をカバーしていますが、入学基準は比較的厳しめに定められています。提出するPredicted Gradesにおいては、HLとSLのすべての科目において5以上の成績を収めることが要求され、また英語力を証明する資料や数学・基礎科学のレベル分けテストを行うことが求められる場合もあります。しかし、優遇制度としてHL科目の成績が5以上だった場合には、最高30単位をも賞与するとのこと。2014年にマギル大学を受験したIB生の平均スコアは36点と比較的高めですが、世界的にも高く評価されている名門校ですので、スコアに自信のある方にオススメです。

Simon Fraser University (サイモンフレーザー大学)

大学ランキング
★☆☆☆☆
IB優遇度
★★★★★
留学生率
★★☆☆☆

サイモンフレーザー大学はブリティッシュコロンビア州に本拠を置く州立の総合大学であり、環境学・ビジネス・犯罪学の名門校として知られています。サイモンフレーザー大学の魅力は何と言ってもIB生に対する優遇制度でしょう。ほとんどの大学ではHL科目のみを対象として単位を賞与することが一般的ですが、この大学ではSL・HL科目において、4以上の成績をおさめた場合に単位が賞与されます。大学の募集要項によると20点台後半のスコアをPredicted Gradeとして持っている生徒はほとんどのコースの出願条件を満たすことができるとのことです。ただし、出願条件には英語力も含まれますので、その点を注意した上で出願を検討してください。

University of British Columbia (ブリティッシュコロンビア大学)

大学ランキング
★★★☆☆
IB優遇度
★★★★☆
留学生率
★★★★★

ブリテッシュコロンビア大学(UBC)はカナダ国内ランキングにおいて常にトップ3以内にランクインする上、入学基準が厳しい名門校として知られています。元々はマギル大学の分校として設立されましたが、今では約5万人が学ぶ西部カナダ最大規模の研究総合大学です。大学全体としてはIBスコアの足切り点数を24点としていますが、実際はコースごとにより高い基準が求められるとのこと。2014年度にUBCを受験したIB生の平均スコアは33点で、足切りの24点を大きく上回っています。
IB生に対する優遇制度ですが、UBCもSL・HL科目療法を対象として、一定の成績以上を収めた場合には単位が賞与されるそうです。

Concordia University (コンコルディア大学)

大学ランキング
★☆☆☆☆
IB優遇度
★★★★★
留学生率
★★★☆☆

コンコルディア大学はケベック州のモントリオールに本部を置く公立大学であり、マギル大学と同じく授業は英語で教えられます。学生数は約4万人であり、カナダでは6番目の規模を誇る大学です。コンコルディア大学の世界ランキング順位はあまり高くありませんが、ジャーナリズムや映像、演劇など芸術分野において世界的に知られており、アジアや中東をはじめとした各国からの留学生が多いことが特徴です。同大学の魅力は、フルディプロマを取得していなくても入学できる点です。HL科目においてIB certificateを持っていると、入学条件を満たす場合もあるので、Certificateを修了する予定のIB生は是非検討してみてください。

University of Toronto (トロント大学)

大学ランキング
★★★★☆
IB優遇度
★★★☆☆
留学生率
★★★★☆

トロント大学はトロントに本部を置く州立大学で、学生の数は8万人超、カナダでは最大の規模を誇る大学です。人数枠が多いため、学部に入学すること自体の難易度は名門校の中では比較的簡単と言われていますが、学業の水準は高く好成績で卒業するのは非常に困難であるとのこと。大学全体の足切り点数は27点と定められていますが、学部やコースによってより高い点数が求められることが多いそうです。また、科目条件に「Maths」とある場合、「Math Studies」は含まれないので出願を検討している方は注意してください。同大学のIB生に対する優遇制度は比較的平均的であり、「5以上の成績をおさめたHL科目を対象に単位を賞与」とされています。

 

カナダの大学に進学したい方へ

以上、IB生におすすめなカナダの大学を5校ご紹介してきましたが、いかがでしたか?

カナダ大学の魅力は、世界ランキング上位の名門校があることももちろんですが、IBのスコアによって授業が免除されたり奨学金のチャンスがあったり、またフルディプロマを取得できていなくとも入学が認められる場合があることも重要な魅力と言えるでしょう。「あまり成績に自信がないが、海外の大学に留学したい!」と思っている方はカナダの大学を検討してみてはいかがでしょうか。

オンライン家庭教師EDUBALでは元IB生やカナダの大学を受験した経験を持つ先輩が300名以上活躍しており、TOEFLやSATといった試験の対策だけでなく、IBの科目選択や海外大学受験へのアドバイスまで幅広くサポートを行っております。「海外大学受験に向けて、高得点を目指して早めにIBの対策をしたい!」「似たような経験をした先輩に指導をお願いしたい!」という方はどうぞお気軽にお問い合わせください。

 


関連記事:
IBDP(国際バカロレア)生におすすめなオーストラリアの大学5選
IBDP(国際バカロレア)生におすすめなイギリスの大学5選
先輩が伝授する!IBDP(国際バカロレア)で海外大学を受験する前にまず知っておくべき4つのポイント。

この記事のカテゴリー・タグ

>> グローバル教育情報トップに戻る