生徒、保護者のためのグローバル教育情報 by EDUBAL

グローバル教育情報では、海外子女向けの最新情報・お役立ち情報を発信しています。

エデュバル無料メルマガの魅力

2016.07.18

漢字ってどうすれば覚えられるの?〜子供が楽しく漢字を覚えられる方法3選!〜

YUKI150321280I9A4443

「漢字覚えたくない!」「漢字やだ!」とお子さんに言われてお困りになったことはありませんか?
インターや現地校に通う子どもにとって、週に1度の補習校の漢字の宿題を終わらせることはなかなか大変なのです。筆者も、漢字を覚えることに苦労した覚えがあります。しかし、漢字は学年が上がれば上がるほど難しくなります。幼い頃からの積み重ねが大切です。いずれ帰国子女枠での受験をお考えの場合はもちろん、それ以外でも、漢字は覚えておくと将来「勉強して本当によかったな」と思えるものです。
今回は、お子さんが楽しく、確実に漢字を覚えられる3つの方法をご紹介したいと思います!

こちらの記事もおすすめです
海外在住の小学生のお子様向け:海外でできる算数・国語の勉強法
保護者様のお悩み解決:子供の日本語力維持のためにできること3選!
帰国後の英語力維持、何してる?―帰国子女の大学生に聞いてみた。

漢字を覚えるための3つの勉強法

①〈ひとつの「絵」として覚える〉

漢字には、英語にはない面白さがあります。お子さんにはそれに気づかせてあげましょう。多くの漢字の由来は、その漢字の意味を表現した絵になっています。絵を描いたり見せてあげることで「楽しいな」と思ってもらえるかもしれません。

②〈漫画でもなんでもいい。漢字に触れさせる〉

漢字は一度覚えても、使っていないと忘れてしまうことが多いです。補習校に図書室があれば利用して、本や漫画を借りて読み続けることが大切です。

③〈目標を立てる〉

漢字検定を受ける、などの目標を立ててあげましょう。筆者は補習校に通っていたことがあるのですが、毎年漢字検定を受験することを勧められていました。そのおかげで、幼いながらも「受かりたい!」という気持ちが湧き、頑張って漢字を覚えていました。目標を達成できなくても、覚えるプロセスはきっと身につくはずです。

 

オンライン家庭教師はEDUBAL

インターや現地校に通いながら日本語の勉強をすることは大変だと思いますが、漢字を覚えてもらうための方法を是非試してみてはいかがでしょうか?

オンライン家庭教師EDUBALでは、海外でインターナショナルスクールや現地校に通っている生徒様などに対して日本語力を維持するためのコースを提供しております。インターナショナルスクールに入学した経験があり、難関大学に進学した実績のある帰国子女家庭教師が指導しますので、生徒様の日本語力維持からインターナショナルスクールでの日常学習対策まで様々なご要望にお応えすることができます。
生徒様と同じインターナショナルスクールに通った経験のある家庭教師も在籍している場合がありますので、体験授業から是非お試しください!

この記事のカテゴリー・タグ

>> グローバル教育情報トップに戻る