生徒、保護者のためのグローバル教育情報 by EDUBAL

グローバル教育情報では、海外子女向けの最新情報・お役立ち情報を発信しています。

2018.08.28

広島、山口で帰国枠中学受験ができる中学校5選!

「帰国後広島に在住しようと考えているが、帰国枠で受験できる学校はあるのだろうか?」そんな疑問をお持ちの方は必見です。 EDUBAL記事編集者が中国地方で帰国枠がある中学校をPick Upしてご紹介いたします。

*参考(首都圏版帰国中学受験できる中学校ランキング)

publicdomainq-0013512goi

AICJ中学校〜西日本で初めてのIB導入校〜

AICJ中学校高校は、広島県広島市にある中高一貫の共学校です。

IB教育を導入しており、IBDPの取得が可能です。西日本でははじめて日本でIBが導入された学校としても有名です。

また、海外大学進学実績もこの学校の特徴の一つです。 世界大学ランキング8位のインペリアル大学を筆頭に、シンガポール国立大学、ユニバーシティカレッジロンドンなどなど各国の有名大学への進学実績があります。

IBDPを取得したい方、海外大学への進学を考えている方、おすすめの学校です。

 

広島女学院中学校〜対話力・リーダーシップ・平和観〜

広島女学院中学校は広島県広島市にある中高一貫の女子校です。

この学校の特徴の1つはPeace Studiesです。 中学1年生では広島の被曝について被爆者の方から生の声を聞き、学んだことをそれぞれ発表したり、2年生になるとSNSについての議論をしたりと、それらをとして対話力・リーダーシップ・平和観を身につけることができます。

もう1つの特徴は国内外研修で、世界各地への研修プログラムが用意されています。 そのため、海外留学をしたいと考えている人にはおすすめの学校です。

修道中学校〜伝統ある進学校〜

広島県広島市にある中高一貫の男子校です。

この学校は、創立290年の歴史があり、校則がほとんどなく生徒の自由が非常に認められている学校です。学年ごとに生徒たちが主体的に考えて、先生と話し合って校則を決めているそうです。

一方、学習に関しては中1,2の頃に細かい指導をして、学習習慣を身につけさせています。そういう意味ではバランスのとれた学校だといえるでしょう。

また、2019年度からは新しいプログラムとしてFLP(フューチャーリーダーズプログラム)が導入され、2週間英語で様々なプログラムに取り組むことを通してグローバル社会で生き抜く力を養うことができます。

広島大学附属福山中学校〜課題発見や解決力を身につけるグローカルプログラム〜

広島県福山市にある中高一貫の共学校です。

高校はSGH(スーパーグローバルハイスクール)に指定されていて、それに基づいたプログラムが特徴的です。 独自のプログラム「グローカルプログラム」では、研究手法と課題解決、それらの実践を6年間かけて学びます。

例えば、修学旅行で訪れた地域の課題を発見し、その解決策をグループワークで考えるなどと、社会に出てから必要な力を養います。

また、グループワークを通じて合意形成能力を同時に身につけ、グローバル社会で生きる力を身につけることができます。

梅光学院中学校〜海外全員留学プログラムあり〜

山口県下関市にある中高一貫の共学校です。

この学校の特徴は、独自の教育プログラムが充実していることです。 例えばWake-Up全員留学プログラムは、中1と高1入学時にすぐに全員が留学に行きます。

また、英語の授業ではネイティブスピーカーとのマンツーマンオンライン英会話があり、それらのプログラムを通して実践的な英語力を身につけることができます。

さらに、ドラマ・エデュケーションという授業では、演劇や即興の劇遊びなどを通して表現力・コミュニケーション力・社会性を養います。

このように、従来の学校教育だけではないプログラムを通して人間力を高めることができます。

最後に

さて、自分にあった中学校を見つけることはできたでしょうか?この記事がみなさまのお役にたてれば幸いです。

ここまで様々な学校を紹介してきましたが、日本国内には帰国子女を受け入れている学校は上記以外にもたくさんあります。「もっと多くの学校を知りたい!」「各学校の入試対策などが知りたい!」という方、帰国子女枠受験が可能な中学校一覧を是非ご覧ください。帰国枠で中学校受験が可能な学校のリストを表示し、さらに各学校の入試対策や学校情報などもチェックすることができるようになっております。

また、EDUBALでは帰国中学受験のためのオンライン授業サービスを提供しております。帰国受験を経験した教師が多数在籍しているので、質問やお悩みがある方、帰国受験の入試対策をご希望の方、お気軽にご相談ください。

 

 

この記事のカテゴリー・タグ

>> グローバル教育情報トップに戻る